スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

コンタクト

コンタクト
 1997年に公開のアメリカ映画。電波天文学者のエリーは、恒星ヴェガ付近から地球に向けて発せられた電波信号をキャッチした。これは、地球外に生命体がいる証拠である。電波を解読してみると、宇宙間移動装置の設計図だった。知的生命体との接触はなるか・・・。

 監督:ロバート・ゼメキス/出演:ジョディ・フォスター、マシュー・マコノヒー、ジョン・ハート 他。


星解説
 地球外生命体の存在を信じていた電波天文学者エリナー"エリー"・アロウェイ博士は、幼い頃からある答えを求めて続けてきた。「なぜ、我々はここにいるのか。我々はいったい何者なのか」。やがて、そんな彼女の願いが本当に天に届いたかのように、そのメッセージは宇宙から送られてきた。科学者として、女性として、人間として、エリーはたった一人でそのメッセージに答える決心をする。

 大宇宙を舞台に、人間の存在について考える、人間のための物語。地球外知的生命体探査、人類と宗教、科学、政治、地球外生命、などをテーマとする壮大なSF大作。NASAの惑星探査計画にも参加した有名な宇宙科学者であり、作家でもある世界的に有名な宇宙科学者カール・セーガンの原作による、地球外の知的生命体との接触(コンタクト)を描く。

コンタクト

 原作者のカール・セーガンは天文学者であり、NASAの発足以来、宇宙計画に関わり、アポロ計画では宇宙飛行士の指導にあたった。ロバート・ゼメキスは原作者セーガンと協力して映画化を進めていたが、カール・セーガンは映画の完成を待たずに96年12月、62歳で亡くなった。

 アメリカ大統領が会見を行うシーンで、当時のクリントン大統領の実際の会見映像をデジタル加工した物を使用し、物議を醸した。手のひらのクローズアップなどいくつかのシーンで円弧状に並んだ光点のパターンが繰り返しあらわれる。これはカール・セーガンのお気に入りの星座で、その形が電波望遠鏡を思わせるかんむり座の星の並びになっている。

コンタクト


星あらすじ
 地球外知的生命体探査プロジェクトの研究者エリナー・アロウェイ“愛称エリー”(ジョディ・フォスター)はアレシボ天文台で探査と研究をしていた。しかし先の見えない地球外知的生命体探査プロジェクトに対し懐疑的な天文学の権威ドラムリン(トム・スケリット)によってエリーのチームは研究費とアレシボの利用権を打ち切られ、研究は中断を余儀なくさせられてしまう。

 エリーは独自の資金源を求め各企業を渡り歩き、ついにハデン(ジョン・ハート)というスポンサーを得ることに成功する。こうしてニューメキシコの超大型干渉電波望遠鏡群を独自の資金で渡りをつけ探査を再開したある日、彼女は遂にヴェガから断続的に発信し続けられる有意な電波信号を受信。チームは色めき立ち、早速その解析を進めるが、メディアを通じてこれが公になったことでドラムリンや政府(NSA)が介入。

コンタクト

 探査は進むが、次第にエリーの思惑とは関係ない方向へと事態が進行していく。政府の宗教顧問パーマー(マシュー・マコノヒー)やカルト宗教家、さらに出資者ハデンまでもがそれぞれの思惑で動き始めたことで、探査の主導権や解析結果の解釈を巡る駆け引きは政治と科学と宗教を巻き込んだ展開を見せ始める。

 ハデンの助言によりエリーはメッセージの解読に成功。メッセージに含まれる設計図をもとにヴェガへの移動装置が建設される。しかし乗組員として選ばれたのは、神の存在について実証主義の立場から否定したエリーではなく、表向きに神の存在を認めたドラムリンであった。しかし動作テストの日、カルト宗教家の自爆テロによりマシーンは破壊され、ドラムリンも死亡する。

失意のエリーのもとに、ハデンから北海道で極秘に建造されていたマシーン2号機の存在が知らされる。乗り込んだエリーを待っていたのは、驚愕の体験と意外な人物との再会だった・・・。



トレーラー


イントロダクション


原題:Contact
公開:1997年
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザース
上映時間:150分


星ひと口コメント
ジョディ・フォスターが出演するすべての作品は、輝きが増します。


星キャスト
ジョディ・フォスター、マシュー・マコノヒー、ジョン・ハート、ジェームズ・ウッズ、トム・スケリット、デヴィッド・モース、ウィリアム・フィクトナー、ロブ・ロウ、アンジェラ・バセット、ジェイク・ビューシイ、ジェナ・マローン、ジェフリー・ブレイク、マクシミリアン・マーティーニ


星スタッフ
監督:ロバート・ゼメキス
製作総指揮:ジョーン・ブラッドショウ、リンダ・オスト
製作:スティーヴ・スターキー、ロバート・ゼメキス
原作:カール・セーガン
原案:カール・サガン、アン・ドルヤン
脚本:マイケル・ゴールデンバーグ、ジェームズ・V・ハート
音楽:アラン・シルヴェストリ
撮影:ドン・バージェス
編集:アーサー・シュミット
美術:エド・バリュー
衣装(デザイン):ジョアンナ・ジョンストン


コンタクト 特別版 [DVD]
コンタクト 特別版 [DVD]
コンタクト [Blu-ray]
コンタクト [Blu-ray]

Contact: Music From The Motion Picture サウンドトラック
Contact: Music From The Motion Picture サウンドトラック

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 SF]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。