スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

プレシディオの男たち

プレシディオの男たち
 1988年に公開のアメリカ映画。サンフランシスコの軍事基地(プレシディオ)で発生した強盗殺人事件に、軍の古参MP(ショーン・コネリー)と彼の元部下であった市警刑事(マーク・ハーモン)が反目しあいながらも捜査を繰り広げていく・・・。

 監督:ピーター・ハイアムズ/出演:ショーン・コネリー、マーク・ハーモン、メグ・ライアン 他。


星解説
 サンフランシスコの米軍基地で起こった殺人事件をめぐる、軍の憲兵隊長と刑事が対立しながらも解決に挑む2人の男の姿を描く。職人的手腕で知られるピーター・ハイアムズ監督ならではの手慣れた語り口のうまさが光る。
 
 ショーン・コネリーとその娘役メグ・ライアンの確執劇や、そのメグ・ライアンとマーク・ハーモンのラブストーリーも、主軸の犯罪劇に違和感なく同居している。実はさりげなくもダイナミックなアクション・シーンも所々に効果的に盛り込まれている。ラストに至っては、いつしか男たちの友情劇へと昇華されていく。

プレシディオの男たち

星あらすじ
 サンフランシスコ市の中央北部にある軍事基地プレシディオ。ある晩、基地内をパトロールしていた女性憲兵隊員が将校クラブに侵入した正体不明の2人組に射殺され、彼らを追ったパトカーも炎上するという事件が起こった。捜査を担当したのは市警察のジェイ・オースティン警部(マーク・ハーモン)。

 現場で彼を持ち受けていたのは憲兵隊長のアラン・コールドウェル中佐(ショーン・コネリー)。かつてオースティンは彼の部下の憲兵隊員であったが、ことあるごとに反目しあっていた。案の定、捜査開始直後から2人の間には一触即発の雰囲気が漂い始める。

 翌朝コールドウェルの家を訪ねたオースティンは、コールドウェルの娘ドナ(メグ・ライアン)と初めて顔を合わせ、たちまち激しい恋に陥るが、2人の愛は当然オースティンとコールドウェルの争いに拍車をかけた。

プレシディオの男たち

 だが事件の真相を追う2人は、少しずつ事実を解明していき、女性隊員を撃った銃は基地内のポール・ローレス中佐(ダナ・グラッドストーン)が所持していることが分かり、オースティンはチャイナタウンで彼を追いつめるが、すんでのところでローレンス中佐は黄色のトランザムでひき殺されてしまう。

 やがて全ては財界の大物アーサー・ピール(マーク・ブラム)が絡んでいることが分かった。彼はローレンス中佐と組んで、フィリピンから大量の宝石を密輸していたのだ。さらに驚くべきことに、この密輸にはコールドウェルの古くからの戦友で親友でもあるロス・マクルア(ジャック・ウォーデン)も関わっていたのだ。

 だがマクルアは今は足を洗っており、ピールらの企みを何とかしてやめさせようと、単身彼らが取り引きしている現場であるブラック・マウンテン社の工場へ向かう。工場を見張っていたオースティンとコールドウェルがただならぬ気配を察知し現場へ突入すると、警報がとどろき、激しい銃撃戦となった。



トレーラー



原題:The Presidio
公開:1988年
製作国:アメリカ
配給:UIP
上映時間:97分


星キャスト
ショーン・コネリー、マーク・ハーモン、メグ・ライアン、ジャック・ウォーデン、マーク・ブラム、ダナ・グラッドストーン、ジャネット・ゴールドスタイン、マーヴィン・J・マッキンタイア、ドン・カルファ、ロバート・レッサー


星スタッフ
監督:ピーター・ハイアムズ
製作:D・コンスタンティン・コンテ
製作総指揮:ジョナサン・A・ジンバート
脚本:ラリー・ファーガソン
撮影:ピーター・ハイアムズ
音楽:ブルース・ブロートン
美術:アルバート・ブレナー
編集:ジェームズ・ミッチェル


プレシディオの男たち [DVD]
プレシディオの男たち [DVD]

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。