スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 夜の大捜査線 》

夜の大捜査線
 1967年に公開のアメリカ映画。アメリカ南部の田舎町で、町の実業家が殺された。警官は一番列車を待っていた黒人を逮捕する。だがその黒人は、フィラデルフィア警察の優秀な殺人課刑事ティッブスだった。警察署長ギレスピーはやむをえず、経験豊かなティッブスに捜査の協力を依頼する・・・。アカデミー賞では作品賞、主演男優賞など5部門で受賞。

 監督:ノーマン・ジュイソン/出演:ロッド・スタイガー、シドニー・ポワチエ、ウォーレン・オーツ 他。


星解説
 人種偏見が根深い南部の町を舞台に、黒人刑事と白人署長が対立しながらも事件を解決していく。2002年米国連邦国会図書館が、アメリカ国立フィルム登記簿に新規登記された作品。アメリカ探偵作家クラブ賞の新人賞を受賞のジョン・ボールが原作。本作品は好評だったため、主人公の黒人刑事ヴァージル・ティップスのキャラクターを活かし『続・夜の大捜査線』(1970)、『夜の大捜査線 霧のストレンジャー』(1971)が製作され、TV映画化もされている。

 冒頭の有名な列車のロングショットは、撮影監督ハスケル・ウェクスラーが、金物屋から網戸の網を買ってきて、カメラに装着し、助手と2人きりで撮影した。人種差別のひどい南部をシドニー・ポワティエは嫌っていたため、ほとんどの撮影はイリノイ州のロケ撮影だった。しかし、広大な綿畑の場面はテネシー州で撮影した。

夜の大捜査線


星あらすじ
 ミシシッピーの田舎町スパルタの夜はうだるような熱さだった。警官サム(ウォーレン・オーツ)は深夜のパトロール中、町の実業家が殺害されているのを発見した。サムからの連絡をうけた署長のビル・ギレスピー(ロッド・スタイガー)は早速行動を開始した。

 気負いたったサムは駅で列車をまっていた黒人をいきなり容疑者として逮捕した。ところがその黒人はバージル・ティッブス(シドニー・ポワチエ)というフィラデルフィア警察の殺人課の優秀な刑事で、休暇で帰ってきたのだった。

夜の大捜査線
 
 初めて殺人事件を扱うギレスピーはベテランのティッブスの協力を頼みたいと思ったが、人種偏見の強い土地柄、どうしても頭をさげることができなかった。しかし殺人犯として逮捕された不良少年が犯人ではないと断定したティッブスの見事な論理にカブトを脱いだギレスピーは渋々と助力を頼みこんだ。

夜の大捜査線

 絶えず衝突し、感情を抑えながらもティッブスとギレスピーは捜査を続けた。しかし白人が黒人に調べられるという屈辱に町民は怒り、捜査は困難をきわめ、ティッブスは生命さえ危険になっていった。

 これ以上のトラブルをおそれたギレスピーは捜査をうち切るようにとティッブスに勧告したが、ティッブスは聞きいれなかった。そして、実業家は他所で殺されて発見された場所まで車で運ばれたと推理したティッブス・・・。



トレーラー


主題歌:In The Heat of The Night(レイ・チャールズ)


BGM:It Sure Is Groovy(ギル・ビマル)


原題:In the Heat of the Night
公開:1967年
製作国:アメリカ
配給:ユナイテッド・アーティスツ
上映時間:109分


星キャスト
ロッド・スタイガー、シドニー・ポワチエ、ウォーレン・オーツ、リー・グラント、スコット・ウィルソン、ジェームズ・パターソン、クエンティン・ディーン、ラリー・ゲイツ、ウィリアム・シャラート、ビア・リチャーズ、マット・クラーク


星スタッフ
監督:ノーマン・ジュイソン
製作:ウォルター・ミリッシュ
原作:ジョン・ボール
脚本:スターリング・シリファント
音楽:クインシー・ジョーンズ
撮影:ハスケル・ウェクスラー
編集:ハル・アシュビー
主題歌:In The Heat of The Night(レイ・チャールズ)


星受賞歴
第40回アカデミー賞:作品賞/主演男優賞(ロッド・スタイガー)/脚色賞(スターリング・シリファント)/編集賞(ハル・アシュビー)/録音賞(サミュエル・ゴールドウィン)
第25回ゴールデングローブ賞:作品賞 (ドラマ)/主演男優賞 (ドラマ)/脚本賞/主題歌賞
第33回ニューヨーク批評家協会賞:作品賞


夜の大捜査線 [DVD]
夜の大捜査線 [DVD]

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 刑事]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。