スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 終着駅 》

終着駅
 1953年公開のアメリカ、イタリア合作映画。米国人の若い妻メアリーは、断ち切り難い想いを残してローマの中央駅にやって来た。彼女は妹の家に身を寄せて数日間ローマ見物した。その間に米伊混血の英語教師の青年ジョヴァンニと知り合い、愛し合うようになってしまった。彼の情熱に、戸惑うメアリーだったが・・・。

 監督:ヴィットリオ・デ・シーカ/出演:ジェニファー・ジョーンズ、モンゴメリー・クリフト、リチャード・ベイマー 他。


星解説
 せつない別れをヴィットリオ・デ・シーカ監督はローマの終着駅だけを背景に、デリケートな男女の感情の機微をとらえる。 ハリウッドの映画プロデューサー、デヴィッド・O・セルズニックが映画「逢びき」に匹敵するメロドラマを作ろうと、イタリア「ネオレアリズモ」の巨匠ヴィットリオ・デ・シーカ監督を招いて作りあげた恋愛映画の名作で日本でも大ヒットした。

 日本で初公開される前は、題名と同じ意味を表す言葉は「終点」ぐらいしかなかったが、この映画から「終着駅」という新しい言葉が生まれた。そして、今ではこの映画の題名のみならず、日常でも広く使われている。このような外国映画の邦題から日常語になった同じ例として、戦前のフランス映画『巴里祭』がある。イタリア語での原題は物語の舞台となったローマのテルミニ駅。ジェニファー・ジョーンズの衣裳デザインはクリスチャン・ディオールが担当した。

終着駅


星あらすじ
 米国人の若い人妻メアリー・フォーブス(ジェニファー・ジョーンズ)は、断ち切りがたい想いを残してローマの中央駅にやって来た。彼女は妹の家に身を寄せて、数日間ローマ見物をしたのだが、その間に1人の青年と知り合い、烈しく愛し合うようになってしまった。
 
 青年はジョヴァンニ・ドナーティ(モンゴメリー・クリフト)という米伊混血の英語教師で、彼の激しい情熱に、メアリーは米国に残してきた夫や娘のことを忘れてしまうほどだったが、やはり帰国する以外になすすべもなかった。妹に電話で荷物を持って来るよう頼み、午後7時に出発するミラノ行の列車にメアリーは席をとった。発車数分前、ジョヴァンニが駆けつけた。彼はメァリーの妹から出発のことを聞いたのだ。
 
 彼の熱心なひきとめにあって、メアリーの心は動揺した。彼女はその汽車をやりすごし、ジョヴァンニと駅のレストランへ行った。ジョヴァンニの一途な説得に、メアリーは彼のアパートへ行くことを承知したかに見えたが、丁度出会った彼女の甥のポール少年にことよせて、彼女は身をかわした。

終着駅
 
 ジョヴァンニはメアリーを殴りつけて立ち去った。メアリーとポールは3等待合室に入って、次の8時半発パリ行を待つことにした。そこでメアリーは妊娠の衰弱で苦しんでいる婦人の世話をし、心の落ち着きを取り戻した。ジョヴァンニは強く後悔して、メアリーを求めて駅の中を歩きまわった。プラットホームの端に、ポールを帰して1人たたずむメアリーの姿があった。
 
 彼は夢中になって線路を横切り、彼女のそばに駆け寄ろうとした。そのとき列車が轟然と入ってきた。一瞬早くジョヴァンニは汽車の前をよぎり、メアリーを抱きしめた。2人は駅のはずれに1台切り離されている暗い客車の中に入っていった。しばらく2人だけの世界に入って別れを惜しむのも束の間、2人は公安委員に発見され、風紀上の現行犯として駅の警察に連行された。8時半の発車時刻も間近かに迫り、署長(ジーノ・チェルヴィ)の好意ある計らいで2人は釈放された・・・。




伊題:Stazione Termini
英題:Terminal Station
公開:1953年
製作国:アメリカ・イタリア
配給:松竹
上映時間:89分


星キャスト
ジェニファー・ジョーンズ、モンゴメリー・クリフト、リチャード・ベイマー、ディック・デイマー、ジーノ・チェルヴィ、パオロ・ストッパ


星スタッフ
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
製作:デヴィッド・O・セルズニック、ヴィットリオ・デ・シーカ
原作:チェザーレ・ザヴァッティーニ
脚本:チェザーレ・ザヴァッティーニ、トルーマン・カポーティ、ルイジ・キャリーニ、ジョルジョ・プロスペリ
音楽:アレッサンドロ・チコニーニ
撮影:G・R・アルド
編集:ジーン・ベイカー、エラルド・デ・ロマ


終着駅 [DVD] FRT-280終着駅 [DVD] FRT-280
(2006/12/14)
ジェニファー・ジョーンズ/モンゴメリー・クリフト/リチャード・ベイマー/ジーノ・チェルヴィ

商品詳細を見る

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [合作映画 恋愛]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。