スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 ひまわり (1970) 》

ひまわり
 1970年公開のイタリア映画。ナポリで幸せな結婚式を挙げたジョバンナとアントニオ。だがアントニオは厳冬のソ連戦線に送られ、行方不明になってしまう。戦後、復員兵から夫の情報を集め、ひとりモスクワを訪ねるジョバンナ。だが、そこで見たものは、アントニオの新しい妻と可愛い娘の姿だった・・・。

 監督:ヴィットリオ・デ・シーカ/出演:マルチェロ・マストロヤンニ、ソフィア・ローレン、リュドミラ・サベーリエワ 他。


星解説
 公開当時には主題曲も日本でヒットした。戦争によって引き裂かれた夫婦の行く末を悲哀たっぷりに描いた作品で、劇中幾度か登場する、地平線にまで及ぶひまわり畑の美しさと、もの悲しさが圧巻。

 当時、他国と断絶していたソ連に入国するのは容易ではなく、まして映画の撮影には当然許可が下りなかった。しかし、ソ連側に執拗な説得で映画の内容を説明し許可を得ることができたという。他にも様々な苦難のエピソードがある。

ひまわり


星あらすじ
 貧しいお針子のジョバンナ(ソフィア・ローレン)と電気技師のアントニオ(マルチェロ・マストロヤンニ)は、ベスビアス火山をあおぐ、美しいナポリの海岸で出逢い、恋におちた。だが、その二人の上に、第二次大戦の暗い影がおちはじめた。ナポリで結婚式をあげた二人は、新婚旅行の計画を立てたが、アントニオの徴兵日まで、14日間しか残されていなかった。思いあまった末、アントニオは精神病を装い、徴兵を逃れようとしたが夢破ぶれ、酷寒のソ連戦線に送られてしまった。
 
 前線では、ソ連の厳寒の中で、イタリア兵が次々と倒れていった。アントニオも死の一歩手前までいったが、ソ連娘マーシャ(リュドミラ・サベーリエワ)に助けられた。年月は過ぎ、一人イタリアに残され、アントニオの母(アンナ・カレーナ)と淋しく暮していたジョバンナのもとへ、夫の行方不明という、通知が届いた。これを信じきれない彼女は、最後にアントニオに会ったという復員兵(グラウコ・オノラート)の話を聞き、ソ連へ出かける決意を固めるのだった。

ひまわり

 異国の地モスクワにおりたった彼女は、おそってくる不安にもめげす、アントニオを探しつづけた。そして何日目かに、彼女は、モスクワ郊外の住宅地で、一人の清楚な女性に声をかけた。この女性こそ今はアントニオと結婚し、子供までもうけたマーシャであった。すべてを察したジョバンナは、引き裂かれるような衝撃を受けて、よろめく足どりのまま、ひとり駅へ向った。逃げるように汽車にとびのった彼女だったが、それを務めから戻ったアントニオが見てしまった。

 ミラノに戻ったジョバンナは、傷心の幾月かを過した。ある嵐の夜、アントニオから電話を受けた。彼もあの日以後、落ち着きを失った生活の中で苦しみぬき、いまマーシャのはからいでイタリアにやってきたとのことだった。まよったあげく、二人はついに再会した。しかし、二人の感情のすれ違いは、どうしようもなかった。

 そして、ジョバンナは、現在の夫エトレ(ジェルマーノ・ロンゴ)の話と、二人の間に出来た赤ん坊(カルロ・ポンティ・ジュニア)をアントニオに見せた・・・。





メイン・テーマ


原題:I Girasoli
公開:1970年
製作国:イタリア
配給:ブエナ・ビスタ
上映時間:101分


星キャスト
ソフィア・ローレン、マルチェロ・マストロヤンニ、リュドミラ・サベーリエワ、アンナ・カレーナ、ジェルマーノ・ロンゴ、グラウコ・オノラート、カルロ・ポンティ・ジュニア


星スタッフ
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
製作総指揮:ジョゼフ・E・レヴィン
製作:カルロ・ポンティ、アーサー・コーン
脚本:チェザーレ・ザヴァッティーニ、アントニオ・グエラ、ゲオルギ・ムディバニ
音楽:ヘンリー・マンシーニ
撮影:ジュゼッペ・マッカリ、ジャンカルロ・フェランド
編集:アドリアーナ・ノヴェッリ


ひまわり HDニューマスター版 [DVD]
ひまわり HDニューマスター版 [DVD]
ひまわり [Soundtrack]
ひまわり [Soundtrack]

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [外国映画 恋愛]

コメント

こんばんわ

はじめまして!

ちょくちょく拝見させていただいてます。

私、映画の学校に通ってるのですが

こちらで紹介されてる映画まだ観てないのとかあるんで
参考にさせてもらいますねv-22

ではではまたお邪魔いたします。

>ぷに博士様

はじめまして。

ご訪問ありがとうございます。
映画の学校、がんばってください。

公開の年代、ジャンルを幅広くご紹介していこうと思っていますので、
どうぞ参考にできるものがあれば、参考にしてやってください。

またのご訪問をお待ちしております。
これからもどうぞよろしくお願いします。

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。