スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 ポセイドン・アドベンチャー 》

ポセイドン・アドベンチャー
 1973年に日本公開のアメリカ映画。大晦日の夜、米国豪華客船ポセイドン号は、様々な人々の人生を乗せてアテネに向かっていた。しかし、その時海底地震が発生し、数分後船は大津波にのまれて転覆、一瞬のうちに数百名の生命を奪う大惨事となった・・・。アカデミー賞では、歌曲賞、特別業績賞(視覚効果)の2部門を受賞したパニック映画の名作。

 監督:ロナルド・ニーム/出演:ジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナイン、レッド・バトンズ 他。


head_star.gif解説
 1400名の乗客を乗せてニューヨークからギリシャに向かう豪華客船ポセイドン号が、洋上で大晦日から元旦を迎えた。しかし32メートルの大津波に襲われ転覆爆破。阿鼻叫喚の船内乗客たちのうち、今や天井ともなった船底まで行けば安全であると唱える一行が、地獄の冒険を繰り広げていく姿を描いている。

 その後の1970年代パニック映画ブームを巻き起こすきっかけとなった先駆けとなった大ヒットを記録した作品。上下逆さまになった客船で次々と命を失う者が続出していく中、主人公スコット牧師が神の意義と人間の尊厳を問いかけていくという趣向が感動を呼ぶ。

 1969年に発表されたポール・ギャリコの小説を原作として映像化された。その後、続編を含め4度の映像化がされている。

 上下さかさまになった船体のセットを使った撮影はアカデミー賞特撮部門を、挿入歌としてモーリン・マクガバンが歌っている「モーニング・アフター」はアカデミー歌曲賞をそれぞれ受賞した。

ポセイドン・アドベンチャー


head_star.gifあらすじ
 81000トンの豪華客船ポセイドン号が、ギリシャに向かうためにニューヨーク港をでたのは12月末だった。船長(レスリー・ニールセン)は最初から船の重心が高いことに気づいていた。バラスト(底荷)をしていないので、船体の上部が重く、大波を喰うと転覆する恐れもあり、スピードを出すことも危険だったが、船主の代表はそれを認めなかった。

 ポセイドン号が地中海に入ったとき、地震観測所から、クレタ島南西130マイル沖合いで海底地震があったという電報が入った。それから間もなく大津波がおしよせポセイドン号は一瞬にして転覆した。船体の上部が海底に没し、船底が海面に現われたのである。折から新年を祝うパーティが大食堂で催されており、集まった船客たちのほとんどが生命を失うという大惨事だった。

ポセイドン・アドベンチャー

 乗客の1人であるフランク・スコット牧師(ジーン・ハックマン)は、大混乱が鎮まると奇跡的に助かった人々と共に脱出を試みた。ニューヨークの刑事であるマイク・ロゴ(アーネスト・ボーグ・ナイン)その妻でもと売春婦だったリンダ(ステラ・スティーヴンス)、雑貨商のジェームズ・マーティン(レッド・バトンズ)、中年夫婦マニー・ローゼン(ジャック・アルバートソン)とベル(シェリー・ウィンタース)、歌手のノニー・バリー(キャロル・リンレイ)、17歳のスーザン・シェルビー(パメラ・スー・マーティン)と10歳になるその弟のロビン(エリック・シーア)そして船のボーイ、エーカーズ(ロディ・マクドウォール)の9人がスコットに従うことになり、あとの生存者は、救急隊がくるまでじっとしていた方がいいという事務長の意見をとった。

 スコット牧師は、かすかながら船内にともる電気があるうちに、船の竜骨、つまり海面に1番近い所にたどりつき、そこで待機していれば助かるかもしれないと判断したのだ。上部に進むためには大クリスマス・ツリーを逆によじ登っていかなければならない。10人が登り終わったとき、スコット牧師の意見が正しかったことが証明された。キッチンボイラーが爆発して、残った人々を流してしまったのだ。

ポセイドン・アドベンチャー

 一行はスコット牧師の指示に従い、ブロードウェイと呼ばれる通路を通り、エンジンルームにたどりついた。その間、船内の爆発はたびたび起こり、船体は往々に沈下して、海水が下から次第にせり上がり、皆をあせらせた。最初の不幸は、ギャレーから次のエンジンルームに向かうときにおこった。

 35フィート先にあるエンジンルームに着くためには水中を通らなければならない。ロープをはるために、スコット牧師が飛び込んだ。だが途中、倒れてきた鉄板の下敷きになって身動きができなくなってしまった。娘の頃、水泳選手であったベルは、異変を感じ水中に飛び込んだ。無事彼を救ったベルは、目的地に泳ぎついたものの、心臓発作に襲われ、息を引き取った。やがて他の生存者たちもベルを見習い、水を潜ってエンジンルームにたどりついたが、彼女の死は一同を悲しみに包んだ。

 やがて一行は最後の困難にさしかかった。いよいよプロペラ・シャフトにアタックする段階に入ったのである。この時、船体が再び傾いたと思う間もなく遠くに爆発音が起こり、更に船体は船尾に傾いた。このため、ロゴ刑事の妻リンダが振り落とされ、水中に沈んだ。参事は更に続いた。出口のそばにあるスチーム・パイプが破れ、噴き出し始めたのだ。このままでは進路がはばまれ、今までの苦労は水の泡になってしまう・・・。



トレーラー


「モーニング・アフター」 by モーリン・マクガバン


head_star.gifひと口コメント
スコット牧師の演出・考え方に共鳴を受けました。


原題:The Poseidon Adventure
公開:1972年(アメリカ)、1973年(日本)
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス
上映時間:117分


head_star.gifキャスト
ジーン・ハックマン、アーネスト・ボーグナイン、レッド・バトンズ、キャロル・リンレイ、ロディ・マクドウォール、ステラ・スティーヴンス、シェリー・ウィンタース、ジャック・アルバートソン、レスリー・ニールセン、アーサー・オコンネル、パメラ・スー・マーティン、エリック・シーア、フレッド・サドフ


head_star.gifスタッフ
監督:ロナルド・ニーム
製作:アーウィン・アレン
原作:ポール・ギャリコ
脚本:スターリング・シリファント、ウェンデル・メイズ
編集:ハロルド・F・クレス
撮影:ハロルド・E・スタイン
美術:ウィリアム・J・クレバー
特殊効果:L・B・アボット、A・D・フラワーズ
音楽:ジョン・ウィリアムズ、アル・カシャ、ジョエル・ハーシュホーン
主題歌:「モーニング・アフター」モーリン・マクガバン
作詞・作曲:アル・カシャ、ジョエル・ハーシュホーン


head_star.gif受賞歴
第45回アカデミー賞:歌曲賞(アル・カシャ、ジョエル・ハーシュホーン)/特別業績賞(視覚効果)(L・B・アボット、A・D・フラワーズ)
第30回ゴールデン・グローブ賞:助演女優賞(シェリー・ウィンタース)
第26回英国アカデミー賞:主演男優賞(ジーン・ハックマン)


ポセイドン・アドベンチャー (コレクターズ・エディション [DVD]
ポセイドン・アドベンチャー (コレクターズ・エディション [DVD]

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

参りました!

こんな凄い映画があったんですねー!
CG無しの時代に、これだけのセット、これだけの演技。
恐れ入りました!

役者さん達が高い場所に登ったり、水中に潜ったり。
トリック無しの撮影。
すごいですねー!

他人を守る為に生贄のように自分の命を捧げる太った婦人、そして主人公。
それもまたショックでした・・・・・。

間諜X72 さんへ

コメントありがとうございます。お返事が遅くなりすみません。

> こんな凄い映画があったんですねー!
凄いですよね。最初、観たときはインパクトがありましたね。

> トリック無しの撮影。
だから、迫力があると思います。

> 他人を守る為に生贄のように自分の命を捧げる太った婦人、そして主人公。
自己犠牲のシナリオも感動を呼びますよね。

ご訪問ありがとうございました。

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。