スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 明日に向って撃て! 》

明日に向って撃て
 1970年に日本で公開のアメリカ映画作品。実在の銀行強盗ブッチ・キャシディとサンダンス・キッドは、銀行強盗を繰り返すなかで夢を追い求めて自由奔放に生き、それ故に時代に取り残されていく様を描く。アカデミー賞4部門を受賞(脚本賞/撮影賞/作曲賞/歌曲賞)。

 監督:ジョージ・ロイ・ヒル/出演:ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、キャサリン・ロス 他。


星解説
 名匠ジョージ・ロイ・ヒルが時にユーモラスにまたシニカルに描いていく。ラストシーンのストップモーションは映画史に残る屈指の名シーンとして有名。 2003年、本作はアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

 当初はニューマンとスティーブ・マックイーンが折半してゴールドマンから脚本を買い取り、ニューマンはサンダンス役で出演する予定だったがマックイーンが都合により降板。その後、ヒルの薦めでニューマンはブッチ役となり、サンダンス役にはニューマンの妻の薦め(ニューマンによる述懐で諸説ある)で当時まだ無名であったレッドフォードが起用された。

明日に向って撃て


星あらすじ
 1890年代の西部。家畜泥棒と銀行強盗が稼業の2人組のガンマン、ブッチ・キャシディ(ポール・ニューマン)とサンダンス・キッド(ロバート・レッドフォード)は、同じ盗人仲間のハーベイ・ローガン(テッド・キャシディ)らの誘いにのって、列車強盗を試み、大金をせしめた。この後ブッチは、銀、錫などの鉱山資源の豊富なボリビアへ行って荒稼ぎしようと、サンダンスを誘う。
 
 そして、スペイン語のできるサンダンスのガール・フレンド、女教師のエッタ(キャサリン・ロス)も交えて、彼らはボリビアへ向かう。しかし、ボリビアはブッチの想像とは異なり大変な貧乏国で、2人はたちまち銀行強盗に戻る。やがて2人はヤンキー泥棒として有名になり、警察も彼らに手ごころを加えた。

明日に向って撃て
 
 2人にとってはこれが不満で、とうとう彼らは足を洗い、錫山のガードマンとなった。エッタは2人がカタギになったことを喜ぶが、所詮、泥棒稼業が身についた2人、正業を長続きさせることはできないだろうと考えていた。この不安は的中し、数年後、彼らは鉱山の給料を奪い、再び警官に追われる身となった。捜索には、ボリビア軍隊までも動員された・・・。



トレーラー


主題歌:Raindrops Keep Fallin' On My Head(雨にぬれても)


原題:Butch Cassidy and the Sundance Kid
公開:1969年(アメリカ)、1970年(日本)
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス
上映時間:110分


星キャスト
ポール・ニューマン、ロバート・レッドフォード、キャサリン・ロス、ストローザー・マーティン、クロリス・リーチマン、チャールズ・ディアコップ、ジェフ・コーリー、サム・エリオット、ヘンリー・ジョーンズ、ジョージ・ファース、ドネリー・ローズ


星スタッフ
監督:ジョージ・ロイ・ヒル
製作:ジョン・フォアマン
製作総指揮:ポール・モナシュ
脚本:ウィリアム・ゴールドマン
撮影:コンラッド・L・ホール
特殊効果:L・B・アボット、アート・クルイックシャンク
音楽:バート・バカラック
編集:ジョン・C・ハワード、リチャード・C・マイヤー
衣装デザイン:エディス・ヘッド
音響:デヴィッド・ドッケンドルフ、ウィリアム・エドモンソン
主題歌:Raindrops Keep Fallin' On My Head、作詞(ハル・デヴィッド)、作曲(バート・バカラック)、歌(B・J・トーマス)


星受賞歴
第42回 アカデミー賞:撮影賞/脚本賞/作曲賞/主題歌賞
第27回 ゴールデングローブ賞:音楽賞
第24回 英国アカデミー賞:作品賞/主演男優賞/主演女優賞/監督賞/脚本賞/作曲賞/撮影賞/編集賞/音響賞
1970年 グラミー賞:最優秀映画/テレビ作曲賞


明日に向って撃て! [Blu-ray]
明日に向って撃て! [Blu-ray]
明日に向って撃て!(特別編) [DVD]
明日に向って撃て!(特別編) [DVD]

【ポイント10倍】明日に向かって撃て! オリジナル・サウンドトラック


| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。