スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 ガンジー 》

ガンジー
 1982年に日本公開のイギリスとインドとの合作映画。宗教家であり、「インド独立の父」として知られるマハトマ・ガンディーの青年時代から暗殺までを描いた歴史映画。アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞など計8部門を受賞し、その他に多数の賞を受賞。

 監督:リチャード・アッテンボロー/出演:ベン・キングズレー、キャンディス・バーゲン、エドワード・フォックス 他。


星解説
 初めて映画に出演したインド人の血を引くイギリス人俳優のベン・キングズレーが、極限までガンディーの外見と仕草を模倣し、アカデミー主演男優賞を初め、数多くの映画賞を受賞したことが大きな話題を呼んだ。また、動員したエキストラは30万人を超え、1つの映画作品に動員したエキストラの最多記録としてギネス・ワールド・レコーズに認定された。
 
 当初、ガンジー役にベン・キングスレーが起用された際には、彼がイギリス人であることに反発の声が上がったが、キングスレー自身がインド人の血を引いていることがわかり、一応の解決を見た。ロケ地では、ベン・キングスレー自身の風貌があまりにも酷似していたため、周囲の住民は「ガンジーが生き返った」と思い込み、彼の元に参拝するものが後を絶たなかった。

ガンジー


星あらすじ
 南アフリカ、1893年。皮膚の浅黒い一人の青年紳士が列車の一等車に乗っていたため放り出された。この人種差別に、青年は激しい怒りを覚えた。青年の名はモハンダス・K・ガンジー(ベン・キングズレー)。ロンドンで学んだ彼は、インド人商社の顧問弁護士として南アフリカのダーバンへ渡って来たのだ。彼はインド人移民に呼びかけて、身分証明カードを焼き拾てることを提唱する。そんな彼を支援するイギリス人牧師アンドリューズ(イアン・チャールソン)と、取材にあたる『ニューヨーク・タイムズ』の記者ウォーカー(マーティン・シーン)。
 
 ガンジーは暴力をいっさい用いずに闘うことを信条とし、“生涯禁欲"の誓いを立て、アシュラム(共同農園)を建設。彼の差別反対闘争にインド人労働者たちも次第に結束し始めた。1915年ボンベイに戻ったガンジーはインド国民から英雄として迎えられた。当時、インドの指導的立場にある人々は、イギリスからの独立を願っており、彼らの中には、後に首相となるネール(ロシャン・セス)もいた。ガンジーはイギリス支配下にある祖国をつぶさに見て歩き、チャンパランという寒村では、小作人の権利を守るため地主と闘い逮捕された。
 
 イギリスは言論、思想、集会の自由を抑圧した法律を第一次大戦後のインドに適用したため、ガンジーは1919年4月6日を全国民の祈りと断食の日とし、ストライキを呼びかけた。ガンジーは逮捕されたが、今や“マハトマ(偉大なる魂)"と呼ばれ、全国民の精神的支柱となった彼を裁判にかけることは不可能だった。だが、この騒動の際中に、イギリスのダイヤー将軍(エドワード・フォックス)率いる軍隊が、アムリツァールの公園で集会中の群衆に発砲し1516人の死傷者を出すという事件が起こった。

ガンジー
 
 2年後、ガンジーは、英国製の衣類を焼くように呼びかけるなどイギリスに抵抗するが、国民のイギリスに対する不満は、流血の暴動となって現われた。これを嘆いたガンジーは断食で無言の説得を行ない鎮静させる。その直後ガンジーはイギリスに対する非協力で逮捕され、6年の刑で投獄された。だが、判事のブルームフィールド(トレヴァー・ハワード)は、ガンジーに同情的だった。
 
 数年後、ガンジーは、イギリス人が独占していた製塩事業に対抗するため、民衆と共にダンディーの海岸へ向けて“塩の大行進"を決行。インド人による製塩所を設立したが、軌道に乗った頃にイギリス軍に取り上げられ、無抵抗の民衆は容赦なく殴打され、ガンジーは逮捕された。1931年、釈放されたガンジーはアーウィン卿(ジョン・ギールグッド)と交渉の結果、ロンドンの円卓会議に出席したが、独立は勝ち取れなかった。やがて第二次大戦が勃発。戦争に反対するガンジーは、アガーカーン宮殿に収容された。その彼を、『ライフ』の女性記者バーク=ホワイト(キャンディス・バーゲン)がカメラに撮り続けた。
 
 独立を目前にしたインドだったが、回教徒はヒンズー教徒と袂を分かち、1947年8月、アリ・ジンナー(A・パダムゼ)を指導者としてパキスタンを建国。そのため、国境を中心として両教徒の間で衝突が激化、内戦状態になった。これを悲しんだガンジーは、カルカッタで断食を行ない、民衆に武器を捨てさせることに成功した。1948年1月30日。マハトマ・ガンジーは、デリーで夕べの祈りをしている時、ヒンズー教極右派のヴィナヤク・N・ゴードセーによって暗殺された。時にガンジー78歳。葬儀には250万を越える人々が集まり、遺灰は聖なるガンジス川に流された。



トレーラー


テーマ曲


原題:Gandhi
公開:1982年(アメリカ)、1983年(日本)
製作国:イギリス、インド
配給:コロムビア映画
上映時間:188分


星キャスト
ベン・キングズレー、キャンディス・バーゲン、ジョン・ギールグッド、マーティン・シーン、エドワード・フォックス、トレヴァー・ハワード、ジョン・ミルズ、イアン・チャールソン、ジョン・ラッツェンバーガー、マイケル・ホーダーン、ロシャン・セス、ダニエル・デイ=ルイス、イアン・バネン、アムリッシュ・プリ、サイード・ジャフリー、ジェラルディン・ジェイムズ、A・パダムゼ、ロヒニ・ハタンガディ


星スタッフ
監督・制作:リチャード・アッテンボロー
制作総指揮:マイケル・スタンレー・エバンス
脚本:ジョン・ブライリー
撮影:ビリー・ウィリアムズ、ロニー・テイラー
SFX:デヴィッド・ハサウェイ
音楽:ラヴィ・シャンカール、ジョージ・フェントン
編曲:ジョージ・フェントン
美術:スチュアート・クレイグ、ボブ・レイング
編集:ジョン・ブルーム
衣装デザイン:ジョン・モロ


星受賞歴
第55回アカデミー賞:作品賞/監督賞/主演男優賞/脚本賞/撮影賞/美術賞/衣装デザイン賞/編集賞
第40回ゴールデン・グローブ賞:外国映画賞/監督賞/ドラマ部門男優賞/脚本賞/新人賞
第36回英国アカデミー賞:作品賞/監督賞/主演男優賞/助演女優賞/新人賞
第48回ニューヨーク批評家協会賞:作品賞/男優賞
第8回ロザンゼルス批評家協会賞:主演男優賞


ガンジー (2枚組) [Blu-ray]
ガンジー (2枚組) [Blu-ray]
ガンジー コレクターズ・エディション [DVD]
ガンジー コレクターズ・エディション [DVD]

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)
ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)


| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [合作映画 伝記]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。