スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

シャイン

シャイン
 日本で1997年公開のオーストラリア映画作品。実在するオーストラリア出身の天才ピアニスト、デビッド・ヘルフゴットが、さまざまな苦難を乗り越え演奏家として再起するまでを描く。主演のジェフリー・ラッシュは第69回アカデミー賞主演男優賞をはじめ多数の映画賞を受賞。

 監督:スコット・ヒックス / 出演:ジェフリー・ラッシュ、ノア・テイラー 他


星解説
 実在の天才ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットの半生を描く。今も心の病と闘いながら演奏活動を続けるオーストラリア出身の現役ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴット氏をモデルとしており、スコット・ヒックス監督がヘルフゴッド夫妻に長期綿密な取材をし、それをもとに作られた。本作で聴かれる演奏の大半はヘルフゴッド本人によるもの。

 デヴィッドの青年時代を演じるのはノア・テイラーで、監督のスコット・ヒックスは、この時代のデヴィッド役をできるのは彼だけだと直観して撮影をすすめた。成人してのデヴィッド役はジェフリー・ラッシュで、1970年代からオーストラリアの舞台で活躍し、80年代からは映画にも出演している。デヴィッドの父親役はアーミン・ミューラー・スタールで、1976年までは旧東ドイツで80本近い映画に出演していた。

シャイン


星あらすじ
 デヴィッドの父ピーターはポーランド生まれで、常に勝者となること、強い者だけが生き残ることを家訓として、自らの果たせなかった音楽への夢を子どもに託した。父の厳格で過剰な愛情の中で、デヴィッドは小さい頃からピアノにその才能を発揮し、父親の期待に応えるように努力した。その結果としてアメリカ留学の道が開かれるが、息子の才能が認められるようになると、自分から離れていくという不安からアメリカ留学を断ってしまう父親。そうした父親に反抗的な態度をとりながらも呪縛からのがれられないでいたデヴィッドであるが、全国器楽コンクールでの演奏が認められて、ロンドンの王立音楽学校からの奨学金授与の申し出を機に、父親から離れることを決意する。

 家族の結束を第一に考える父親は、「出ていったら二度とこの家に入れないぞ」という強権を発動するが、彼の心は変わらなかった。イギリスでは父親が「いつかこの曲を弾きこなして父さんを喜ばせてくれ」と言っていたラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番」に挑戦する。ラフマニノフの前でピアノ協奏曲3番を弾いたことのあるパークス教授に師事し、寒さに耐えながら日夜練習に励む。コンクールで演奏を成功させたが、精魂を使い果たして直後に倒れてしまう。以後精神に異常をきたし、オーストラリアにもどって精神病院の入退院をくり返す。父親は会おうともしないが、妹が病院を訪問する。

 やがて療養所でピアノを引いていた女性ベリルに引き取られて退院するが、病気特有の行動が続く。アパートを借りてもらってピアノをひく生活をしていたが、雨の日に道に迷ってワイン・バーの窓ガラスをたたくことから、ピアノの演奏家としての新しいスタートとなる。ワイン・バーでの演奏が新聞に載り、父親との再会も果たす。父親の中にも威厳に頼り切れない寂しさが読みとれる。ベリルの友達で占星術師のギリアンとの出会いが、彼の人生を更に「輝く」ものとする。ギリアンは既に他の男性との結婚を予定していたが、デヴィッドの「僕と結婚を」の申し出になやむ。「フィアンセはわたしがいなくても生きていける、でもデヴィッドは私がついていてあげないと」という思いでデヴィッドとの結婚を決意する。ギリアンの深い愛情を受けて、デヴィッドは演奏家としての「輝き」を更に強くしていく・・・。



星ひと口コメント
観る度に感動が増してくる作品。この映画の深さ、人生の深さを感じます。


原題:Shine
公開:1996年(アメリカ)、1997年(日本)
製作国:オーストラリア
配給:KUZUIエンタープライズ
上映時間:105分


星キャスト
ジェフリー・ラッシュ、ノア・テイラー、アレックス・ラファロウィッツ、アーミン・ミューラー=スタール、リン・レッドグレーヴ、ジョン・ギールグッド、グーギー・ウイザース、ソニア・トッド


星スタッフ
監督・原案:スコット・ヒックス
製作:ジェーン・スコット
脚本:ジャン・サーディ
音楽:デヴィッド・ハーシュフェルダー
撮影:ジェフリー・シンプソン
編集:ピップ・カーメル


星受賞歴
第69回アカデミー賞:作品賞 / 主演男優賞(ジェフリー・ラッシュ)
第54回ゴールデングローブ賞:男優賞(ドラマ)
第50回英国アカデミー賞:主演男優賞


シャイン [DVD]シャイン [DVD]
(2004/06/25)
ジェフリー・ラッシュノア・テイラー

商品詳細を見る

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [外国映画 伝記]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。