スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 お葬式 》

お葬式
 1984年公開の日本の映画で伊丹十三の初監督作品。突然、妻の父がなくなったことで初めてお葬式を出すことになった一家の途方に暮れるさまと、お葬式に集まった多彩な人々の生態をアイロニーを交えてユーモラスに描く。日本アカデミー賞を始めとする各映画賞を総なめにした、伊丹十三にとって記念すべき作品。

監督:伊丹十三/出演:山崎努・宮本信子・菅井きん 他。


星解説
 俳優・伊丹十三が妻・宮本信子の父親の葬式で喪主となった実体験をもとに、わずか1週間でシナリオを書き上げ、自身の初監督作品として制作した。お葬式という暗いタイトルにもかかわらず、作中には否応無く葬儀に巻き込まれた関係者の戸惑いが、丁寧かつコミカルに描かれ、笑いが溢れており、そのギャップが大きな話題を呼んで、大ヒットを記録した。

一方で、過激な性描写があるとして、教育者や宗教者などから批判されたが、表現上高い効果を上げているとの評価も多い。伊丹はその後の作品でも必ずといってよいほど性表現を織り込んでいる。製作費は1億円で、伊丹自身がCMに出演した縁で愛媛県の菓子メーカー・一六本舗が出資している。撮影は神奈川県湯河原町にある伊丹の別荘(元自宅)で行われた。序盤に出てくる侘助・千鶴子夫婦共演のCM撮影場面では、1983年に伊丹・宮本が共演した味の素「マヨネーズDo」のCMでの撮影技法のアイデアがそのまま採用された。

お葬式


星あらすじ
 井上佗助(山崎努)、雨宮千鶴子(宮本信子)は俳優の夫婦だ。二人がCFの撮影中に、千鶴子の父が亡くなったと連絡が入った。千鶴子の父、真吉(奥村公延)と母、きく江(菅井きん)は佗助の別荘に住んでいる。その夜、夫婦は二人の子供、マネージャーの里見(財津一郎)と別荘に向かった。一行は病院に安置されている亡き父と対面する。

 佗助は病院の支払いを里見に頼み、20万円を渡すが、費用は4万円足らず、その安さにおかしくなってしまう。佗助にとって、お葬式は初めてのこと、全てが分らない。お坊さんへの心づけも、相場というのが分らず、葬儀屋の海老原(江戸家猫八)に教えてもらった。別荘では、真吉の兄で、一族の出世頭の正吉(大滝秀治)が待っており、佗助の進行に口をはさむ。そんな中で、正吉を心よく思わない茂(尾藤イサオ)が、千鶴子をなぐさめる。

お葬式

 そこへ、佗助の愛人の良子(高瀬春奈)が手伝いに来たと現れ、良子はゴタゴタの中で佗助を外の林に連れ出し、抱いてくれなければ二人の関係をみんなにバラすと脅した。しかたなく、佗助は木にもたれる良子を後ろから抱いた。そして、良子はそのドサクサにクシを落としてしまい、佗助はそれを探して泥だらけになってしまう。良子は満足気に東京に帰り、家に戻った佗助の姿にみんなは驚くが、葬儀の準備でそれどころではない。告別式が済むと、佗助と血縁者は火葬場に向かい、煙突から出る白いけむりをながめる・・・。



トレーラー


星ひと口コメント
人間模様を丁寧に描かれていて、それが喜劇となり笑い転げ、時にはしんみり悲しくなったことを思い出します。


英題:The Funeral
公開:1984年
製作国:日本
配給:ATG
上映時間:124分


星キャスト
山崎努、宮本信子、菅井きん、大滝秀治、財津一郎、江戸家猫八、奥村公延、友里千賀子、尾藤イサオ、岸部一徳、津村隆、横山道代、西川ひかる、海老名美どり、双葉弘子、関弘子、吉川満子、藤原釜足、田中春男、香川良介、佐野浅夫、関山耕司、左右田一平、加藤善博、里木佐甫良、金田明夫、利重剛、中村まり子、福原秀雄、津川雅彦、小林薫、高瀬春奈、笠智衆、井上陽水、黒沢清、長江英和


星スタッフ
監督:伊丹十三
製作総指揮:細越省吾
製作:玉置泰、岡田裕
プロデューサー:細越省吾
脚本:伊丹十三
撮影:前田米造
モノクロ撮影:浅井慎平
音楽:湯浅譲二
美術:徳田博
編集:鈴木晄
録音:信岡実
スクリプター:浅井慎平、宮本唯志
助監督:平山秀幸
照明:加藤松作


星受賞歴
第8回日本アカデミー賞:作品賞/主演男優賞(山崎努)/助演女優賞(菅井きん)


伊丹十三DVDコレクション お葬式伊丹十三DVDコレクション お葬式
(2005/08/24)
山崎努宮本信子

商品詳細を見る

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [日本映画 コメディ]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。