スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 セブン 》

セブン
 1996年に日本公開のアメリカ映画。退職間近なベテラン刑事サマセットが、血気盛んな新人刑事ミルズとコンビを組む。その2人の前に起こったのがキリスト教の「7つの大罪」に基づく連続猟奇殺人事件だった。そして犯人の魔の手が刑事へも・・・。

監督:デヴィッド・フィンチャー/出演:ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー 他。


星解説
 キリスト教の七つの大罪をモチーフにした連続殺人事件と、その事件を追う刑事たちの姿を描いている。先鋭的な映像センスと、ノイズを活用した音響により、ダークな世界観を表現している。銀残しという現像の手法を使い、コントラストの強い映像となっている。

 デビッド・フィンチャー監督はこの作品で「密閉感あるスリラー」の名手と定評を得た。4週連続で全米興行成績1位に輝いた大ヒット映画。

セブン


星あらすじ
 退職まであと1週間と迫ったベテラン刑事サマセット(モーガン・フリーマン)と、血気盛んな新任刑事ミルズ(モーガン・フリーマン)は、ある死体発見現場に急行した。死んでいた男は信じられないほど肥満した大男で、彼は食べ物の中に顔を埋めた恰好で、汚物にまみれて死んでいた。遺体を調べたところ、何者かに食べ続けるよう強制させられ、食物の大量摂取したことによる内蔵破裂が死因だったことが判明。遺体には銃を押し付けられた銃口の跡があり、殺人事件と断定される。サマセットは遺体の胃の中から発見されたプラスティックの破片に導かれ、現場の冷蔵庫の裏に犯人が脂で書いたと思われる『GLUTTONY=大食』の文字と事件の始まりを示唆するメモを発見する。

 次の死体は、オフィスビルの一室で、腹部を斬られ血まみれになって殺されていた弁護士グールドだった。グールドは縛られており、ちょうど贅肉の部分を1ポンド分切り落とされていて、殺人現場には、『GREED=強欲』の文字があった。土日に犯行が行われており、犯人に2日間もかけ自分のどこの肉を切るか選ばされていたのである。この事からサマセットは、犯人が「七つの大罪」をモチーフにして殺人を続けていることを確信する。

セブン

 グールドの妻の証言により部屋に飾ってある絵が逆さまになっていることを知る。殺人現場を再検証し、壁に指紋で書かれた「HELP ME」の文字を発見し、指紋から前科者の通称ヴィクターだと突き止める。しかしヴィクターは自身の部屋で、舌と左手首を切られた上、1年間ベッドに縛りつけられて廃人同様となっており、ヴィクターの寝室の壁には『SLOTH=怠惰』と書かれていた文字と、警察が踏み込んだ日のちょうど1年前の日から始まっているヴィクターが衰弱していく模様を写した写真があった。犯人は計算した上でちょうど1年後に警察にヴィクター宅に踏み込ませたのだ。

 サマセットは知人のFBI関係者と違法で取引をし、図書館の貸し出し記録の情報を買収すし、「七つの大罪」に関する図書館の貸出記録から、″ジョン・ドウ″という男を容疑者として割り出した。サマセットとミルズは男のアパートを訪ねドアをノックしていると、ジョン・ドウと思しき人物が廊下の向こう側に現れ、その男は2人めがけいきなり拳銃を発射して逃走する。ミルズはその男を追うが、トラックの荷台に隠れていたその男に頭を殴られ銃を向けられるが、男はミルズを撃たずに逃走する。

セブン

 サマセットとミルズは、違法な捜査で犯人の自宅にたどり着いたため部屋のドアをノックできなが、ミルズはジョン・ドウに殴られたことで激怒しておりサマセットの制止を無視し部屋のドアを蹴破ってしまう。部屋からは、これまでの被害者の写真とヴィクターの自宅の捜査をしていたとき撮られたミルズの写真が発見された。男は報道カメラマンを装い、大胆にもヴィクターの自宅アパートに現れていたのだ。警察関係者がジョン・ドウの部屋を調べるが部屋からは指紋が一つも見つからなかったが、ジョン・ドウが自宅に警察への賞賛の言葉と計画変更を告げる挑戦的な電話をかける。ほどなく娼婦が、第4の殺人『LUST=肉欲』として殺害され、さらに第5の殺人『PRIDE=高慢』では、美人モデルが顔面を切り裂かれ、悲観の末に自ら命を絶った。

 そんな中、2人が勤務する警察署にジョン・ドウが突然自首してくる。ジョン・ドウは取調べを受けるが彼は指の指紋を全部そぎ落としており、さらには学歴や職歴、家具や銃、資金の入手経路まで一切不明の男であることも判明した。残るは『ENVY=嫉妬』と『WRATH=憤怒』のみだが・・・。



トレーラー


オープニング・クレジット


星ひと口コメント
独特の映像と音響を使用した作品です。


原題:Seven(劇中の表記は「Se7en」)
公開:1995年(アメリカ)、1996年(日本)
製作国:アメリカ
配給:ギャガ・コミュニケーションズ
上映時間:127分


星キャスト
ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロー、ケビン・スペイシー、ジョン・C・マッギンリー、リチャード・ラウンドトリー、R・リー・アーメイ、ダニエル・ザカパ、リチャード・シフ、マーク・ブーン・Jr、アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー、ジョン・カッシーニ、ボブ・マック、ピーター・クロンビー、レグ・E・キャシー、ジョージ・クリスティ、リチャード・ポートナウ、ハイジ・シャンツ、エミリー・ワグナー、リーランド・オーサー


星スタッフ
監督:デヴィッド・フィンチャー
製作総指揮:ジャンニ・ヌナリ、ダン・コルスルッド、アン・コペルソン
製作:アーノルド・コペルソン、フィリス・カーライル
脚本:アンドリュー・ケヴィン・ウォーカー
音楽:ハワード・ショア
撮影:ダリウス・コンジ
編集:リチャード・ブランシス=ブルース
美術:アーサー・マックス
特殊メイク:ロブ・ボッティン


星受賞歴
第39回(1996年)ブルーリボン賞:外国作品賞
第21回(1996年)報知映画賞:海外作品賞
第1回(1996年)日本インターネット映画大賞:外国映画部門(作品賞)


セブン [DVD]セブン [DVD]
(2007/11/02)
ケビン・スペイシーグウィネス・パルトロウ

商品詳細を見る

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。