スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 P.S. アイラヴユー 》

P.S. アイラヴユー
 2008年に日本公開のアメリカ映画。最愛の夫ジェリーを亡くし、絶望に打ちひしがれる妻・ホリーのもとに、ある日ジェリーからのメッセージが届く。それから次々と様々な方法でホリーのもとに届けられる“消印のない”手紙。最愛の夫を失った悲しみと、最愛の人に出会えた幸せをかみしめながら、友情、そして家族の愛に支えられ、ホリーは徐々に生きる力を取り戻していく・・・。

 監督:リチャード・ラグラヴェネーズ/出演:ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラー、リサ・クドロー 他。


星解説
 最愛の夫に先立たれた悲しみと、亡き夫から届いた10通の手紙に驚きと戸惑いを感じながらも勇気と希望を与えられ、新たな人生を見出していき、新たなスタートを切るまでの葛藤を描く。ニューヨークの街並みとアイルランドの広大な風景がヒロインを包み込む。物語の後半、亡きジェリーからの“消印のない10通の手紙”に従い、ホリーたちが旅するアイルランドの山野とそこに暮らす人々の心は、筆舌に尽しがたい美しさで印象を残す。
 
 元アイルランド首相を父に持つ女性作家セシリア・アハーンが、弱冠21歳で書き上げたデビュー作で、40か国以上でベストセラーとなった恋愛小説を映画化。『マディソン郡の橋』のリチャード・ラグラヴェネーズが脚本。

P.S. アイラヴユー


星あらすじ
 アメリカはニューヨーク市マンハッタンでホリー(ヒラリー・スワンク)は、陽気で情熱的なアイルランド人の夫ジェリー(ジェラルド・バトラー)とつましくも幸せに暮らしていた。だがある日突然、最愛の夫ジェリーは脳腫瘍でこの世を去ってしまう。

 それ以来、ホリーは悲しみのあまり電話にも出ず、彼の死を受け入れられず、絶望に打ちひしがれ、引きこもり状態となる。友人たちはホリーを元気付けようとするが、ホリーはどうしても幸せだった日々を忘れられない。

2010-3-5_3.jpg

 やがてホリーの30歳の誕生日がやってきた。届いた贈物の箱を開けてみると、テープレコーダーに入ったジェリーからのメッセージ。翌日、メッセージの通り、ホリーに亡き夫から消印のない1通の手紙が届く。その手紙の差出人は亡き夫だった。
 
 それから毎月1日になると、夫から消印のないプレゼントやアドバイスが届けられてくる。少しずつ元気を取り戻していくホリーは、導かれるまま亡き夫と出会った彼の故郷であるアイルランドへ旅立つ。

 やがて最後の手紙を受け取るとともに、手紙の正体を知る・・・。



トレーラー


主題歌:Same Mistake(ジェームス・ブラント)


星ひと口コメント
切なさと暖かさが心に響きながら伝わってくる作品です。


原題:P.S. I Love You
公開:2007年(アメリカ)、2008年(日本)
製作国:アメリカ
配給:ムービーアイ/東宝東和
上映時間:126分


星キャスト
ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラー、リサ・クドロー、ハリー・コニック・Jr.、ジーナ・ガーション、ジェフリー・ディーン・モーガン、キャシー・ベイツ


星スタッフ
監督:リチャード・ラグラヴェネーズ
原作:セシリア・アハーン
製作:ウェンディ・フィネルマン、ブロデリック・ジョンソン、アンドリュー・A・コソーヴ、モリー・スミス
製作総指揮:ジョン・H・スターク、リサ・ズパン、ジェームズ・ホランド、ドナルド・A・スター、ダニエル・J・B・テイラー
脚本:リチャード・ラグラヴェネーズ、スティーヴン・ロジャース
撮影:テリー・ステイシー
プロダクションデザイン:シェパード・フランケル
衣装デザイン:シンディ・エヴァンス
編集:デヴィッド・モリッツ
音楽:ジョン・パウエル
音楽監修:メアリー・ラモス


星主題歌
ジェームス・ブラント「Same Mistake (PSILY ver.)」(主題歌)
徳永英明「小さな祈り~P.S.アイラヴユー」(日本語版テーマソング)


P.S.アイラヴユー [Blu-ray]P.S.アイラヴユー [Blu-ray]
(2009/03/25)
ヒラリー・スワンクジェラルド・バトラー

商品詳細を見る

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 恋愛]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。