スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《ブリット》

ブリット
 1968年に公開のアメリカ映画。証言台に立つためにサンフランシスコへやってくるギャング、ジョニーの護衛を頼まれたブリット。しかし、ジョニーが何者かに殺されてしまう。そんな中ブリットは、護衛の依頼主の不審な行動に目を付け、執拗な捜査を開始する・・・。アカデミー賞では、編集賞を受賞したカーチェイスが今も語り継がれる刑事アクションの傑作。

 監督:ピーター・イェーツ/出演:スティーヴ・マックィーン、ジャクリーン・ビセット、ロバート・ヴォーン、ロバート・デュヴァル 他。


head_star.gif解説
 流麗にしてスタイリッシュなタイトルバック、そしてラロ・シフリンのジャジーなサウンドトラック、ファッションセンスやドライビングテクニックなどスティーブ・マックィーンのニヒルな魅力にクールな演技のかっこよさが際立つ。意外なストーリー展開にタイトなアクション描写にシャープな演出とクライマックスの空港での追跡劇など、ピーター・イェーツらしい切れのいい演出、すべてが絶妙なコラボレーションを奏でて一級の作品を作りあげた。イギリスの監督ピーター・イェーツのハリウッドデビュー作品である。

 スティーブ・マックィーンが運転する1968年型フォード・マスタングGT390と敵の1968年型ダッジ・チャージャーによるサンフランシスコの急斜面を利用した公道で繰り広げたスタントなしのカーチェイスシーンはこの映画のハイライトでもあり、坂道の多いサンフランシスコを舞台に設定したことも相まって、その後のカーアクション映画に大きな影響をもたらしたエポック的作品でもある。

ブリット


head_star.gifあらすじ
 やくざ者のジョニーは仲間を裏切り、200万ドルを持ち逃げした。その彼が目ざすはサンフランシスコ。少壮政治家チャルマース(ロバート・ヴォーン)が、もしジョニーが上院で証言台に立ってくれれば身柄を保護してやろうと確約してくれたからだ。

 しかしサンフランシスコにやって来たジョニーはニセ者だった。彼の本名はレニック。夫婦そろってのヨーロッパ旅行を報酬に身替わりになったのだ。そうとは知らず敏腕刑事ブリット(スティーブ・マックィーン)は、彼の護衛役をつとめた。

ブリット

 だが、ある夜ブリットが恋人キャシー(ジャクリーン・ビゼット)に会いに行っている最中、ニセのジョニーは2人の男に射たれ重傷を負った。病院にかつぎこまれたが、そこでも、あやしげな男たちが、常につきまとう。

 チャルマースはブリットの失態を責めるが、何故かブリットはチャルマースの行動に疑問を抱く。政治的野心のためのなにかを……。医師の努力もむなしくニセのジョニーは死んだ。だがブリットは、彼がまだ生きていると見せかけて病院の外に運び出した。

ブリット

 2人の殺し屋がブリットを追い、サンフランシスコの急坂道で、すさまじい追跡が展開。一方、チャルマースは、ブリットをこの事件から手をひかせようと懸命だった。だがブリットはひるまず事件の究明を続け、死んだジョニーはニセ者だったことを知った。

 そしてヨーロッパ旅行を楽しみにしていた彼の妻も殺されていた。彼女のカバンの中にはトラベル・チェックが入っていた。ブリットの勘がひらめく。本物のジョニーはヨーロッパへ行く!空港だ!広い夜の空港を逃走するジョニー。追うブリット・・・。

≪キネマ旬報より抜粋≫



トレーラー


カーチェイス・シーン


メイン・タイトル(ラロ・シフリン)


シフティング・ギアー(ラロ・シフリン)


head_star.gifひと口コメント
マックイーン自身がフォード・マスタングを運転したカーチェイスは臨場感や迫力があり、カーアクションの魁です。


原題:Bullitt
公開:1968年
製作国:アメリカ
配給:ワーナー・ブラザーズ
上映時間:114分


head_star.gifキャスト
スティーヴ・マックィーン、ジャクリーン・ビセット、ロバート・ヴォーン、ドン・ゴードン、サイモン・オークランド、ロバート・デュヴァル、ノーマン・フェル、ジョーグ・スタンフォード・ブラウン、ジョン・アプリア、ビル・ヒックマン、ジャスティン・ター、フェリス・オーランディ、ヴィク・タイバック、ロバート・リプトン


head_star.gifスタッフ
監督:ピーター・イェーツ
製作総指揮:ロバート・E・レリア
製作:フィリップ・ダントニ
原作:ロバート・L・パイク
脚本:アラン・R・トラストマン、ハリー・クライナー
撮影:ウィリアム・A・フレイカー
編集:フランク・P・ケラー
音楽:ラロ・シフリン


head_star.gif受賞歴
第41回アカデミー賞:編集賞(フランク・P・ケラー)


ブリット [DVD]
ブリット [DVD]
Bullitt (1968 Film) サウンドトラック
Bullitt (1968 Film) サウンドトラック

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 刑事]

コメント

Britt? Bullitt?

子供の頃。「荒野の七人」を見た後に、マックィーン主演の映画「ブリット」の存在を知る。
「荒野の七人」の中でジェームズ・コバーンが演じたブリットと同じ名前だなと思う。
しかし、最近になってネットで検索して「スペルが違う。」と苦笑する。
約20年前。「映画 無用の雑学知識」を読む。
サンフランシスコの坂道でおよそ15分間のカーチェイス。
マックィーンの車が青のフォルクスワーゲンを4回追い越す。4回とも同じワーゲン・・・・・。
長い間そんなこぼれ話だけを知ったままでした。

ちょっと前にBSで「ブリット」を見ました。
マックィーンは期待を裏切りません。かっこいいですね!
銃を撃つ場面も、カーチェイスの場面も。

「大脱走」ではジェームズ・コバーンやチャールズ・ブロンソンとの同窓会。
「ブリット」ではロバート・ヴォーンとの同窓会。
ロバート・ヴォーンって、こう言う政治家の役が似合います。
「荒野の七人」のメンバーで唯一健在。

この映画におけるジャクリーン・ビゼットって意外に影が薄いのが不思議です。

間諜X72さんへ

コメントありがとうございます。

> 「荒野の七人」の中でジェームズ・コバーンが演じたブリットと同じ名前だなと思う。
そういえばそうでしたね。
スペルが違うのですか。知らなかったです。

マックィーンの車が、4回とも同じワーゲンを追い越していたのですね。
いろいろ面白い雑学をありがとうございます。
マックィーンは、かっこいいですね!

「荒野の七人」のメンバーで健在なのは、ロバート・ヴォーンだけですね・・・さびしい限りです。

> この映画におけるジャクリーン・ビゼットって意外に影が薄いのが不思議です。
そうですね。マックィーンの印象が強いのでしょうね(笑)
それでは、またのご訪問をお待ちしております。

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。