スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 エターナル・サンシャイン 》

映画 《 エターナル・サンシャイン 》
 ミシェル・ゴンドリー監督によるラヴ・ストーリー。アカデミー賞では脚本賞を受賞。バレンタイン目前のある日。ジョエル(ジム・キャリー)は不思議な手紙を受け取る。『クレメンタインはジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。-ラクーナ社-』クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)はジョエルが最近喧嘩別れしてしまった恋人。仲直りしようと思っていた矢先に、彼女が自分との記憶を消去してしまったことを知りショックを受ける……。

 監督:ミシェル・ゴンドリー/出演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト 他。

本編が、下の方にあります。よろしければどうぞ。

星解説
 不思議な手紙により、ケンカ別れした恋人が自分との記憶を消したことを知った男が、自らも彼女との記憶を消そうと治療するうちに楽しく幸せだったった日々を辿っていく姿をユニークかつ斬新な手法で切なく描いている。原題は、劇中でメアリーが暗唱するアレキサンダー・ポープの詩にちなむ。

映画 《 エターナル・サンシャイン 》


星あらすじ
 バレンタイン目前のある日、ジョエル(ジム・キャリー)は、最近ケンカ別れした恋人のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)が、自分との記憶を全部消してしまったという不思議な手紙を受け取る。ショックを受けたジョエルは、自らもクレメンタインとの波乱に満ちた日々を忘れようと、記憶除去を専門とするラクーナ医院の門を叩く。

映画 《 エターナル・サンシャイン 》

 ハワード・ミュージワック博士(トム・ウィルキンソン)が開発したその手術法は、一晩寝ている間に、脳の中の特定の記憶だけを消去できるというもの。さっそく施術を受けるジョエル。技師のパトリック(イライジャ・ウッド)、スタン(マーク・ラファロ)、メアリー(キルスティン・ダンスト)が記憶を消していく間、無意識のジョエルは、クレメンタインと過ごした日々を逆回転で体験する。

映画 《 エターナル・サンシャイン 》

 しかしやがて、ジョエルは忘れたくない素敵な時間の存在に気づき、手術を止めたいと思うようになるが、そのまま手術は終わる。そして朝。家を出たジョエルは、衝動的に仕事をさぼって海辺へと向かい、そこでクレメンタインと出会う……。
≪キネマ旬報より抜粋≫



予告編


Everybody's Gotta Learn Sometimes(Beck)


Theme(ジョン・ブライオン)


原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind
製作年:2004年
公開年:2005年
製作国:アメリカ
配給:ギャガ=ヒューマックス
上映時間:107分


星キャスト
ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、マーク・ラファロ、イライジャ・ウッド、トム・ウィルキンソン、ジェリー・ロバート・バーン、トーマス・ジェイ・ライアン、ジェーン・アダムス、デヴィッド・クロス


星スタッフ
監督:ミシェル・ゴンドリー
製作総指揮:デヴィッド・ブシェル、チャーリー・カウフマン、ジョルジュ・ベルマン、グレン・ウィリアムソン
製作:アンソニー・ブレグマン、スティーヴ・ゴリン
原案:チャーリー・カウフマン、ミシェル・ゴンドリー、ピエール・ビスマス
脚本:チャーリー・カウフマン
撮影:エレン・クラス
美術:ダン・リー
衣装:メリッサ・トス
編集:ヴァルディス・オスカードゥティル
音楽:ジョン・ブライオン


星受賞歴
第77回アカデミー賞:脚本賞(チャーリー・カウフマン、ミシェル・ゴンドリー、ピエール・ビスマス)
第58回英国アカデミー賞:オリジナル脚本賞(チャーリー・カウフマン)/編集賞(ヴァルディス・オスカードゥティル)


エターナルサンシャイン DTSスペシャル・エディション [DVD]
エターナルサンシャイン DTSスペシャル・エディション [DVD]
エターナル・サンシャイン [Blu-ray]
エターナル・サンシャイン [Blu-ray]

エターナル・サンシャイン オリジナル・サウンドトラック
エターナル・サンシャイン オリジナル・サウンドトラック



FC2映画】【人気映画】【映画動画】【動画吹替】【名作映画

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 恋愛]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。