スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 レナードの朝 》

映画 《 レナードの朝 》
 ペニー・マーシャル監督によるヒューマン・ドラマ。1920年代に流行した嗜眠性脳炎によって30年もの間、半昏睡状態のレナードは意識はあっても話すことも身動きもできない。彼に強い関心を抱いた新任ドクターのセイヤーは、レナードに試験的な新薬を投与し、機能回復を試みる。そしてある朝、レナードは奇跡的な“目覚め”を迎えた……。

 監督:ペニー・マーシャル/出演:ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズ、ジュリー・カヴナー 他。


星解説
 30年にわたる昏睡から目覚めた難病に苦しむ患者・レナードとその治療に精魂を傾ける医師の交流を通して人間の尊厳についての問いかけを美しく描いている。アカデミー賞俳優、ロバート・デ・ニーロとロビン・ウィリアムズ初共演をした。自らも精神科医のオリヴァー・サックスの実体験による実話を基にした著作の医療ノンフィクションを原作としている。

 本作は1990年に「AWAKENINGS」として、内容を再構成したフィクションという形で映画化した。実話である原作では20名の患者全てに対する記述が行われているが、本作は原作に基づくフィクションであり、レナードに対する描写が主である。患者が示す症状は必ずしも科学的に正確でないが、名演技等が非常に高く評価された。1982年にイギリスでハロルド・ピンターが、原作を基にした戯曲『いわばアラスカ』を執筆している。

映画 《 レナードの朝 》

星あらすじ
 1969年、ブロンクス。慢性神経病患者専門のベインブリッジ病院に赴任してきたマルコム・セイヤー(ロビン・ウィリアムズ)は無口で風変わりな男だったが、患者に対する態度は真剣で、彼らが話すことも動くこともできないものの、まだ反射神経だけは残っていることを発見すると、訓練によって患者たちに生気を取り戻すことに成功し、その熱意は治療をあきらめかけていた看護婦のエレノア(ジュリー・カヴナー)の心をさえ動かしていった。そんなセイヤーの患者の中でも最も重症なのがレナード・ロウ(ロバート・デ・ニーロ)だった。

映画 《 レナードの朝 》

 彼は11歳の時発病し、30年前にこの病院に入院して以来、意識だけはあるものの半昏睡状態で寝たきりの生活なのである。何とか彼を救おうとしたセイヤーはまだ公式に認められていないパーキンソン氏病患者用のLドーパを使ってレナードの機能回復を試みる。そしてある朝、ついにレナードはめざめを迎えた。ベッドから起き上がり、セイヤーに連れられて30年ぶりに街に出たレナードにとって見るものすべてが驚きだった。その効果に意を強くしたセイヤーは上司に他の患者にも新薬を使うことを申し出て、病院のスタッフの協力によって投薬が始まった。

映画 《 レナードの朝 》

 そしてある夜のこと、セイヤーはベッドから次々と起き上がる患者たちの姿を見るのだった。一方、完全に機能を回復したレナードだったが、彼が病院に見舞いにきたポーラ(ペネロープ・アン・ミラー)に生まれて初めての恋をしたことから問題が起こる。1人だけで外出したいというレナードに医師団は反対し、それに反発したレナードは怒りからか、再び病状の悪化が始まってしまう。しだいに狂暴になるレナードをセイヤーですら押さえ切れなくなる……。
≪キネマ旬報より抜粋≫



トレーラー


『ドクター・セイヤー』


原題:Awakenings
製作年:1990年
公開年:1991年
製作国:アメリカ
配給:コロムビア・トライスター
上映時間:120分


星キャスト
ロバート・デ・ニーロ、ロビン・ウィリアムズ、ジュリー・カヴナー、ルース・ネルソン、ジョン・ハード、ペネロープ・アン・ミラー、マックス・フォン・シドー


星スタッフ
監督:ペニー・マーシャル
製作総指揮:ペニー・マーシャル、アルネ・シュミット、エリオット・アボット
製作:ウォルター・F・パークス、ローレンス・ラスカー
原作:オリヴァー・サックス
脚本:スティーヴン・ザイリアン
撮影:ミロスラフ・オンドリチェク
編集:ジェラルド・B・グリーンバーグ
音楽:ランディ・ニューマン


星受賞歴
第56回ニューヨーク映画批評家協会賞:男優賞(ロバート・デ・ニーロ)


レナードの朝 [DVD]
レナードの朝 [DVD]
オリジナル・サウンドトラック レナードの朝
オリジナル・サウンドトラック レナードの朝

レナードの朝 (サックス・コレクション) [単行本]
レナードの朝 (サックス・コレクション) [単行本]

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。