スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 砲艦サンパブロ 》

映画 《 砲艦サンパブロ 》
  ロバート・ワイズ監督の傑作アメリカ映画。中国人による排外運動が激化する1926年上海。米国サンパブロ号に赴任した一等機関士ジェイクは、中国人と良心的に接するが、それは中国人からも米国水兵からも反感を買うだけだった。外人の中国人蔑視と中国人の外人憎悪は激しく、彼を信頼する中国人助手は裏切り者扱いされ、中国人女性と愛し合う親友の水兵は無残な死を遂げる。そして、宣教師一行の救出を名目に、遂に砲艦は中国軍との戦闘に突入してしまう……。

 監督:ロバート・ワイズ/出演:スティーヴ・マックィーン、リチャード・クレンナ、キャンディス・バーゲン、リチャード・アッテンボロー 他。


星解説
 激動の時代1926年の中国上海を舞台に、アメリカ海軍の砲艦サンパブロ艦内の人間模様を中心に良心を貫こうとする水兵の姿を通して文明の確執と戦争の愚かさを描いている。題材を第二次大戦前の中国にとりながらも、製作当時激しさを増していたベトナム戦争への強烈な批判が見てとれる。

 後に小説家として知られるエマニュエル・アルサンがマラヤット・アンドリアンの名で出演している。リチャード・マッケナによる1962年の同名小説を原作としている。

映画 《 砲艦サンパブロ 》


星あらすじ
 1926年。中国統一を夢みる中国人の排外思想が激しくなり、デモが暴徒と化していた。列国は揚子江沿岸の権益と人命財産を守るため艦艇を出動させていたが、アメリカの砲艦サンパブロ号もその1つであった。ある日その砲艦にホルマン(スティーヴ・マックィーン)という1等機関兵が赴任して来た。彼は旅の途中、伝道学校の教師としてアメリカからはるばるやって来た美しい女性シャーリー(キャンディス・バーゲン)と親しくなった。そして彼女の魅力にひかれたが、そのまま別れてサンパブロ号の一員となったのである。彼は意外にも砲艦が中国人の支配下にあり、コリンズ艦長(リチャード・クレンナ)でさえままならぬ状態にいることを知り、機関室だけでも自分が責任を持とうとしたが、中国人乗組員は彼に非難の目を向け、それを阻止した。

映画 《 砲艦サンパブロ 》

 ホルマンが艦内で親しくなったのはフレンチー(リチャード・アッテンボロー)だけで、ふたりはよく一緒に上陸しては酒場へ出かけた。フレンチーは酒場の女メイリー(マラヤット・アンドリアン)が好きになり、何とか彼女を見受けしたいと考えた。そんな時揚子江沿岸の事態が急に悪化しアメリカ宣教師ジェームソンが阿片を栽培した罪で国民軍に捕らえられた。アメリカ側と中国側との折衝がなって、彼は許されたが伝道団の人々は軍に保護されることを拒絶した。艦は彼らを残し上海へ引揚げることになった。

映画 《 砲艦サンパブロ 》

 一方フレンチーもホルマンの協力でライバルたちを一蹴し、メイリーと結婚した。いよいよ中国民の示威運動が激烈になり、サンパブロ号もついに動けなくなってしまった。何カ月もそんな状態が続いた。暴徒の手は身重のメイリーの上にも及び彼女は空しく死んでいった。そして蒋介石が南京を占拠、米海兵隊の上海上陸の報が入ると、コリンズ艦長は名誉回復をせんものと宣教師たちの救出に向かった。しかし団長のジェームソンは伝道団は絶対中立だと主張して動かなかった……。
≪キネマ旬報より抜粋≫



トレーラー


`Jake and Shirley` サウンドトラック


主題歌 "愛しあったふたり"(歌:マット・モンロー)


原題:The Sand Pebbles
製作年:1966年
公開年:1967年
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス
上映時間:195分


星キャスト
スティーヴ・マックィーン、リチャード・クレンナ、キャンディス・バーゲン、リチャード・アッテンボロー、マコ、サイモン・オークランド、フォード・レイニー、マラヤット・アンドリアン、ラリー・ゲイツ、チャールズ・ロビンソン


星スタッフ
監督:ロバート・ワイズ
製作:ロバート・ワイズ
原作:リチャード・マッケナ
脚本:ロバート・アンダーソン、ロバート・ワイズ
撮影:ジョセフ・マクドナルド
編集:ウィリアム・レイノルズ
音楽:ジェリー・ゴールドスミス


星受賞歴
第24回ゴールデン・グローブ賞:助演男優賞(リチャード・アッテンボロー)


砲艦サンパブロ [DVD]
砲艦サンパブロ [DVD]
砲艦サンパブロ [Blu-ray]
砲艦サンパブロ [Blu-ray]

Ost: Sand Pebbles
Ost: Sand Pebbles

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。