スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 サウンド・オブ・ミュージック 》

映画 《 サウンド・オブ・ミュージック 》
 ロバート・ワイズ監督による傑作ミュージカル映画。アカデミー賞では、作品賞、監督賞、ミュージカル映画音楽賞、音響賞、編集賞の5部門を受賞した名作。歌を愛する修道女見習いのマリアは、トラップ家の7人の子供達の家庭教師となる。軍隊式の規律で守られた厳格な家庭に戸惑うマリア。だが持ち前の明るさと歌で、子供達の心を開いていく。再び明るい笑顔が戻ったトラップ一家。だが、ナチス台頭に揺れる時代の波が一家にも襲いかかる……。

 監督:ロバート・ワイズ/出演:ジュリー・アンドリュース、クリストファー・プラマー、エリノア・パーカー 他。


星解説
 第二次世界大戦中のオーストリアを舞台に、トラップ家の子供たちと家庭教師の修道女との音楽を通して心の交流や心のふれあいを映し出し、家族愛の美しさを描いている。オーストリアのザルツカンマーグートで撮影され、冒頭での70ミリ大画面を利用した、アルプスからザルツブルクまでの空中撮影シーンが見事である。


 第2次大戦前夜の実話がもとになった、マリア・フォン・トラップの自叙伝『トラップ・ファミリー合唱団物語』を原作に、リチャード・ロジャース&オスカー・ハマースタイン二世のブロードウェイでの大ヒットミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』を映画化された。本作は、史実とは異なる点が多々ある。

映画 《 サウンド・オブ・ミュージック 》

 原作者のマリア・フォン・トラップ本人がワンシーンだけ通行人として出演している。地元のザルツブルクを含むドイツ語圏ではヒットしなかった。修道女の一人、シスター・ソフィア役はミュージカル映画の歌の吹き替えで有名なマーニ・ニクソンである。当時20世紀フォックス社は、巨費と歳月をかけた超大作「クレオパトラ」の失敗で倒産も囁かれていたが、本作の大成功により経営を立て直すことができた。収入はアメリカだけでも7900万ドル、これは当時の配給収入記録の最高額である。

 本作品は2001年にアメリカ国立フィルム登録簿に新規登録された。

映画 《 サウンド・オブ・ミュージック 》


星あらすじ
 志願修道女のマリア(ジュリー・アンドリュース)は歌が大好きだった。ある日彼女は院長の命令で、7人の子供がいる、やもめの退役海軍大佐トラップ(クリストファー・プラマー)家の家庭教師となった。トラップ家の古風で厳格な教育方法に対しマリアは彼女一流の音楽教育を始めた。大佐が婚約者の男爵夫人を迎えにウィーンに旅立った後、マリアは子供たちに音楽の楽しさ、歌うことのすばらしさを教えた。

映画 《 サウンド・オブ・ミュージック 》

 帰宅した大佐は子供たちの変りように驚きマリアを責めたが、子供たちの美しいコーラスを聞いた時、心ならずも忘れていた音楽を愛した昔を思い出した。数日後トラップ家でパーティが開かれた。その頃オーストリアでもナチの勢力は日増しに強くなり、広間に飾られたオーストリア国旗はナチ派の非難のまとだった。マリアは大佐と踊ったとき、彼を愛しているのに気づき修道院に帰った。しかし院長に励まされ、再びトラップ家に帰ったが、そこには大佐と男爵夫人の婚約発表が待っていた。

映画 《 サウンド・オブ・ミュージック 》

 だが、子供たちはなつかず、大佐がマリアを愛しているこを知った夫人はひとりウィーンに旅立った。大佐とマリアは結婚した。大佐の友人マックスは彼らを音楽祭りに出場させることにした。ハネムーンから帰った大佐を待っていたのはヒットラーからの召集令状だった。祖国への愛を裏切れない彼に残された唯一の道それは亡命だった……。
≪キネマ旬報より抜粋≫



トレーラー


"撮影された場所 ツアー" サウンドトラック


ひとりぼっちの羊飼い (マリアと子供たち)


エーデルワイス


原題:The Sound of Music
製作年:1965年
公開年:1965年
製作国:アメリカ
配給:20世紀フォックス
上映時間:174分


星キャスト
ジュリー・アンドリュース、クリストファー・プラマー、エリノア・パーカー、リチャード・ヘイドン、ペギー・ウッド、アンナ・リー、チャーミアン・カー、ニコラス・ハモンド、ヘザー・メンジース、デュエン・チェイス、アンジェラ・カートライト、デビー・ターナー、キム・カラス、ポーティア・ネルソン、ベン・ライト、ダニエル・トゥルーヒット、ノーマ・ヴァーデン


星スタッフ
監督:ロバート・ワイズ
製作:ロバート・ワイズ、ソウル・チャップリン
原作:マリア・フォン・トラップ
脚本:アーネスト・レーマン
撮影:テッド・マッコード
特殊効果:L・B・アボット
プロダクションデザイン:ボリス・レヴェン
衣装デザイン:ドロシー・ジーキンス
編集:ウィリアム・レイノルズ
音楽:リチャード・ロジャース、オスカー・ハマースタイン二世、アーウィン・コスタル
舞台装置:ルビー・レヴィット、ウォルター・M・スコット


星受賞歴
第38回アカデミー賞:作品賞/監督賞(ロバート・ワイズ)/ミュージカル映画音楽賞(アーウィン・コスタル)/音響賞(James P .Corcoran、Fred Hynes)/編集賞(ウィリアム・レイノルズ)
第23回ゴールデン・グローブ賞:作品賞(コメディ/ミュージカル)/女優賞(コメディ/ミュージカル)(ジュリー・アンドリュース)


サウンド・オブ・ミュージック 製作45周年記念HDニューマスター版 (初回生産限定) [DVD]
サウンド・オブ・ミュージック 製作45周年記念HDニューマスター版  (初回生産限定) [DVD]
サウンド・オブ・ミュージック 製作45周年記念HDニューマスター版:ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray]
サウンド・オブ・ミュージック 製作45周年記念HDニューマスター版:ブルーレイ&DVDセット  (初回生産限定) [Blu-ray]

「サウンド・オブ・ミュージック」オリジナル・サウンドトラック
「サウンド・オブ・ミュージック」オリジナル・サウンドトラック
サウンド・オブ・ミュージック (Modern Classic Selection) [単行本]
サウンド・オブ・ミュージック (Modern Classic Selection) [単行本]

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。