スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 アダムス・ファミリー 》

映画 《 アダムス・ファミリー 》
 バリー・ソネンフェルドが監督によるコメディ映画。城のような館に住む、当主ゴメス、妻モーティシア、子供のウェンズデーとパグズリー、モーティシアの母グラニー、それに物言わぬ執事ラーチとハンド君(手)のアダムス・ファミリー。そこへ長い間行方不明だったゴメスの兄、フェスターが帰ってきた。大喜びする一家。だがそれは、アダムス一家のばく大な財産を狙う、悪玉たちのワナだった……。

 監督:バリー・ソネンフェルド/出演:アンジェリカ・ヒューストン、ラウル・ジュリア、クリストファー・ロイド 他。


星解説
 丘の上に住む大金持ちの不思議で不気味な、おばけ一家が巻き起こす普通ではない生活の騒動をコミカルに描いている。バリー・ソネンフェルドは本作品が、監督デビューとなる。シリーズ第1作になった本作の後、1993年に第2作「アダムス・ファミリー2」、1999年にはキャストを一新した「アダムス・ファミリー サン 再結集」も製作された(ハンド(Thing)のみキャスト変更されず続投している)。

映画 《 アダムス・ファミリー 》

 1930年代の雑誌『ニューヨーカー』で人気を呼んだ、チャールズ・アダムスの同名漫画を原作としている。60年代には『アダムスのお化け一家』のタイトルでテレビドラマシリーズとなり、大ヒットした。1970年代にも『アダムスのお化け一家』のタイトルでアニメーション作品がアメリカで放送された。

映画 《 アダムス・ファミリー 》


星あらすじ
 鉄の門に閉ざれた館。ここには不気味なアダムス一家が住んでいる。当主のゴメス(ラウル・ジュリア)と妻のモーティシア(アンジェリカ・ヒューストン)、彼らの子供たちウェンズデー(クリスティーナ・リッチ)とパグズリー(ジミー・ワークマン)、モーティシアの母グラニー(ジュディス・マリーナ)、執事のラーチ(カレル・ストリッケン)、そして「ハンドくん」と呼ばれる切断された手…。一家の弁護士タリー(ダン・ヘダヤ)は借金で首が回らず、高利貸しのアビゲイル(エリザベス・ウィルソン)にそそのかされてアダムス家の財産を狙っていた。

映画 《 アダムス・ファミリー 》

 アビゲイルの息子ゴードン(クリストファー・ロイド)が25年間行方不明になっているゴメスの兄フェスターにそっくりなのに目をつけ、彼をフェスターに仕立て上げて一家を乗っ取ろうというのだ。そんなこととは知らないゴメスは兄との再会に大喜びだが、長女ウェンズデーだけは疑いの目を向ける。秘かに一家の財産のありかを捜すうち、子供たちもゴードンになついてくるが、一家でパーティーが開かれた日、ウェンズデーにアビゲイルとの会話を聞かれてしまう。ゴードンたちに追われてウェンズデーは、墓地に逃げる。

映画 《 アダムス・ファミリー 》

 ウェンズデーの姿が見えないことを心配したアダムス一家が総出で彼女を捜すうち、タリーとアビゲイルによって邸から締め出されてしまう。裁判で一家の財産はニセのフェスターに渡る判決が出されてしまったのだ。仕方なく一家はそれぞれ仕事を始めたが、すっかり元気をなくしたゴメスに見かねてモーティシアは、アダムス邸に向かうがあえなく捕まってしまう……。
≪キネマ旬報より抜粋≫



トレーラー


主題歌:“Addams Groove”M・C・ハマー


サウンドトラック


原題:The Addams Family
製作年:1991年
公開年:1992年
製作国:アメリカ
配給:コロンビア・トライスター
上映時間:100分


星キャスト
アンジェリカ・ヒューストン、ラウル・ジュリア、クリストファー・ロイド、ダン・ヘダヤ、エリザベス・ウィルソン、ジュディス・マリナ、クリスティナ・リッチ、ジミー・ワークマン、カレル・ストルイケン


星スタッフ
監督:バリー・ソネンフェルド
製作:スコット・ルーディン
製作総指揮:グレアム・プレイス
キャラクター創造:チャールズ・アダムズ
脚本:キャロライン・トンプソン、ラリー・ウィルソン
撮影:オーウェン・ロイズマン
音楽:マーク・シェイマン
主題歌:M・C・ハマー“Addams Groove”


星受賞歴
第12回ラジー賞:ワースト音楽賞「Addams Groove」
第20回アボリアッツ・ファンタスティック映画祭:20回記念賞


The Addams Family [DVD]
The Addams Family [DVD]

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。