スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 ラスト、コーション 》

映画 《 ラスト、コーション 》
 ヴェネチア国際映画祭では、金獅子賞、金オゼッラ賞(撮影)を受賞したアン・リー監督によるラブ・サスペンス映画。日本占領下の1942年の上海で、抗日運動に参加している美女スパイ、ワンは、敵対する特務機関のリーダー、イーを暗殺するために近づいた。その魅力で彼の愛人になることに成功し、逢瀬を重ねていくワンとイー。やがて2人は、死と隣り合わせの日常から逃れるように激しくお互いを求め合うようになる……。

 監督: アン・リー/出演:トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン 他。


星解説
 日本軍占領下の上海と香港を舞台に、抗日運動家の美女スパイが、敵対する日本軍と手を組む特務機関リーダーの男を暗殺すべく、色仕掛けで接近していく中で互いを求め合うようになるふたりの愛の葛藤を描いている。

 激しい性描写が話題となり、アメリカではNC-17指定、日本ではR-18指定、中国では7分間短縮されたバージョンが公開されている。張愛玲(ちょう あいれい、アイリーン・チャン)原作の小説『惘然記』に収められた短編小説「色・戒」を原作としている。

映画 《 ラスト、コーション 》


星あらすじ
 1938年。日本軍の中国侵攻から逃れ、香港に集団移住した女子学生ワン・チアチー(タン・ウェイ)は、香港大学の演劇部でレジスタンス派の学生クァン・ユイミン(ワン・リーホン)に出会った。仲間たちと共に抗日運動グループを組織したクァンは、日本の傀儡政府、ワン・ジンウェイ政権のスパイのトップ、イー(トニー・レオン)の暗殺計画を立てる。そのためワンはマイ夫人と名乗り、スパイとしてイーに接近することを志願した。

映画 《 ラスト、コーション 》

 ワンは任務に徹するため、思い合うクァンとではなく、仲間内で唯一女性経験のあるリャン(クー・ユールン)と初めての性体験を済ませ、暗殺実行に備えた。しかしその矢先、イーが大臣に昇進して上海に行くという報せが。未遂に終わり落胆するクァンたち。さらに計画を知ったイーの手下であるツァオ(チン・ガーロウ)を殺害してしまった衝撃から、仲間たちは散り散りになってしまった。時は流れ1942年、上海。本格的なレジスタンス組織に加わっていたクァンは、上海大学の学生になっていたワンと再会。

映画 《 ラスト、コーション 》

 クァンはイー暗殺計画を復活させるべく彼女を説得し、新しいボスであるウー(トゥオ・ツォンホァ)に紹介した。ワンは再びマイ夫人になりすまし、イーに近づく。たちまちイーとワンは男女の関係を結ぶが、次第に任務を超え、ふたりの恋愛感情は本物になって燃え上がっていった……。
≪キネマ旬報より抜粋≫



予告編


トレーラー


主題歌:ワン・チアチーのテーマ


原題:色・戒
英題:Lust, Caution
製作年:2007年
公開年:2008年
製作国:中国、アメリカ
配給:ワイズポリシー
上映時間:158分
映倫:R-18


星キャスト
トニー・レオン、タン・ウェイ、ワン・リーホン、ジョアン・チェン、トゥオ・ツォンホァ、チュウ・チーイン、チン・ガーロウ、クー・ユールン、ガオ・インシュアン、ジョンソン・イェン、竹下明子、藤木勇人、瀬戸摩純、小山典子、小島佑ニ、溝上陽子、南方文香


星スタッフ
監督:アン・リー
製作:ビル・コン、アン・リー、ジェームズ・シェイマス
原作:チャン・アイリン『ラスト、コーション 色・戒』(『アイリーン・チャン短編集』所収)
脚本:ワン・フイリン、ジェームズ・シェイマス
撮影:ロドリゴ・プリエト
プロダクションデザイン:パン・ライ
衣装デザイン:パン・ライ
編集:ティム・スクワイアズ
音楽:アレクサンドル・デスプラ


星受賞歴
第64回ヴェネチア国際映画祭:金獅子賞(アン・リー)/金オゼッラ賞(撮影)(ロドリゴ・プリエト)


ラスト、コーション [DVD]
ラスト、コーション [DVD]
映画「ラスト、コーション」オリジナル・サウンドトラック
映画「ラスト、コーション」オリジナル・サウンドトラック

ラスト、コーション 色・戒 (集英社文庫 チ 5-1)
ラスト、コーション 色・戒 (集英社文庫 チ 5-1)

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [合作映画 恋愛]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。