スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 インファナル・アフェア 》

映画 《 インファナル・アフェア 》
 2003年公開の香港映画。アンドリュー・ラウ、アラン・マック監督による犯罪サスペンス映画。18歳の二人の青年は皮肉にもそれぞれ同時期に、警察とマフィアに身分を隠して潜入することを命じられる。10年後、覚せい剤勢力の一斉検挙を目論む警察は、マフィアに潜入するヤンから大きな麻薬取引の情報を受ける。緊張感みなぎる中、水面下での捜査が展開されるが……。

 監督: アンドリュー・ラウ、アラン・マック/出演:アンディ・ラウ、トニー・レオン、アンソニー・ウォン 他。


星解説
 香港黒社会を舞台に、警察に潜入したマフィアの男と、マフィアに潜入した警察の男の2人が、10年の時を経て運命的な対決を果たす姿を緊張感に溢れたタッチで生き様を描いている。第22回香港フィルム・アワードでは、主要7部門を受賞した他、2002年の香港映画賞を総ナメにした、香港ノワールの代表的作品。

 本作品の脚本は世界各国から高い評価を受け、ハリウッド史上最高額でリメイク権が落札されたことでも話題になった。2006年アメリカで『ディパーテッド』という作品名でリメイクされ、アカデミー賞やゴールデングローブ賞などでは、各賞を受賞した。『インファナル・アフェア』は、その後3部作のシリーズとして製作され、本作は第1部。

映画 《 インファナル・アフェア 》


星あらすじ
 マフィアの組員ラウ(アンディ・ラウ)は、ボスであるサム(エリック・ツァン)の指示で香港警察に潜り込み、10年で内部調査課の課長に昇進。ベストセラー作家メリー(サミー・チェン)との結婚も内定していた。

 一方、ラウと同じ警察学校に通っていたヤン(トニー・レオン)は、組織犯罪課のウォン警視(アンソニー・ウォン)の指示で、サム率いるマフィアに潜入。今では麻薬取引を任されるまでになっていた。

映画 《 インファナル・アフェア 》

 しかしヤンは長年に渡る内通捜査で自分を見失い、精神科医リー(ケリー・チャン)のもとに通院。いつしかヤンはリーを愛し始めていた。

 ある夜、ヤンから大きな麻薬取引を行うとの情報を得たウォン警視は、水面下で調査を始めるが、同時に警察の動きがラウからサムに伝わり、検挙も取引も失敗に終わる。双方にスパイがいることが明らかになった。

映画 《 インファナル・アフェア 》

 ラウとヤンは、それぞれ裏切り者を探すよう命じられる。やがて争いの中で、サムの手下にウォン警視が殺される……。
≪キネマ旬報より抜粋≫



予告編(日本版)


トレーラー


エピソード


主題歌


原題:無間道
英題:Infernal Affairs
製作年:2002年
公開年:2003年
製作国:香港
配給:コムストック
上映時間:102分


星キャスト
アンディ・ラウ、トニー・レオン、アンソニー・ウォン、エリック・ツァン、エディソン・チャン、ショーン・ユー、サミー・チェン、ケリー・チャン、チャップマン・トー、エルヴァ・シャオ、ラム・カートン


星スタッフ
監督:アンドリュー・ラウ、アラン・マック
製作総指揮:ナンサン・シー、ジョン・チョン
製作:アンドリュー・ラウ
脚本:アラン・マック、フェリックス・チョン
撮影:ライ・イウファイ、アンドリュー・ラウ
編集:ダニー・パン、パン・チンヘイ
音楽:コンフォート・チャン
美術:チウ・ソンポン、ウォン・ジンジン
衣装デザイン:リー・ピックワン


星受賞歴
第46回ブルーリボン賞:外国作品賞


インファナル・アフェア [DVD]
インファナル・アフェア [DVD]

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [外国映画 犯罪]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。