スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 L.A.コンフィデンシャル 》

映画 《 L.A.コンフィデンシャル 》
 1998年公開のアメリカ映画。アカデミー賞で作品賞、助演女優賞(キム・ベイシンガー)と脚色賞を始め、その他多くの映画賞を受賞した。縄張り争いが激化する'50年代のロサンゼルス。街のコーヒーショップで元刑事を含む6人の男女が惨殺される事件が発生した。殺された刑事の相棒だったバドが捜査を開始。殺された女と一緒にいたブロンド美女リンに接近する。彼女はスターに似た女を集めた高級娼婦組織の一員だった……。

 監督:カーティス・ハンソン/出演:ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース、ケヴィン・スペイシー、キム・ベイシンガー 他。


星解説
 1950年代のロサンゼルスを舞台に、元刑事を含む6人の男女が惨殺された事件から浮かび上がる消えた麻薬の謎やギャングたちの企み、絡み合う事件の中で、各々の正義を貫こうとするロス市警の3人の熱血刑事の活躍と人間模様を通して、警察内部の退廃と虚栄の暗部を描いている。

 一癖も二癖もある刑事を演じたオーストラリア出身のラッセル・クロウとガイ・ピアースの出世作となった。

映画 《 L.A.コンフィデンシャル 》

 1990年に発刊されたジェイムズ・エルロイのベストセラー小説『L.A.四部作』の第3部を原作としている。原作は8年間に及ぶ物語だが、本作では数ヶ月に変更されている。その他にも原作との相違点がある。

 ジェイムズ・エルロイの『L.A.四部作』は「暗黒のL.A.」シリーズともいわれ、実際に起こったブラック・ダリア事件に始まる第1部『ブラック・ダリア』、第2部『ビッグ・ノーウェア』、第3部『L.A.コンフィデンシャル』、第4部『ホワイト・ジャズ』で構成されている。

映画 《 L.A.コンフィデンシャル 》


星あらすじ
 53年末、L. A. 。ダウンタウンのナイト・アウル・カフェで6人の男女が惨殺された。ロス市警は捜査を開始、事件の背景に、白ユリの館というハリウッドの有名女優に似せた娼婦たちを擁する秘密売春組織の存在が浮かぶ。

 女性に暴力をふるう男を許さない熱血漢バド・ホワイト刑事(ラッセル・クロウ)は、高級娼婦リン(キム・ベイシンガー)に接近するが、いつしか彼女と恋に落ちる。一方、野心家で出世のためには手段を選ばないエド・エクスリー警部補(ガイ・ピアース)は、おのれの方針に従って捜査を続けるがバドと対立。

映画 《 L.A.コンフィデンシャル 》

 そこでエドは、『LAコンフィデンシャル』というタブロイド誌の記者シド(ダニー・デヴィート)と結託して羽振りをきかせ、刑事ドラマ『名誉のバッジ』のアドヴァイザーも務める狡猾なジャック・ヴィンセンズ刑事(ケヴィン・スペイシー)に協力を求める。

 捜査が進むうち、事件の背後には、街のボスだったミッキー・コーエン逮捕後の縄張りをめぐる、ヘロインをはじめとする利権争いがからんでいるのが判明。真犯人はなんとバドらの上司で刑事課のボス、ダドリー・スミス警部(ジェームズ・クロムウェル)だった。核心に迫ろうとしたジャックはスミスの自宅を訪ねたが、あえなく殺された。

映画 《 L.A.コンフィデンシャル 》

 エドはリンに誘惑され情事に及ぶが、その光景をシドがカメラに収める。スミスと裏でつながる売春組織の元締め、ピアス・パチェット(デイヴィッド・ストラサーン)が仕掛けた罠だった。シドは事件の関係者としてスミスらに尋問され、それに立ち会ったバドは、エドとリンの情事を知って激怒。シドは始末された。

 市警の資料室にいたエドにバドは襲いかかるが、エドは事件解明のために手を組もうとバドを説得。ふたりは地方検事を締め上げ、例の殺人もスミスの手によるもので、彼の目的がコーエン亡き後、ロサンジェルスの裏社会を支配することだと知る……。
≪キネマ旬報より抜粋≫



トレーラー


シーン(良い警官、悪い警官)


「L.A.コンフィデンシャル」ジェリー・ゴールドスミス


原題:L.A. Confidential
製作年:1997年
公開年:1998年
製作国:アメリカ
配給:日本ヘラルド映画
上映時間:138分


星キャスト
ラッセル・クロウ、ガイ・ピアース、ケヴィン・スペイシー、ジェームズ・クロムウェル、キム・ベイシンガー、ダニー・デヴィート、デヴィッド・ストラザーン、ロン・リフキン、マット・マッコイ、ポール・ギルフォイル、サイモン・ベイカー=デニー、グレアム・ベッケル、パオロ・セガンティ、アンバー・スミス、ブレンダ・バーキ


星スタッフ
監督:カーティス・ハンソン
製作総指揮:ダン・コルスラッド、デヴィッド・L・ウォルパー
製作:アーノン・ミルチャン、カーティス・ハンソン、マイケル・ネイサンソン
共同製作:ブライアン・ヘルゲランド
原作:ジェームズ・エルロイ
脚本:ブライアン・ヘルゲランド、カーティス・ハンソン
撮影:ダンテ・スピノッティ
プロダクションデザイン: ジェニーン・オッペウォール
美術:ウィリアム・アーノルド
衣装デザイン:ルース・マイヤーズ
編集:ピーター・ホーネス
キャスティング: マリ・フィン
音楽:ジェリー・ゴールドスミス
舞台装置:ジェイ・R・ハート


星受賞歴
第70回アカデミー賞:助演女優賞(キム・ベイシンガー)/脚色賞(カーティス・ハンソン、ブライアン・ヘルゲランド)
第32回全米映画批評家協会賞:作品賞/監督賞(カーティス・ハンソン)/脚本賞(カーティス・ハンソン、ブライアン・ヘルゲランド)
第64回ニューヨーク映画批評家協会賞:作品賞/監督賞(カーティス・ハンソン)/脚本賞(カーティス・ハンソン、ブライアン・ヘルゲランド)
第23回ロサンゼルス映画批評家協会賞:作品賞/監督賞(カーティス・ハンソン)/脚本賞(カーティス・ハンソン、ブライアン・ヘルゲランド)/撮影賞(ダンテ・スピノッティ)
第55回ゴールデン・グローブ賞:助演女優賞(キム・ベイシンガー)
第51回英国アカデミー賞:編集賞/音響賞
第3回放送映画批評家協会賞:作品賞/脚色賞(カーティス・ハンソン、ブライアン・ヘルゲランド)
第22回日本アカデミー賞:外国作品賞
第41回ブルーリボン賞:外国作品賞


L.A.コンフィデンシャル 製作10周年記念 [DVD]
L.A.コンフィデンシャル 製作10周年記念 [DVD]
L.A.CONFIDENTIAL-ブルーレイ・エディション- [Blu-ray]
L.A.CONFIDENTIAL-ブルーレイ・エディション- [Blu-ray]

L. A. Confidential (1997 Film) サントラ
L. A. Confidential (1997 Film) サントラ

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 刑事]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。