スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 七人の侍(あらすじ編) 》

七人の侍
 今回は、七人の侍(あらすじ編)です。1954年に公開の日本映画。あらすじとキャストの詳細を記します。舞台は野武士が野盗化していた戦国時代。ある村に住む貧しい百姓たちは、侍を雇って野武士の群から村を守ることに決める。そうして集まった7人の侍と村人たちのもとに、ついに野武士が襲いかかる・・・。

 監督:黒澤明/出演:三船敏郎、志村喬、千秋実 他。


星あらすじ
 時は戦国時代。収穫の季節となるたびに野武士たちが村を襲いにくる。ある年の春、今年こそ麦の収穫の季節に襲われまいと、百姓たちは危険を回避する方法を話し合うため集まる。「野武士が来るなら、こちらも侍を雇って対抗する」という案が長である儀作(高堂国典)の口から出て、危険な侍を村に入れることに反対する意見も出る中、結局用心棒として飢えた侍を食事で釣って雇うことが決まる。

 町に出た四人の村人は浪人集めに苦労するが、歴戦の武士であった勘兵衛(志村喬)という浪人の機転と腕にほれ込み、食物を報酬に村を守るよう説得する。勘兵衛は弟子になりたがっていた若侍・勝四郎(木村功)や、共に戦い今は浪人となった部下を集めるほか、町にたくさんいる浪人から使える者を探そうとテストを行い、最終的に勘兵衛を含め六人の個性的な侍が村人のために戦うことになった。

 町で会った浪人の中に菊千代(三船敏郎)という怪しい男がおり、とても使えたものではないといったんは追い出すが、村へ向かう六人に菊千代はどこまでもついて来るため、結局七人の侍が村に到着した。

七人の侍

 勘兵衛たちは村の周囲を回り、弱点を調べ上げて村を要塞化する案を練った。百姓たちは堀や柵作りなど村の要塞化の普請を始め、百姓たちも戦いに加わるために組分けされ、それぞれ個性的な七人の侍たちの指導により鍛え上げられる。一方、菊千代は村人が落ち武者を殺して奪った刀や鎧をもらってご満悦だが、村人の落ち武者に対する残酷さに侍たちの気分が悪くなる。

 麦の収穫が行われ、そこへ何も知らない野武士たちがやってくるが、村へは今までどおり入れなくなっていた。唯一の侵入路から入った野武士は入口を閉ざされ、侍と百姓たちにより村の中で各個撃破され、ついにやられっ放しだった野武士に反撃することができた。

 村人の利吉(土屋嘉男)の案内で野武士の本拠を見つけた侍たちは野武士の人数を知ることに成功し本拠を焼き討ちするが、逃げ惑っていた者たちの中に野武士にさらわれた利吉の妻(島崎雪子)がおり、利吉を見ると火の中に身を投じてしまった。残っている野武士の総数が確定し、野武士の残りがゼロになるまで戦うこととなる。

七人の侍

 野武士は一人また一人と倒され数が少なくなるが、侍や村人にも戦死者が出る。村の防衛線の外にある防御の手が回らない農家も、野武士の焼討ちに任せるままにしてしまう。この折、水車小屋にこもった爺様(じさま)を引き戻そうとした息子夫婦が野武士に突き殺され、助けようとした菊千代は助かった赤ん坊を抱きながら「これは俺だ、俺もこうだったんだ」と叫び、彼の正体は侍ではなく戦に巻き込まれて死んだ百姓の孤児で、侍になりたかっただけだったことが明らかとなる。

 戦いの合間の一時、いちばん若い侍の勝四郎は村の娘・志乃(津島恵子)と短い恋に落ちる。数が減り食料もない野武士との決戦の迫る前夜、勝四郎は志乃に誘われ逢引するが翌朝ばれてしまい、志乃の父親(藤原釜足)は激怒する。そこへ折から豪雨が降りだし、野武士の最後の総攻撃が起こり、村の中で決戦が始まる。

 混乱の中、百姓や侍は当初の作戦どおりに戦いを進めることができなくなり、村の中は泥沼の戦場と化す・・・。


星キャスト(役名)
七人の侍
志村喬(島田勘兵衛)
・豪農の子供を盗人から救ったことで利吉達に助けて欲しいと頼まれる。
・戦略家で冷静なリーダー。
・上泉伊勢守信綱がモデルになっている
島田勘兵衛


稲葉義男(片山五郎兵衛)
・勘兵衛の右腕的存在。
・軍学は相当でき経験豊富な浪人。
・塚原卜伝をモデルになっている。
片山五郎兵衛


加東大介(七郎次)
・勘兵衛の最も忠実なる家臣。
・勘兵衛の顔付きだけで、ただちにそれに従って動く。
・一番大きな特徴は無私。
七郎次


千秋実(林田平八)
・苦境の中でも深刻にならない、愛想の良い浪人。
・ふざけやで、冗談ばかり言っており道化が大好きなように見える。
・「戦に何か高く翻げるものがないと寂しい」とトレードマークとなる旗を作る。
林田平八


宮口精二(久蔵)
・修業の旅を続ける凄腕の剣客。
・自分自身を、非人間的な戒律で縛っているためストイックである。
・宮本武蔵がモデルである。
久蔵


木村功(岡本勝四郎)
・育ちがいい裕福な郷士の末っ子で半人前の浪人。
・総てが新しい経験ばかりで総ての事件を若々しい敏感な感情で受け取っている。
・森の中で百姓の娘の志乃と出会い互いに惹かれ合う。
岡本勝四郎


三船敏郎(菊千代)
・勘兵衛の強さに惹かれ勝手についてきた山犬のような男。
・「菊千代」という名前は勘兵衛に自分が侍だと思われたいがために他人の家系図を勝手に盗んで名乗った名前。
・元々は百姓の出で、戦災孤児だった。
菊千代


村の百姓
高堂国典(儀作)小杉義男(茂助)土屋嘉男(利吉)藤原釜足(万造)左卜全(与平)津島恵子(志乃)利吉の女房(島崎雪子)

(百姓)
峰三平、川越一平、鈴川二郎、夏木順平、神山恭一、鈴木治夫、天野五郎、吉頂寺晃、岩本弘司、今井和雄、中西英介、伊原徳、大塚秀雄、大江秀、河部昌義、下田巡、加藤茂雄、川又吉一

(百姓女)
本間文子、小野松枝、一万慈多鶴恵、大城政子、小沢経子、須川操、高原とり子

(百姓の娘)
上遠野路子、中野俊子、東静子、森啓子、河辺美智子、戸川夕子、北野八代子

七人の侍

町人
多々良純(人足A)堺左千夫(人足B)関 猛(人足C)渡辺篤(饅頭売)上山草人(琵琶法師)小川虎之助(豪農家の祖父)千石規子(豪農家の娘)安芸津広(豪農の家の亭主)堤康久、片桐常雄(豪農の前の百姓)場野都留子(豪農の前の百姓女)清水元(利吉を蹴飛ばす浪人)牧壮吉(果し合いの浪人)山形勲(強そうな浪人)杉 寛(茶屋の親爺)千葉一郎(僧侶)仲代達矢(町を歩く浪人A)宇津井健(町を歩く浪人B)




トレーラー


主題歌:李香蘭 (山口淑子)


星ひと口コメント
細部まで考えつくされた物語、細部まで考えつくされた演出、細部まで考えつくされた戦闘シーンは、観ごたえ十分です。


野武士
高木新平(野武士の頭目)高原駿雄(鉄砲の野武士)大久保正信(屋根の野武士)上田吉二郎(斥候A)大村千吉(離脱する野武士)

その他
東野英治郎(盗人)


七人の侍(2枚組)<普及版> [DVD]七人の侍(2枚組)<普及版> [DVD]
(2007/11/09)
三船敏郎;志村喬;稲葉義男;宮口精二;千秋実

商品詳細を見る

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [日本映画 時代劇]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。