スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 めぐりあう時間たち 》

めぐりあう時間たち
  2003年公開のアメリカ映画。アカデミー賞では主演女優賞(ニコール・キッドマン)を始めその他多数の映画賞を受賞した文芸ドラマ。1923年のロンドン郊外、『ダロウェイ夫人』をしたためる作家ヴァージニア・ウルフ。1951年のロサンゼルス、『ダロウェイ夫人』を愛読する主婦ローラ。そして、現在のニューヨーク、ダロウェイ夫人のような生き方をしているクラリッサ。別々の時代、別々の場所に生きる3人の女性の一日が交錯する……。

 監督:スティーヴン・ダルドリー/出演:ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア、メリル・ストリープ 他。


星解説
 時を越えて違う時代を生きる3人の女性達、3つのパーティーをヴァージニア・ウルフの著書「ダロウェイ夫人」を通して、それぞれの時間に生きる人生を凝縮した1日を不思議なつながりを持って生と死というテーマも織り込みながら描いている。

 『1923年のイギリス・リッチモンドでのヴァージニアの1日』『1951年のロサンゼルスでのローラの1日』『2001年のニューヨーク・マンハッタンでのクラリッサの1日』これら時間・場所の違う3人の女性の1日を映し出している。ピュリッツァー賞を受賞したマイケル・カニンガムのベストセラー小説を原作としている。

めぐりあう時間たち


星あらすじ
 1923年、ロンドン郊外のリッチモンド。作家のヴァージニア・ウルフ(ニコール・キッドマン)は、病気療養のために夫レナード(スティーヴン・ディレイン)とこの町に住み、『ダロウェイ夫人』を執筆していた。

 そんな彼女のもとに、姉のヴァネッサ(ミランダ・リチャードソン)たちがロンドンから訪ねてくる。お茶のパーティーが終わり、姉たちが帰ったあと、ヴァージニアは突然駅へと急ぎ、追ってきたレナードにすべての苦悩を爆発させる。その悲痛な叫びにより、レナードは彼女と共にロンドンへ戻ることを決意するのだった。

めぐりあう時間たち

 1951年、ロサンジェルス。主婦ローラ・ブラウン(ジュリアン・ムーア)は妊娠中。夫のダン(ジョン・C・ライリー)は優しかったが、ローラは彼が望む理想の妻でいることに疲れていた。

 今日はダンの誕生日。夜のパーティーを準備中、親友キティ(トニ・コレット)がやってきて、腫瘍のため入院すると彼女に泣きながら告げる。やがてローラは、息子のリッチー(ジャック・ロヴェロ)を隣人に預け、大量の薬瓶を持って一人ホテルへと向かう。その部屋で彼女は『ダロウェイ夫人』を開きながら、膨れた腹をさするのだった。

めぐりあう時間たち

 2001年、ニューヨーク。編集者のクラリッサ・ヴォーン(メリル・ストリープ)は、エイズに冒された友人の作家リチャード(エド・ハリス)の受賞パーティーの準備をしていた。

 彼女は昔、リチャードが自分につけたニックネームミセス・ダロウェイにとりつかれ、感情を抑えながら彼の世話を続けてきた。しかしリチャードは、苦しみのあまり……。

≪キネマ旬報より抜粋≫



予告


トレーラー


トレーラー(BGM:ポエット・アクツ)


めぐりあう時間たち(ピアノ:branka parlic)


原題:The Hours
製作年:2002年
公開年:2003年
製作国:アメリカ
配給:アスミック・エース
上映時間:115分


星キャスト
ニコール・キッドマン、ジュリアン・ムーア、メリル・ストリープ、スティーヴン・ディレイン、ミランダ・リチャードソン、ジョージ・ロフタス、ジョン・C・ライリー、トニ・コレット、エド・ハリス、アリソン・ジャネイ、クレア・デインズ、ジェフ・ダニエルズ、アイリーン・アトキンス、リンゼイ・マーシャル、リンダ・バセット、クリスチャン・コールソン、マーゴ・マーティンデイル、ダニエル・ブロックルバンク、ジャック・ロヴェロ、ステファン・ディラーヌ


星スタッフ
監督:スティーヴン・ダルドリー
製作総指揮:マーク・ハッファム
製作:ロバート・フォックス、スコット・ルーディン
原作:マイケル・カニンガム
脚本:デヴィッド・ヘア
撮影:シーマス・マッガーヴェイ
美術:マリア・ジャーコヴィク
衣装デザイン:アン・ロス
編集:ピーター・ボイル
音楽:フィリップ・グラス


星受賞歴
第75回アカデミー賞:主演女優賞(ニコール・キッドマン)
第53回ベルリン国際映画祭:銀熊賞(女優賞)(ニコール・キッドマン、メリル・ストリープ、ジュリアン・ムーア)
第60回ゴールデン・グローブ賞:作品賞(ドラマ)/女優賞(ドラマ)(ニコール・キッドマン、メリル・ストリープ)
第56回英国アカデミー賞:主演女優賞(ニコール・キッドマン)/作曲賞(アンソニー・アスクィス映画音楽賞)(フィリップ・グラス)


めぐりあう時間たち [DVD]
めぐりあう時間たち [DVD]
The Hours サントラ
The Hours サントラ

めぐりあう時間たち (DHC完全字幕シリーズ) [単行本]
めぐりあう時間たち (DHC完全字幕シリーズ) [単行本]

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。