スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 ラ・ブーム 》

ラ・ブーム
 1982年に公開のフランス映画。パリの中学校に入学して不安と期待で高鳴っていた13歳の少女ヴィック(ソフィー・マルソー)は、恋への憧れでいっぱいで心騒ぐ。そんな彼女にとって念願のダンスパーティ(ブーム)に誘われて有頂天。生まれて始めてのパーティの夜、彼女は少年マチューと出会い一瞬で恋に落ちる……。大ヒットした青春映画。

 監督:クロード・ピノトー/出演:ソフィー・マルソー、ブリジット・フォッセー、クロード・ブラッスール 他。


星解説
 ブーム(パーティー)で知り合った少年に恋心を抱く13歳の少女が思春期の狭間で揺れ動く淡い初恋を描く。700人の応募者の中から選ばれた主演のソフィー・マルソーは、当時15歳のデビュー作。

 フランスで入場者数437万人とも動員450万人とも伝えられる大ヒットを記録しただけではなく、ドイツ・イタリア・スイスなどヨーロッパ各国や日本を含むアジアでヒット作となった。リチャード・サンダーソンが歌う、主題歌“愛のファンタジー(Reality)”もピンクのハート形のレコードで発売され、ヒットした。

ラ・ブーム

 クロード・ピノトー監督は、次のように語っている「大ヒットした理由は、若者たちが映画の主人公を同一視してくれたからだろう。日本の若者がどういう状況におかれているかわからないが、ロマンチックな初恋物語であり、どこにでもある親と子の話だから、きっとわかってくれると思う。現代(1980年代初め)の若者は麻薬やセックスなど暗いイメージが強調され過ぎているように思えるが、もっとロマンチックな青春を送っている子供たちもきっといるはずだ。純粋に、平凡に生きている子供を描くことで社会の現実を伝えたかった。」

ラ・ブーム


星あらすじ
 10月のパリ。新学期にわくリセで、13歳の少女ヴィック(ソフィー・マルソー)はペネロプ(シーラ・オコナー)と仲良くなった。ヴィックの父フランソワ(クロード・ブラッスール)は歯科医、母フランソワーズ(ブリジット・フォッセー)は漫画家で、一人娘のヴィックとは率直な関係でありたいと願っていた。

 母方のひいおばあちゃんプペット(ドニーズ・グレイ)は現役のハープ奏者で、その豊富な男性経験からヴィックに恋愛戦術を伝授してくれる。ブームで知り合ったマチュー(アレクサンドル・スターラン)に恋心を抱くヴィック。

ラ・ブーム

 一方、別れたつもりの愛人に迫られて一夜をすごしたフランソワは、足を骨折したと嘘をつく。夫を信じて本気で案じてくれる妻の真心に、うたれて真相を告白するフランソワ。結局、フランソワは別居することになった。

 ホテルマン志望のマチューが、実習のためグランド・ホテルに行く。彼を追ってヴィックもグランド・ホテルに。だが、二人のランデブーはみじめな結果に終った。フランソワーズは娘のことで会ったドイツ語教師エリック(ベルナール・ジロドー)と付きあうようになる。

ラ・ブーム

 フランソワが勘違いから、フランソワーズに嫌味を言ったことがきっかけで、フランソワーズとエリックは結ばれる。プペットに「今を逃したら最後よ」と言われて、フランソワは妻をベニス旅行へ誘う。

 しかし、彼女はエリックとアフリカ旅行に行くという。だが、フランソワーズは搭乗口で思い直し、昔ヴィックを身ごもったと告白したレストランに行く。すると彼が一人さびしく食事をしていた……。

≪キネマ旬報より抜粋≫



トレーラー


愛のファンタジー(リチャード・サンダーソン)


原題:La Boum
製作年:1980年
公開年:1982年
製作国:フランス
配給:松竹=富士
上映時間:111分


星キャスト
ソフィー・マルソー、ブリジット・フォッセー、クロード・ブラッスール、ドニーズ・グレイ、ジャン=ミシェル・デュプワ、フレデリック・ド・パスカル、リシャール・ボーランジェ、ジャン=ピエール・カスタルディ、ドミニク・ラヴァナン、ジャック・アルダン、シーラ・オコナー、アレクサンドラ・ゴナン、アレクサンドル・スターラン、ベルナール・ジロドー


星スタッフ
監督:クロード・ピノトー
製作:アラン・ポワレ
脚本:クロード・ピノトー、ダニエル・トンプソン
台詞:ダニエル・トンプソン
撮影:エドモン・セシャン
音楽:ウラディミール・コスマ
録音:ベルナール・バッツ


ソフィー・マルソー 「ラ・ブーム」 [DVD]
ソフィー・マルソー 「ラ・ブーム」 [DVD]
La Boum Et La Boum 2 サントラ
La Boum Et La Boum 2 サントラ

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [外国映画 青春]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。