スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 アンタッチャブル 》

アンタッチャブル
 1987年に公開のアメリカ映画。 1930年代のシカゴ。財務省の特別調査官エリオット・ネス(ケヴィン・コスナー)は、ギャングに宣戦布告した。絶対買収されないという意味から「アンタッチャブル」と呼ばれるネスを含めた4人が、アル・カポネに挑んでいく……。アカデミー賞では助演男優賞(ショーン・コネリー)を受賞した。

 監督:ブライアン・デ・パルマ/出演:ケヴィン・コスナー、ショーン・コネリー、アンディ・ガルシア、ロバート・デ・ニーロ 他。


星解説
 1930年代、禁酒法時代のシカゴを舞台に、正義のためにギャングのボスで暗黒街の帝王のアル・カポネに立ち向かうアメリカ財務省捜査官たちのチーム「アンタッチャブル」の4人の男たちの戦いを描いている。同名のタイトルのTVシリーズ「アンタッチャブル」をパラマウント映画が創立75周年記念として映画化された。

 ブライアン・デ・パルマ監督は、シカゴ・ユニオン駅でのカポネ一派との銃撃戦の「階段落ち」のシーンは『戦艦ポチョムキン』からの引用をした。当初は列車を舞台にした大がかりなアクションシーンを撮ろうとしたが、予算がなくなったために「階段落ち」を思いついた。

アンタッチャブル

 本作は、エリオット・ネスによる自伝を原作としているが、実際のネスのチームは誰も喪うことなく職務を全うし、誰も買収には応じなかったとされているが、実際はメンバーの数人は買収されていた。また、自伝にも銃撃戦の描写があるが、メンバーは「一度も銃を撃つことはなかった」と証言している。

 ロバート・デ・ニーロは実際に頭髪を抜いて、アル・カポネを怪演した。体重は直後に別の映画出演が決まっていたので太るわけにいかず、ボディスーツを着用した。しかし、顔だけは太らせて撮影に挑んだ。

アンタッチャブル


星あらすじ
 1930年、9月。エリオット・ネス(ケヴィン・コスナー)が、財務省から、ここシカゴに特別調査官として派遣されてきた。禁酒法下のシカゴでは密造酒ともぐり酒場は実に10億ドル市場といわれ、ギャングたちの縄張り争いは次第にエスカレートし、マシンガンや手榴弾が市民の生活を脅やかしていた。中でもアル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)のやり方はすさまじく、シカゴのボスとして君臨していた。

 カポネ逮捕の使命感に燃えるネスは、しかし警察の上層部にも通じているカポネがそう簡単には手に落ちないことを実感する。彼には部下が必要だった。そんな彼に、初老の警官ジミー・マローン(ショーン・コネリー)が協力することになる。多くの修羅場をくぐってきたマローンから、ネスは多くのことを学んだ。家族を愛するネスにとって、独身の仲間は好もしかった。家族を危険にさらされるのはネスには耐えられないことだ。

アンタッチャブル
 
 やがて、警察学校からの優秀な若者ジョージ・ストーン(アンディ・ガルシア)がスカウトされてやってくる。さらに本省からは、ネスの部下としてオスカー・ウォレス(チャールズ・マーティン・スミス)が派遣されてくる。巨大なシンジケートをかかえるカポネと、ネスら4人との対決が始まった。最初の摘発は郵便局だ。彼ら4人が散弾銃を片手に摘発し、翌日の新聞では、初めての大量逮捕を大きく取り上げ、彼らは“アンタッチャブル”(手出しのできぬ奴ら)という異名を馳せる。

 だが、そのことは、カポネの怒りを買い、カポネの右腕と呼ばれる殺し屋フランク・ニティ(ビリー・ドラゴ)がネスの身辺に現われる。妻キャサリン(パトリシア・クラークソン)と愛娘の安全を苦慮したネスは家族を直ちに脱出させた。アンタッチャブルの捜査は続き、ネスは、シンジケートの帳簿を手に入れる。それこそカポネに致命的なダメージを与える証拠となるものだった。しかし肝心の部分は判読出来ない暗号になっていた。

アンタッチャブル

 彼らの執拗な捜査に怒るカポネはアンタッチャブルを抹殺することを命令する。告訴の準備が行なわれている間、エレベーターの中でウォレスと証人が殺された。やがて帳簿係をマローンがつきとめるが、その直後、マローンが殺された。深夜の駅。ついに証人が現われた。しかしその直後、激しい銃撃戦が展開され、彼は死んだ。シカゴ最大の贈賄事件に発展したこの裁判の判決の日。カポネはなぜか余裕たっぷりだ。

 賠審員全員がカポネに買収されていたのだ。愕然とするネス。しかし、最後まで彼は諦めない。ジョージはネスに殺し屋のニティがマローンを殺したのだと告げ、彼の持ち物からその証拠を見つける。裁判所のらせん階段の上に逃げるニティ……。

≪キネマ旬報より抜粋≫



トレーラー


「正義の力(メイン・タイトル)」


「エンド・タイトル」


原題:The Untouchables
製作年:1987年
公開年:1987年
製作国:アメリカ
配給:パラマウント映画
上映時間:120分


星キャスト
ケヴィン・コスナー、ショーン・コネリー、アンディ・ガルシア、チャールズ・マーティン・スミス、ロバート・デ・ニーロ、ビリー・ドラゴ、リチャード・ブラッドフォード、ジャック・キーホー、ブラッド・サリヴァン、パトリシア・クラークソン


星スタッフ
監督:ブライアン・デ・パルマ
製作:アート・リンソン
原作:オスカー・フレイリー
脚本:デヴィッド・マメット
撮影:スティーヴン・H・ブラム
編集:ジェリー・グリーンバーグ、ビル・パンコウ
音楽:エンニオ・モリコーネ
美術:ウィリアム・A・エリオット
衣装デザイン:ジョルジョ・アルマーニ


星受賞歴
第60回アカデミー賞:助演男優賞(ショーン・コネリー)
第45回ゴールデン・グローブ賞:助演男優賞(ショーン・コネリー)
第41回英国アカデミー賞:作曲賞(エンニオ・モリコーネ)
第30回ブルーリボン賞:外国作品賞


アンタッチャブル(通常版) [DVD]
アンタッチャブル(通常版) [DVD]
The Untouchables (1987 Film) サントラ
The Untouchables (1987 Film) サントラ

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 犯罪]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。