スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

デッドマン・ウォーキング

デッドマン・ウォーキング
 1996年に日本公開のアメリカ映画。セント・トマスで働くシスター・ヘレン(スーザン・サランドン)は死刑を宣告されている囚人マシュー・ポンスレット(ショーン・ペン)から手紙を受け取る。マシューは相棒と二人でカップルを惨殺し、州立刑務所に収監されていた。死刑囚と会うのは初めての経験だったが、ヘレンはマシューの求めに応じ刑務所を訪れ、彼と面会する……。アカデミー賞で主演女優賞(スーザン・サランドン)、ベルリン映画祭で男優賞(ショーン・ペン)をそれぞれ受賞した。

 監督:ティム・ロビンス/出演:スーザン・サランドン、ショーン・ペン、R・リー・アーメイ 他。


星解説
 修道女と死刑囚の心の交流を中心に、2人を取り巻く人々の人間模様を絡めて命の尊厳を描いている。スーザン・サランドンは、本作までにアカデミー賞で主演女優賞を3回ノミネートされ、受賞を逃していたが、この作品で遂に受賞した。

 実際に何人もの死刑囚の精神アドヴァイザーとして務めた、修道女ヘレン・プレジャンの同名ノンフィクション著書を原作としている。著書に感銘を受けたスーザン・サランドンが、映画化を熱望してヘレン本人に扮することに至った。

 本作品は、加害者の人権だけではなく、被害者の哀しみまでをも映し出して観る者に問いかけてくる力作である。

デッドマン・ウォーキング


星あらすじ
 ルイジアナ州ニュー・オーリンズ。セント・トマスの希望の家で働くシスター・ヘレン(スーザン・サランドン)は死刑囚、マシュー・ポンスレット(ショーン・ペン)から何度か手紙を受け取る。マシューは相棒と二人でカップルを惨殺し、州立刑務所に収監されていた。死刑囚と会うのは初めての経験だったが、ヘレンはマシューの求めに応じ刑務所を訪れ、彼と面会する。

 傲慢で冷酷そうなマシューは印象こそ悪かったが、共犯者が無期懲役なのに、不利な証拠が重なって彼だけ死刑が確定したという事実に彼女は疑問を持つ。しばらく後、マシューから死刑執行の日が決まったという焦りの電話を受けて、ヘレンは特赦審問会請求のため弁護士ヒルトン・バーバー(ロバート・プロスキー)に協力を依頼。

デッドマン・ウォーキング

 ヒルトンの説得により、彼らはマシューの母親(ロバータ・マックスウェル)を審問会で証言させ、万座の同情を得ようとしたが、努力も空しく嘆願は却下。残る手段は知事への直談判だけとなり、ヘレンは彼の精神アドヴァイザーとなることを承諾。ところが彼女はそこで、居合わせた被害者の遺族から非難を受ける。

 ショックを受けたヘレンは、殺されたカップルの青年ウォルターの父親デラクロワ氏(レイモンド・J・バリー)、娘ホープ・パーシーの両親(R・リー・アーメイ、シリア・ウェストン)を相次いで訪問。愛する家族を惨殺され、怒りと悲しみをあらわにする彼らを前に、彼女には言葉がない。

デッドマン・ウォーキング

 そんな執行の日が近づく中、ヘレンはマシューの精神アドヴァイザーとして、彼と毎日数時間をすごし、彼の心に少しでも近づこうと努力を続ける。マシューは人種差別発言や犯行否認を相変わらず繰り返し、ヘレンを憤慨させたりしたが、そんな彼も家族には思いやりをみせ、ヘレンには心を開きはじめていた……。

≪キネマ旬報より抜粋≫



トレーラー


「デッド・マン・ウォーキング」(ブルース・スプリングスティーン)


「ザ・ロング・ロード」
(エディ・ヴェダー・ウィズ・ヌスラット・ファテ・アリ・ハーン)


星ひと口コメント
スーザン・サランドンの演技がすばらしいです。


原題:Dead Man Walking
製作年:1995年
公開年:1996年
製作国:アメリカ
配給:日本ヘラルド映画
上映時間:123分


星キャスト
スーザン・サランドン、ショーン・ペン、ロバート・プロスキー、レイモンド・J・バリー、R・リー・アーメイ、セリア・ウェストン、ロイス・スミス、ロバータ・マクスウェル、マーゴ・マーティンデイル、スコット・ウィルソン、ギル・ロビンス、ネスビット・ブレイスデル、ピーター・サースガード、ジャック・ブラック、ジョン・エイブラハムズ、アーサー・ブリッジズ


星スタッフ
監督:ティム・ロビンス
製作総指揮:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー
製作:ジョン・キリク、ティム・ロビンス、ラッド・シモンズ
原作:ヘレン・プレジャン
脚本:ティム・ロビンス
撮影:ロジャー・A・ディーキンス
音楽:デヴィッド・ロビンス
主題歌:ブルース・スプリングスティーン
美術:リチャード・フーヴァー
編集:リサ・ゼノ・チャーギン
衣装デザイン:ルネ・アーリック・カルファス


星受賞歴
第68回アカデミー賞:主演女優賞(スーザン・サランドン)
第46回ベルリン国際映画祭:男優賞(ショーン・ペン)
第11回インディペンデント・スピリット賞:主演男優賞(ショーン・ペン)


デッドマン・ウォーキング [DVD]
デッドマン・ウォーキング [DVD]
デッド・マン・ウォーキング サウンドトラック
デッド・マン・ウォーキング サウンドトラック

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。