スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

突破口!

突破口!
 1974年に日本公開のアメリカ映画。ニューメキシコの片田舎で農薬散布の仕事をして暮らす中年男チャーリー・バーリック(ウォルター・マッソー)は、若手の仲間と共に銀行強盗を実行する。しかし、そこには予想を上回る大金があり、しかも、それはマフィアの裏金だった。そして警察とマフィアから追われる羽目となり上手く逃げていくが……。ドン・シーゲル監督による犯罪アクションの傑作。

 監督:ドン・シーゲル/出演:ウォルター・マッソー、ジョン・ヴァーノン、アンディ・ロビンソン 他。


星解説
 町の田舎銀行ばかり狙って小金を稼いでいる銀行強盗の逃亡をスリリングな迫力で描いている。ジョン・リーズの小説「略奪者たち」を原作に最初ハワード・ロッドマンが脚本を書いたが、ディーン・リースナーが書いた第二稿が決定稿となった。シーゲルは、はじめ「一匹狼たちの最後」というタイトルを考えていたが、「Charley Varrick」に変えられた。

 ドン・シーゲルは時代の流れに逆らって滅びゆく人間を映し出そうとした。本作は一匹狼の活躍と彼の表舞台からの退場という、シーゲル作品にたびたび現れるモチーフを用いている。

 シーゲルの自伝によると、ウォルター・マッソーはこの映画にあまり乗り気ではなかったと言う。また撮影中も本作品のことを好きになれないと言ったりして、熱心さがみられなかった。本作はあまりヒットしなかったが、マッソーの演技は称賛され、英国アカデミーの最優秀男優賞を授賞した。

突破口!

 冒頭のタイトル・シークエンスにはシーゲルとマッソーの子供たちが出演している。中でもシーゲルの子供たちが多く出演している。シーゲル自身も、ワンシーンにちらりと出演している。冒頭のタイトル・シークエンスに「ドナルド・シーゲル」として出演者にクレジットされている。

 ウォルター・マッソーとベッドシーンを演じたシビル役のフェリシア・ファーは、「おかしな二人」をはじめ数々の作品でマッソーと共演し、名コンビであるジャック・レモンの妻である。

 「おかしな二人」をはじめ多くの作品でマッソーと共演した名コンビであるジャック・レモンの妻フェリシア・ファーは、ウォルター・マッソーとベッドシーンを演じたシビル役で出演している。

突破口!


星あらすじ
 曲乗り飛行のパイロットから農薬の空中散布屋に転向したチャーリー・バーリック(ウォルター・マッソー)は、実は銀行強盗だった。とはいっても狙う銀行は小物ばかりで、かっさらえる金額もせいぜい1万から2万ドルどまり、しかし頭のいいチャーリーはそれに満足していた。

 仕事は楽だし、追求もそう厳しくはない。3,4週間もたてばほとぼりもさめてしまう。だからこの日、若い妻ナーディン、相棒のハーマン(アンディ・ロビンソン)、それからもう1人の手下を連れて小さな西部の町トレス・クルーセルの銀行を襲撃しに行った時も、別にいつもと変わったことが起きるとは思っていなかった。

 が、予想は大はずれ。逃亡用の車で待っていた妻のナーディンが警官と撃ち合い、相手を倒し彼女も重傷を追うという事態にまで発展した。チャーリーとハーマンが何とか逃げのび、助かる見込みがないナーディンを車に残したまま火を放った。隠れ家のトレーラー・キャンプに舞い戻ったチャーリーは奪った金が75万ドルもあるのを発見して呆然とした。

突破口!

 あんなちっぽけな銀行にこんな大金がねむっている訳がない。マフィアの隠し金に違いない。チャーリーは何とか金を返したかったがハーマンの反対にあい、とりあえずメキシコへ高飛びすることに決めた。そこで彼は、土地の歯科医院に忍び込んで、ナーディンの診療カード奪い、彼とハーマンのカードの名前を書き換えた。

 その頃、銀行協会の会長でこの辺一帯のマフィアのボスであるボイル(ジョン・ヴァーノン)は事件の報告を受け、早速一味の殺し屋モリー(ジョー・ドン・ベイカー)を呼び寄せた。そして以前部下のヤング(ウッドロー・バーフリー)に盗まれた金を警察やFBIから隠すためにトレス・クルーセルへ飛んだ。モリーも売春宿を足場に暗黒街での顔を使ってチャーリーへの距離をせばめていった。

突破口!

 チャーリーが写真家エバレット(シェリー・ノース)に偽の旅券を作らせている時、報復を恐れたヤングが自殺した。そのためにボイルの立場が微妙になった。仲間が彼を疑いだしているし、FBIに正体をあばかれる危険も出てきた。モリーが情報屋の線をたぐり、チャーリーをかぎつけた。ハーマンに全てを白状させ、殺してしまったのだ。

 その頃、殺し屋と当局の手が迫っていることを知ったチャーリーは、着々と逃走の必需品を集めていた。彼は小さな飛行場からボイルに電話をかけた。その部屋にはモリーもいた。チャーリーに逃げられたと気づいた彼は、ボイルから眼を離さないようにしていたのだ。彼はボイルがチャーリーの黒幕ではないかと疑っていた。

突破口!

 小さな飛行場。ボイルが滑走路の中ほどで待っている。モリーは隣接した廃車置き場の陰に車に乗って息を殺していた。飛行機が着陸し、降り立ったチャーリーが親しそうにボイルの肩を抱いた。殺し屋が見張っているのを承知の上での芝居だった。それがモリーの疑惑を決定的にした。

 彼は車をスタートさせ、ボイルをはね殺してから、チャーリーが乗って逃げようとする複葉機に突っ込んだ。機は廃車置き場の上にさかさ落としになった。操縦席にさかさ吊りになったチャーリーは、助けてくれれば金のありかを教えるといった。モリーにせかされて、1台の車を示し、金はトランクの中だと教えた……。

≪キネマ旬報より抜粋≫



トレーラー


音楽(ラロ・シフリン)


原題:Charley Varrick
製作年:1973年
公開年:1974年
製作国:アメリカ
配給:ユニヴァーサル=CIC
上映時間:111分


星キャスト
ウォルター・マッソー、ジョン・ヴァーノン、アンディ・ロビンソン、シェリー・ノース、フェリシア・ファー、ジョー・ドン・ベイカー、ノーマン・フェル、ベンソン・フォン、ウッドロウ・パーフレイ、ウィリアム・シャラート、ジャクリーン・スコット、マージョリー・ベネット、ルディ・ディアス


星スタッフ
監督:ドン・シーゲル
製作:ドン・シーゲル
原作:ジョン・リーズ
脚本:ハワード・ロッドマン、ディーン・リーズナー
撮影:マイケル・C・バトラー
音楽:ラロ・シフリン
編集:フランク・モリス


星受賞歴
第27回英国アカデミー賞:主演男優賞(ウォルター・マッソー)


突破口! [DVD]
突破口! [DVD]

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 犯罪]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。