スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 太陽がいっぱい 》

太陽がいっぱい
 1960年に公開のフランス、イタリア合作映画。貧乏なアメリカ青年トム(アラン・ドロン)は、金持ちの息子フィリップ(モーリス・ロネ)を連れ戻すため、ナポリにやってきた。フィリップにねたみを覚えたトムは、殺して裕福な生活を手に入れようとする。そして計画どおり殺害し、金と恋人を奪う事に成功したかに見えたが……。主演のアラン・ドロンが、映画スターの地位を不動にしたサスペンス映画の傑作。

 監督:ルネ・クレマン/出演:アラン・ドロン、マリー・ラフォレ、モーリス・ロネ 他。


星解説
 地中海の太陽と海の輝きを背景に、金持ちの息子を殺害し、その男になりすました屈折した青年の鮮烈な青春像を描いている。

 名匠ルネ・クレマン監督が、イギリスの女流作家パトリシア・ハイスミスの探偵小説『才人リプレイ君』を基に映画化した。

 ニーノ・ロータによる印象に残る旋律と、アンリ・ドカエの撮影による美しい映像は、本作に大きく貢献している。

太陽がいっぱい


星あらすじ
 トム・リプレイ(アラン・ドロン)は、フィリップ・グリーンリーフ(モーリス・ロネ)と酔っぱらってナポリに遊びにきた。近くの漁村モンジベロからだ。--トムは貧乏なアメリカ青年だ。中学時代の友人・金持のドラ息子フィリップを、父親から頼まれて連れ戻しにきたのだ。五千ドルの約束で。

 フィリップにはパリ生れのマルジュ・デュヴァル(マリー・ラフォレ)という美しい婚約者がいた。--ナポリから帰った時、アメリカから契約をやめる手紙が来ていた。フィリップが約束の手紙を出さなかったからだ。

太陽がいっぱい

 トムが邪魔になっていた。友人のパーティーに向うヨットの上で、トムはますます彼からさげすまれた。裸でボートに放り出され、全身が火傷のように日焼けした。

 --彼は決意し、まず小細工をして、マルジュとフィリップに大喧嘩をさせた。彼女が船から下りたあと、フィリップに向い、刺し殺した。死体はロープで縛り、海へ捨てた。陸へ上ると、彼はフィリップになりすました。ホテルに泊り、身分証明書を偽造し、サインを真似、声まで真似た。金も衣類も使った。

太陽がいっぱい

 ヨットを売り払う交渉も、親元からの送金を引き出す仕事もうまくいった。マルジュあてのフィリップの手紙をタイプし、送った。彼女は彼を忘れられずにいた。ホテルにフィリップの叔母が現れたが、姿をくらますことができ、別の下宿に移った。

  そこに、フィリップの友人が訪ねてきて、何かを察したようだった。トムは平生から憎んでいたその男を殺し、死体を捨てた。それは発見され、刑事が調べにきた。死体確認に集った時、トムはマルジェにフィリップはモンシベロに戻ったと告げた。女刑事が盗み聞いていた。

太陽がいっぱい
 
 トムはモンジベロの家にその夜いくと、遺書を書き、送金を全部ひき出したのをマルジェに残し、自殺したことにした。警官もマルジュも駈けつけたが、彼は逃げおおせた。

 彼は元のトムに戻り、傷心のマルジェをいたわり、愛を告げた。彼女もついに彼を受け入れ、結婚することになった。遺産も手に入るだろう。彼が海水浴のあと、極上の酒に酔っていた時、フィリップのヨットが売られるために陸に引きあげられていた……。

≪キネマ旬報より抜粋≫



トレーラー


太陽がいっぱい(ニーノ・ロータ)


アラン・ドロン


原題:Plein Soleil
製作年:1960年
公開年:1960年
製作国:フランス、イタリア
配給:新外映
上映時間:122分


星キャスト
アラン・ドロン、マリー・ラフォレ、モーリス・ロネ、エルノ・クリサ、ビル・カーンズ、フランク・ラティモア、アヴェ・ニンチ、ヴィヴィアーヌ・シャンテル、ネリオ・ベルナルディ、バルベル・ファンジェ、リリー・ロマネリ、ニコラス・ペトロフ、エルヴィーレ・ポペスコ

カメオ出演:ロミー・シュナイダー


星スタッフ
監督:ルネ・クレマン
製作:ロベール・アキム、レイモン・アキム
原作:パトリシア・ハイスミス
脚本:ポール・ジェゴフ、ルネ・クレマン
撮影:アンリ・ドカエ
音楽:ニーノ・ロータ
編集:フランソワーズ・ジャヴェ
台詞:ルネ・クレマン、ポール・ジェゴフ
美術:ポール・ベルトラン


太陽がいっぱい スペシャル・エディション (期間限定生産) [DVD]
太陽がいっぱい スペシャル・エディション (期間限定生産) [DVD]
「太陽がいっぱい」オリジナル・サウンドトラック
「太陽がいっぱい」オリジナル・サウンドトラック


太陽がいっぱい (河出文庫)
太陽がいっぱい (河出文庫)

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。