スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 昼下りの情事 》

昼下りの情事
 1957年に公開のアメリカ映画。アリアーヌは、探偵である父の調査書を盗み見て、フラナガンというハンサムな男性に憧れを抱く。彼女は、素性を隠してフラナガンに接近。彼が愛人の夫に殺されそうになるところを助け、そのことをきっかけに憧れが本気の恋に発展。フラナガンもチャーミングなアリアーヌを忘れられなくなる……。「魅惑のワルツ」の背景音楽が印象的な ロマンティック・コメディの傑作。

 監督:ビリー・ワイルダー/出演:ゲイリー・クーパー、オードリー・ヘプバーン、モーリス・シュヴァリエ 他。


星解説
 パリを舞台に自分の正体を知られたくない私立探偵の娘が男の気を引くため奮闘する姿と彼女のことを知りたい大金持ちのプレイボーイの恋の駆け引きを魅力あふれる演出でテンポ良く描いている。

 名曲「魅惑のワルツ(Fascination)」の美しい旋律と共にオードリー・ヘプバーンが、可憐な魅力でアリアーヌを演じている。クロード・アネの小説『アリアーヌ(Arianne)』を原作としている。

昼下りの情事


星あらすじ
 クロード・シャヴァッス(モーリス・シュヴァリエ)はパリの私立探偵である。御依頼ともあれば、アメリカの億万長者フラナガン(ゲイリー・クーパー)とX夫人の濡れ場を盗み撮るという仕事も、やらねばならない。

 依頼人のX氏がその写真を見て、フラナガンを殺すといきまく。これを聞いたのが、シャヴァッスの娘アリアーヌ(オードリー・ヘップバーン)である。彼女は父の扱う事件記録を読むのを楽しみにしていたが、チェロの勉強にコンセルヴァトワールへ出かけたものの、この事件が気になってたまらない。

昼下りの情事

 フラナガンの泊まっているホテルへ来てみると、X氏がピストルをポケットに忍ばせているところにアリアーヌは出くわした。アリアーヌの機転でX夫人は逃れ、危ういところを助かったフラナガンは、彼女と明日の午後を約束する。

 翌日、あんな浮気男とデートなどすまいと思ったものの、アリアーヌは結局ホテルを訪れる。食事と美しいムードミュージック、フラナガンのお定まりの手に、アリアーヌはすっかり参ってしまう。

昼下りの情事

 しかし、やがてフラナガンがパリを出発する時刻が来て、2人はいかにも世慣れた遊び人同士の如く、あっさり別れた。が、車が見えなくなると、アリアーヌはしおしおと音楽院へ向うのだった。

 何ヵ月後のある夜、アリアーヌはオペラで恋しいフラナガンに再会し、明日の逢瀬を約束する。翌日ホテルを訪れたアリアーヌに、皮肉にも今度はフラナガンが参ってしまい、彼女がことありげに話した男たちのことに、気が揉めてたまらない。偶然出会ったX氏に相談すると、彼の答は、シャヴァッスに頼め、だった。

昼下りの情事

 シャヴァッスが調査してみればなんと自分の娘アリアーヌである。事実を告げることもできず、シャヴァッスはフラナガンに、あの婦人は箱入り娘で当人の言ったことは全部作り話、あの娘を愛しいと思ったら、パリを離れることだと報告する。アリアーヌがホテルを訪れた時、フラナガンは荷造りを済ませていた……。

≪キネマ旬報より抜粋≫



トレーラー


オープニング


魅惑のワルツ


魅惑のワルツ(101 Strings Orchestra )


LOVE IN THE AFTERNOON (JERRY VALE)


原題:Love in the Afternoon
製作年:1957年
公開年:1957年
製作国:アメリカ
配給:セレクト=松竹
上映時間:134分


星キャスト
オードリー・ヘプバーン、ゲイリー・クーパー、モーリス・シュヴァリエ、ジョン・マッギーヴァー、ヴァン・ドード、リーゼ・ボウルディン、Olga Valery and the Gypsies


星スタッフ
監督:ビリー・ワイルダー
製作:ビリー・ワイルダー
原作:クロード・アネ
脚本:ビリー・ワイルダー、I・A・L・ダイアモンド
撮影:ウィリアム・C・メラー
音楽:フィルモ・ダンテ・マルチェッティ、モーリス・ド・フェラウディ、アンリ・ベッティ、アンドレ・オレネス、シャルル・トレネ、マティ・マルネック
編曲:フランツ・ワックスマン
プロダクション・デザイン:アレクサンドル・トローネ
衣装デザイン:ユベール・ド・ジバンシー
編集:Leonide Azar


昼下りの情事 (ニューマスター仕様) [DVD]
昼下りの情事 (ニューマスター仕様) [DVD]

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 恋愛]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。