スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

真昼の決闘

真昼の決闘
 1952年に公開のアメリカ映画。教会で結婚式を挙げ、町を去ろうとしていた元保安官ケイン(ゲイリー・クーパー)と新妻エミー(グレース・ケリー)。そのとき、ケインに恨みを抱く4人のならず者たちが彼を殺しに町にやってくるという知らせが届く。留まって彼らと決闘するか、町から逃げるかで悩むケイン。決闘のときは一刻と近づいてきている……。アカデミー賞では主演男優賞(ゲイリー・クーパー)・劇・喜劇映画音楽賞・歌曲賞・編集賞の4部門を受賞した名作の西部劇。

 監督:フレッド・ジンネマン/出演:ゲイリー・クーパー、グレイス・ケリー、トーマス・ミッチェル、ケティ・フラド、リー・ヴァン・クリーフ 他。


星解説
 本作の時間進行と映画の時間を同じにしたリアル・タイムでドラマを進めていき、保安官が自分一人で殺し屋ギャングと立ち向かわざるを得ないという主人公を英雄ではなく、戦いに恐れる普通の人間として描いている。また、町の人々も拘わりあうのが怖くて、彼に協力しようとはしないなど、当時の西部劇としては画期的にリアルな心理描写で映し出している。

真昼の決闘

 ジョン・W・カニンガムの小説「ブリキの星章」を原作としている。本作は1989年、アメリカ国立フィルム登録簿に新規登録された。

 映画『ダーティハリー』で、クリント・イーストウッド演じるキャラハン刑事がバッジを投げ捨てるラストシーンは本作へのオマージュである。映画『アウトランド』は『真昼の決闘』をSFに置き換えた作品である。

真昼の決闘


星あらすじ
 1870年、西部のハドリーヴィルの町、ある日曜日の午前のことである。この町の保安官ウィル・ケイン(ゲイリー・クーパー)は、事務所でエミイ(グレイス・ケリー)と結婚式を挙げていた。彼は結婚と同時に保安官の職を辞し、他の町へ向かうことになっていた。

 突然、そこへ電報が届いた。ウィルが5年前に逮捕して送獄した無頼漢フランク・ミラー(アイアン・マクドナルド)が、保釈されて正午到着の汽車でこの町に着くという知らせだった。停車場にはミラーの弟ベンが仲間の2人と、到着を待っていた。

真昼の決闘

 時計は10時40分。ウィルは再び保安官のバッジを胸につけた。エミイはウィルに責任はないと言って、共に町を去ろうと主張したが、彼は聞き入れなかった。

 エミイはひとり正午の汽車で発つ決心をし、ホテルで汽車を待つ間、ウィルのもとの恋人で、今保安官補ハーヴェイ・ベル(ロイド・ブリッジス)と同棲しているメキシコ女ヘレン・ラミレス(ケティ・フラド)と会い、彼女も同じ汽車で町を去ることを知った。

真昼の決闘

 一方、ウィルは無法者たちと戦うため、助勢を求めて、酒場や教会を訪れ、最後に2人の親友に頼み込むが、みんな尻ごみして力になってくれない。彼は1人で立ち向かう決心をして遺言状を書きつづった。

 時計が12時を指すと共に汽笛がきこえた。停車場からミラーが降り立ち、入れ替わりにエミイとヘレンが乗った。エミイは一発の銃声を聞くといたたまれず汽車から降り、町へ走った……。

≪キネマ旬報より抜粋≫



トレーラー


主題歌「ハイ・ヌーン」(フランキー・レイン)


主題歌「ハイ・ヌーン」(テックス・リッター)


原題:High Noon
製作年:1952年
公開年:1952年
製作国:アメリカ
配給:ユナイテッド・アーチスツ=松竹
上映時間:84分


星キャスト
ゲイリー・クーパー、グレイス・ケリー、トーマス・ミッチェル、ロイド・ブリッジス、ケティ・フラド、アイアン・マクドナルド、ヘンリー・モーガン、ロン・チェイニー・ジュニア、ジャック・イーラム、ハリー・シャノン、リー・ヴァン・クリーフ、ロバート・J・ウィルク、シェブ・ウーリー、オットー・クルーガー、ボブ・ウィルク、トム・ロンドン、ラリー・ブレイク、Eve McVeagh、Ted Stanhope、William Phipps


星スタッフ
監督:フレッド・ジンネマン
製作:スタンリー・クレイマー
原作:ジョン・W・カニンガム
脚本:カール・フォアマン
撮影:フロイド・クロスビー
作詞:ネッド・ワシントン
音楽:ディミトリ・ティオムキン
編集:エルモ・ウィリアムス
美術:ルドルフ・スターナド
録音:ジーン・L・スピーク
主題歌:『ハイ・ヌーン』(テックス・リッター)


星受賞歴
第25回アカデミー賞:主演男優賞(ゲイリー・クーパー)/劇・喜劇映画音楽賞(ディミトリ・ティオムキン)/歌曲賞(ディミトリ・ティオムキン、ネッド・ワシントン)/編集賞(エルモ・ウィリアムス、Harry Gerstad)
第10回ゴールデン・グローブ賞:男優賞(ドラマ)(ゲイリー・クーパー)/助演女優賞(ケティ・フラド)/撮影賞(白黒)(フロイド・クロスビー)/音楽賞(ディミトリ・ティオムキン)
第18回ニューヨーク映画批評家協会賞:作品賞/監督賞(フレッド・ジンネマン)


真昼の決闘 [DVD] FRT-031
真昼の決闘 [DVD] FRT-031

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。