スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

ディア・ハンター

ディア・ハンター
 1979年に日本公開のアメリカ映画。ペンシルバニア州のロシア系アメリカ人のマイケル、ニック、スティーヴンの3人の若者はベトナム戦争に徴兵された。敵の捕虜となった彼らは、戦場で地獄の体験をする。なんとか脱走に成功するが、その後ばらばらになってしまい、帰還したマイケルは、再びベトナムへ行方不明となったニックを探しに赴く・・・。アカデミー賞では、作品賞をはじめ全5部門を受賞した。

 監督:マイケル・チミノ/出演:ロバート・デニーロ、クリストファー・ウォーケン、ジョン・サヴェージ 他。


星解説
 1960年代末期におけるベトナム戦争に赴いて心に傷を負ったアメリカの若者の戦争体験を通じ、戦争の後遺症に悩む男たちの狂気と友情と生死を絡ませて描いている。

 3人の若者の故郷であるペンシルヴァニア田舎町をから戦場へ赴くまでの、およそ1時間の青春群像を淡々と描写した後、一転して、戦場では苛酷なまでの描写に切り替わり、よりいっそう戦争の悲惨さを訴えかけてくる。特に“ロシアン・ルーレット”の悲劇性は尋常ではなく、それが再び繰り返されるクライマックスにはどうしようもないやりきれなさが漂う。ラストで皆が歌う「GOD BLESS AMERICA」の空しさも、深い余韻を残す。

ディア・ハンター

 テーマ音楽はスタンリー・マイヤーズ作曲の「カヴァティーナ」で、ギターはジョン・ウィリアムズによるもの。副テーマソングとして、フランキー・ヴァリが歌う「君の瞳に恋してる」が3回程流れる。同曲は映画の時代設定に近い1967年にヒットした曲である。

 ジョン・カザールは撮影前に癌を患い製作会社は彼に降板を催促したが、チミノやデ・ニーロが「カザールが降板するなら自分も降板する」と主張したことで降板は免れた。結果的にカザールは収録こそ完遂したものの、公開を待たずに夭折。遺作となった本作品がアカデミー賞の作品賞を受賞したことで、カザールが生涯出演した5本の映画全てがアカデミー賞にノミネートされ、そのうち3本が作品賞を受賞したこととなった。

 本作品は、1996年に米国連邦議会図書館がアメリカ国立フィルム登録簿に新規登録した。

ディア・ハンター


星あらすじ
 1968年のペンシルベニア州クレアトン。マイケル(ロバート・デ・ニーロ)、ニック(クリストファー・ウォーケン)、スチーブン(ジョン・サヴェージ)、スタン(ジョン・カザール)、アクセル(チャック・アスペグレン)の5人は町の製鋼所に勤める親友グループで、休日には山で鹿狩りを楽しむ平凡な若者たちだった。

 ある土曜日、ベトナムに徴兵されるマイケル、ニック、スチーブンの歓送会と、スチーブンとアンジェラ(ルターニャ・アルダ)の結婚式が町の教会で合同で行なわれた。祝福する人々の中には、アル中の父親を抱える身ながら、帰還後のニックと結婚の約束をしたグループのアイドル、リンダ(メリル・ストリープ)もいた。

ディア・ハンター

 式の後、彼らはそろってアレゲニーの山へ鹿狩りに出た。1970年、北ベトナムでの戦況は酸鼻を極めていた。逃げまどう農民を虐殺するベトコンに対し、マイケルは狂ったように撃ちまくっていたが、偶然にも、その戦場でニックとスチーブンに再会した。

 しかし、北側の攻勢は激しく、3人は捕虜になってしまい、床下につながれる身となった。その小屋では、ロシアン・ルーレットというゲームが行なわれていた。それは、弾丸を一発だけ込めたリボルバーを捕虜が交互にこめかみに当てて撃ち合い、それにベトコンたちが金を賭けるというものだった。

 3人の番になり、スチーブンが発狂寸前になったため、マイケルは一瞬のスキを窮ってベトコン数人を撃ち倒して逃走。丸太にしがみついて濁流を下った。間もなく、友軍ヘリコプターが飛来したが、マイケルとスチーブンは力尽き、3人は離ればなれになった。

ディア・ハンター

 1年後、サイゴンの軍人病院を退院したニックが別人のようになって町をさまよっていた。それから2年後、マイケルはクレアトンに生還し人々は温かく迎えたが、マイケルは昔の明るさを失っていた。その頃、スチーブンは脚を失って陸軍病院に入っており、彼の口からニックがベトナムで生きていることを知ったマイケルは、陥落寸前のサイゴンへ飛んだ。

 しかし、ニックは場末の工場の2階で、あのロシアン・ルーレットの射手になっており、意識はもうろうとしていた。マイケルは彼の記憶を呼び醒そうと必死に呼びかける・・・。

≪キネマ旬報より抜粋≫



トレーラー


「カヴァティーナ」 演奏:ジョン・ウィリアムズ


「カヴァティーナ」 演奏:Peo Kindgren


「君の瞳に恋してる」 by フランキー・ヴァリ


原題:The Deer Hunter
公開:1978年(アメリカ)、1979年(日本)
製作国:アメリカ
配給:ユナイテッド・アーティスツ
上映時間:183分


星キャスト
ロバート・デ・ニーロ、クリストファー・ウォーケン、ジョン・サヴェージ、ジョン・カザール、メリル・ストリープ、ジョージ・ズンザ、チャック・アスペグレン、シャーリー・ストーラー、ルターニャ・アルダ、ピエール・セグイ


星スタッフ
監督:マイケル・チミノ
製作:バリー・スパイキングス、マイケル・ディーリー、マイケル・チミノ、ジョン・リヴェラル
原案:マイケル・チミノ、デリック・ウォッシュバーン、ルイス・ガーフィンクル、クイン・K・レデカー
脚本:デリック・ウォッシュバーン
撮影:ヴィルモス・スィグモンド
編集:ピーター・ツィンナー
音楽:スタンリー・マイヤーズ
美術:ロン・ホッブス


星受賞歴
第51回アカデミー賞:作品賞/監督賞(マイケル・チミノ)/助演男優賞(クリストファー・ウォーケン)/編集賞(ピーター・ツィンナー)/録音賞
第36回ゴールデングローブ賞:監督賞(マイケル・チミノ)
第44回ニューヨーク映画批評家協会賞:作品賞/助演男優賞(クリストファー・ウォーケン)
第13回全米映画批評家協会賞:助演女優賞(メリル・ストリープ)
第4回ロサンゼルス映画批評家協会賞:監督賞(マイケル・チミノ)


ディア・ハンター デジタル・ニューマスター版 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
ディア・ハンター デジタル・ニューマスター版  【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
Deer Hunter: Original Motion Picture Soundtrack サウンドトラック
Deer Hunter: Original Motion Picture Soundtrack サウンドトラック

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 戦争]

コメント

はじめまして。

BS2で初めてこの映画を見ました。
ロシアンルーレットに関しては凄まじいの一言です。
それよりも僕が注目したのはジョン・カザールの事です。
役者の鑑です!
無事撮影が終了して良かった。だけど彼は公開前に亡くなった。
何ともやりきれない気持ちになります。

彼らが酒場で「君の瞳に恋してる」を歌う場面が好きです。

> 間諜X72 様

はじめまして。コメントありがとうございます。

> ロシアンルーレットに関しては凄まじいの一言です。
そうですね。

ジョン・カザールは人望が厚く、監督や出演者たちに愛されていたようで、
本作品の公開前に42歳という若さで亡くなった事は、
本当にやりきれない気持ちになりますよね。

> 彼らが酒場で「君の瞳に恋してる」を歌う場面が好きです。
この作品の唯一と言っていい、ほのぼのした場面で良いですね。

それでは、またのご訪問をお待ちしております。

ジョン・カザールに関するエピソードをありがとうございました。
メリル・ストリープは彼にゾッコンだったそうですね。
「君の瞳に恋してる」以外に僕が好きな場面。
鹿狩りの為に車に乗って現場に到着した場面。
ジョン・カザールに向かって、仲間がサンドイッチなどを投げる。
彼の身体に肉がからまる。それを彼が取って食べる。
偶然からまったのかも知れませんが、良い演技でした。
「ディア・ハンター」の大ヒット。ジョン・カザールも天国から見て喜んでいたと願いたいです。

> 間諜X72 様

コメントありがとうございます。

>メリル・ストリープは彼にゾッコンだったそうですね。
そうだったのですね。私は知りませんでした。
情報ありがとうございます。

>鹿狩りの為に車に乗って現場に到着した場面。~良い演技でした。
好きな場面を一部始終覚えておられる
間諜X72 様 は、ジョン・カザールが、大好きなようで何よりです。

>「ディア・ハンター」の大ヒット。ジョン・カザールも天国から見て喜んでいたと願いたいです。
そうですね。何よりも、彼はこういうファンがいる事に天国から喜んでいるのではないでしょうか。

それでは、またのご訪問をお待ちしております。

3時間

この映画は3時間。内容も重いと聞いてました。
通して見る自信はなかったです。BS2から録画したものを1時間ずつ見ました。
真の映画ファンから怒られます。
最初の1時間で一番印象に残ったのはデ・ニーロでもない、ウォーケンでもない。ジョン・カザールです。その時は名前さえ知らない。後退した額。濃い眉毛。鋭い目つき。
「何だ?この役者は。」
ウィキペディアで「ディア・ハンター」を検索しました。彼の名前。そして骨肉腫に冒されていた事。映画公開時には既に亡くなっていた事。衝撃を受けました。
5人が乗った車が大型トラックを追い越すゲームをする直前。車の窓から腕を出した彼の表情は楽しそうだった。
神様。なぜ、映画公開後まで彼を生かしてくれなかったのですか?そう思います。

メリル・ストリープが彼にゾッコンだった事もウィキペディアの受け売りです。わかったような事を書いてすみませんでした。
あんな素晴らしい役者の存在を知る事ができて嬉しいです。

> 間諜X72 様

またのコメントありがとうございます。

>BS2から録画したものを1時間ずつ見ました。真の映画ファンから怒られます。
人それぞれの観方があるからよろしいのではないでしょうか。
私は、初めて観る作品は映画館で最初から最後まで通して観ます。
他のメディアより映画館の方が、数倍の感動がもらえ、
通して観た方が気持ちが途切れないからです。

>最初の1時間で一番印象に残ったのは ~ ジョン・カザールです。~ 映画公開時には既に亡くなっていた事。衝撃を受けました。
そうですか。

>神様。なぜ、映画公開後まで彼を生かしてくれなかったのですか?そう思います。
そうですよね。

>あんな素晴らしい役者の存在を知る事ができて嬉しいです。
それは、良かったですね。

それでは、またのご訪問をお待ちしております。

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。