スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

ミッション The Mission (1986)

ミッション -The Mission- (1986)
 1987年に日本公開のイギリス映画。18世紀中頃の中南米。ガブリエル神父が開いたミッションに、奴隷商人のメンドーサが弟を殺した罪を負ってミッションへやってくる。彼はかつて奴隷として扱っていた人々に励まされ、彼等と共に暮らし始める・・・。カンヌ国際映画祭では、パルム・ドールを、アカデミー賞では、撮影賞をそれぞれ受賞した傑作。

 監督:ローランド・ジョフィ/出演:ロバート・デニーロ、ジェレミー・アイアンズ、レイ・マカナリー 他。


星解説
 1750年代、スペイン植民地下の南米・パラナ川上流域を舞台に、先住民グアラニー族へのキリスト教布教に従事するイエズス会宣教師のガブリエル神父と奴隷商人メンドーサの生き様、彼らの理想と植民地社会の現実や政治権力者の思惑との葛藤を描いている。様々な利害関係が交錯する中、自らの行いも植民地支配の一端を担っていることに気付きながらも布教という形で信念を貫こうとするガブリエル神父の姿が大きな感動を呼び起こす。

 うっそうとしたジャングル、静かに流れる川、大自然の風景にインディオたちの持つ音楽の文化など臨場感たっぷりに味わえる。イグアスの滝のシーン、ロバート・デニーロの決死の絶壁登りなどはまさに圧巻である。ガブリエル神父に寄り添う住民たちが次々と倒れていく姿には、時を超え、現在の人類の姿にだぶり、悲壮な感動を与える。

ミッション -The Mission- (1986)

 エンニオ・モリコーネの音楽が絶妙な効果を上げている点も見逃すことはできない。彼が手がけたサウンドトラックは、スペインのギター、グアラニーのドラムなど様々な要素を取り入れ、異なる文化が絡み合うように曲が進んでゆく。彼はこのサウンドトラックで1986年度ゴールデングローブ賞 作曲賞を受賞し、メインテーマの『フォールズ』をはじめとする楽曲はコマーシャル、式典など様々な機会に使用されている。本作で演奏された印象的な曲『ガブリエルのオーボエ』は、後に歌詞が付けられ『ネッラ・ファンタジア』の題名でサラ・ブライトマンらによって歌われている。

 本作品のモデルとなった、南米各地に建設されたイエズス会伝道所跡のいくつかはユネスコ世界遺産に登録されている。

ミッション -The Mission- (1986)


星あらすじ
 巨大な滝へとつながるイグアス川の上流で、十字架にかけられた男がインディオたちの手で流れに押し出されていた。南米内陸奥地のインディオたちに神の教えをもたらそうとするイエズス会の神父ジュリアンだ。彼は、十字架にかけられた無残な亡骸となった。彼のかわりガブリエル(ジェレミー・アイアンズ)が布教にきた。

 殺気だった雰囲気の中で、彼はオーボエを吹き、その美しい音色にインディオたちの心は柔らいだ。武器を手にしたグァラニー族の小さな村に迎えられたガブリエルは、そこで、ロドリゴ・メンドーサ(ロバート・デ・ニーロ)の存在を知って落胆する。彼は庸兵にして奴隷商人。アスンシオンの街では知らぬ者がいないこの男は、平和な村に奴隷狩りという魔の手をのばしていた。

ミッション -The Mission- (1986)

 総督にインディオを売りさばいてアスンシオに戻ったメンドーサは、愛人カルロ(チェリー・ランギ)から、フィリッポ(エイダン・クイン)との愛の方を取ると告白されショックを受ける。実の弟であるフィリッポを、嫉妬に狂ったメンドーサが殺したことを、イエズス全本部に戻ったガブリエル神父は知った。

 弟殺しで独房に入ったメンドーサを連れ出したのはガブリエルだった。重荷を背負い岩場を踏みしめるメンドーサを、インディオたちが見守った。数年後、滝の上にサン・カルロス教会が建ち、枢機卿アルタミラノ(レイ・マカナリー)が到着した。

ミッション -The Mission- (1986)

 イエズス会の神父を集めた会では、私腹を肥やすことしか眼中にない偽政者たちに、見習い神父として控えていたメンドーサは怒りを爆発させた。メンドーサの怒りをアルタミラノに説明するガブリエル。枢機卿は懊悩した。奴隷に関することはポルトガルとスペインとイエズス会の政治にも影響があるのだ。

 両国ともイエズス会の勢力増大を恐れ国内のイエズス会士追放をもくろんでいる。会としては南米は譲歩し、ヨーロッパでの布教の道をとるべきだった。楽園を閉鎖するしかないのだ。メンドーサは武器をもって戦う決意をし、その方法に反対しながらも、ガブリエルも戦う姿勢をとった・・・。

≪キネマ旬報より≫



トレーラー


サウンドトラック(エンニオ・モリコーネ)


「ネッラ・ファンタジア」 by サラ・ブライトマン


星ひと口コメント
映画は、映画館で観ることをおすすめしますが、特に本作品はそれにあてはまる作品です。


原題:The Mission
公開:1986年(イギリス)、1987年(日本)
製作国:イギリス
配給:ヘラルド
上映時間:126分


星キャスト
ロバート・デ・ニーロ、ジェレミー・アイアンズ、レイ・マカナリー、エイダン・クイン、シェリー・ルンギ、リーアム・ニーソン、フィリップ・ボスコ、ロナルド・ピックアップ


星スタッフ
監督:ローランド・ジョフィ
製作:フェルナンド・ギア、デヴィッド・パットナム
脚本:ロバート・ボルト
撮影:クリス・メンゲス
音楽:エンニオ・モリコーネ
美術:ジョン・キング、ジョージ・リチャードソン
編集:ジム・クラーク
衣装デザイン:エンリコ・サバッティーニ


星受賞歴
第39回カンヌ国際映画祭:パルム・ドール/フランス映画高等技術委員会賞
第59回アカデミー賞:撮影賞(クリス・メンゲス)
第44回ゴールデン・グローブ賞:脚本賞(ロバート・ボルト)/作曲賞(エンニオ・モリコーネ)
第12回ロサンゼルス映画批評家協会賞:撮影賞(クリス・メンゲス)


ミッション HDニューマスター版 [DVD]
ミッション HDニューマスター版 [DVD]
The Mission: Original Soundtrack From The Motion Picture サウンドトラック
The Mission: Original Soundtrack From The Motion Picture サウンドトラック

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [外国映画 ドラマ]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。