スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

シュレック

シュレック
 2001年に公開のアメリカ映画。森の中に独り棲む怪物シュレック(声:マイク・マイヤーズ)は、おしゃべりロバのドンキー(声:エディ・マーフィ)とともに、ひょんなことからファークアーク卿(声:ジョン・リスゴー)の妻となるべきフィアナ姫(声:キャメロン・ディアス)をドラゴンから救出するための旅に出る・・・。アカデミー賞では、長編アニメ映画賞を受賞した、大ヒット長編アニメーション。

 監督:アンドリュー・アダムソン、ヴィッキー・ジェンソン/声の出演:マイク・マイヤーズ、エディ・マーフィ、キャメロン・ディアス 他。


星解説
 心優しい怪物シュレックと、個性豊かな仲間たちが繰り広げる恋と冒険をユーモアたっぷりに描いている。ありとあらゆる映画やおとぎばなしのエッセンスを抽出、パロディ化しながら繰り広げられていく3D・CG長編アニメーション作品。近年でも希にみる盛況を誇った2001年春・夏期の全米映画界においてもダントツの興行成績を記録した。

 一見アナーキーなユーモアに満ちあふれているが、それでいて意外に教条的かつ道徳的な面も多々あり、現代の子どもたちに語り聞かせる新作おとぎばなしとしても機能しており、大人から子どもまで安心して楽しめる作品に仕上がっている。

  2001年に設けられたアカデミー長編アニメ賞の初めての受賞作品となる。1990年にウィリアム・スタイグによって書かれた絵本『みにくいシュレック』を原作とする。

シュレック


星あらすじ
 シュレック(声=マイク・マイヤーズ)は、人里離れた森の中の沼のほとりで孤独に暮らす怪物。そんな彼の前に現われたのは、おしゃべりなロバのドンキー(声=エディ・マーフィ)。シュレックにうっとうしがられながらも、ドンキーは彼の元に居着いてしまう。

 そしてその夜、横暴なファークアード卿(声=ジョン・リスゴー)によって追放されたおとぎ話のキャラクターたちが、シュレックの沼に侵入してきた。シュレックは彼らを追い返そうとファークアード卿に掛け合いに、ドンキーと共に出発。

 その頃ファークアード卿は、王位を継ぐためには美しいプリンセスと結婚しなければならないため、プリンセスを探していた。彼が候補者の中から選んだのは、ドラゴンの城に囚われているフィオナ姫(声=キャメロン・ディアス)。

シュレック

 シュレックはファークアード卿と交渉し、姫を連れ戻すことに成功すれば要求を聞いてもらうことを約束する。こうしてシュレックとドンキーはドラゴンの城にもぐり込み、フィオナ姫を奪うのだった。

 しかし姫には、秘密があった。実は陽が沈むと、シュレックと同じ怪物になってしまうのだ。姫とシュレックは互いに惹かれ合うが、シュレックの勘違いで2人は仲違いし、姫は卿との結婚式に臨むことに・・・。

≪キネマ旬報より≫


原題:Shrek
公開:2001年
製作国:アメリカ
配給:UIP
上映時間:90分



トレーラー


「オール・スター」 by スマッシュ・マウス


「ハレルヤ」 by ルーファス・ウェインライト


「イット・イズ・ユー(アイ・ハヴ・ラヴド)」 by デイナ・グローヴァー


「アイム・ア・ビリーバー」 by スマッシュ・マウス


星声のキャスト
マイク・マイヤーズ、エディ・マーフィ、キャメロン・ディアス、ジョン・リスゴー、ヴァンサン・カッセル、ピーター・デニス、ジム・カミングス、コンラッド・ヴァーノン、コディ・キャメロン、アーロン・ワーナー、クリス・ミラー

日本語版
浜田雅功、藤原紀香、山寺宏一、伊武雅刀、結城比呂、飛田展男、内海賢二、稲葉実、王様


星スタッフ
監督:アンドリュー・アダムソン、ヴィッキー・ジェンソン
製作総指揮:ペニー・フィンケルマン・コックス、サンドラ・ラビンス、スティーヴン・スピルバーグ
製作:ジェフリー・カッツェンバーグ、アーロン・ワーナー、ジョン・H・ウィリアムズ
共同製作:テッド・エリオット、テリー・ロッシオ
原作:ウィリアム・スタイグ
脚本:テッド・エリオット、テリー・ロッシオ、ジョー・スティルマン、ロジャー・S・H・シュルマン
編集:シム・エヴァン・ジョーンズ
VFXスーパーバイザー:ケン・ビーレンバーグ
プロダクション・デザイン:ジェームズ・ヘジェダス
美術:ジェームズ・ヘジェダス
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ、ジョン・パウエル
歌:ジョーン・ジェット


星受賞歴
第74回アカデミー賞:長編アニメ映画賞
第27回ロサンゼルス映画批評家協会賞:アニメーション賞


シュレック [DVD]
シュレック [DVD]
Shrek サウンドトラック
Shrek サウンドトラック

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。