スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 ドリームガールズ 》

ドリームガールズ(2006年)
 2007年に日本公開のアメリカ映画。1962年、デトロイトでスターを夢見る3人の少女、エフィー、ローレル、ディーナはドリームメッツという名でオーディションに出場する。彼女たちに目をつけたのは中古車販売の経営者カーティス。ショービス界へ入り込みたい彼は、全財産を使って、ドリームメッツを売ることに全力を注ぎ、彼女たちはデトロイトで大人気のジミー・アーリーのコーラスガールになる・・・。アカデミー賞では、助演女優賞(ジェニファー・ハドソン)と録音賞を受賞した。

 監督:ビル・コンドン/出演:ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン 他。


星解説
 大半はアフリカ系アメリカ人によるパフォーマンスで、ソウル/R&B・レーベルとして知られるモータウンの60年代から70年代のアメリカ音楽シーンを支えた"スプリームス"の実話を基に、華やかなショービジネス界のサクセスストーリーと、その裏にある確執や裏切り、挫折といった様々な人間ドラマを描いている。

 トム・アイン原作・作詞によるブロードウェイの大ヒットミュージカル『ドリームガールズ』をミュージカル映画「シカゴ」の脚本を担当したビル・コンドン監督が映画化。華麗にして圧倒的な迫力の映像、魅力的なナンバーの数々が胸を打つ。

ドリームガールズ(2006年)

 エディー・マーフィーが演じるジミー・アーリーとジェニファー・ハドソンが演じるエフィー・ホワイトの圧倒的な歌唱力。ジェニファー・ハドソンはオーディション番組出身で映画は初出演だが、大物スターとの共演でも堂々とした歌いっぷりと屈折した感情を表現する演技で、存在感を魅せている。

 スプリームスのメンバー、ダイアナ・ロス、メアリー・ウィルソン、フローレンス・バラードがモデル。本作のグループ名はザ・ドリームズで、メンバーはそれぞれディーナ・ジョーンズ、ローレル・ロビンソン、エフィー・ホワイトに置き換えられている。

 本作で描写されてないが、エフィのモデルであるフローレンスはグループ脱退後、アルコール中毒になり、失意のうちに32歳で亡くなった。フローレンスはダイアナよりも歌唱力に優れていたため、ビヨンセは事実を忠実に再現するために、あえて映画では声を抑えたという。

ドリームガールズ(2006年)


星あらすじ
 1962年。デトロイトのヴォーカルトリオ「ドリーメッツ」は音楽業界に打って出ようとしている野心家、カーティス・テイラー・ジュニア(ジェイミー・フォックス)にスカウトされた。彼女たちはソウル界のローカルスター、ジミー・アーリー(エディ・マーフィ)のバックコーラスとしてツアーに参加するようになる。

 だが一番の歌唱力を誇るエフィー・ホワイト(ジェニファー・ハドソン)はいつまでも脇役でいることに不満だった。マネージャーのマーティー・マディソン(ダニー・グローバー)を追い出したカーティスはドリーメッツを独立させて売り出そうとする。その名も「ザ・ドリームズ」として。

ドリームガールズ(2006年)

 ようやくリードシンガーになれると思ったエフィーだが、カーティスはディーナ・ジョーンズ(ビヨンセ・ノウルズ)をリードにする決断を下した。テレビ向けに一番の美人であるディーナをフューチャーしようというのだ。しかも今までエフィーと付き合っていたカーティスは私生活でもディーナに鞍替えしていた。

 グループの活動に支障をきたすようになったエフィーはついにクビを言い渡された。こうして新メンバーになったザ・ドリームズは瞬く間に人気を獲得していく。それから8年の歳月が流れディーナは世界的なスーパースターとなり、カーティスと結婚していた。

ドリームガールズ(2006年)

 一方でカーティスの子を産んだエフィーはマーティーの協力を得てクラブシンガーとして再出発を始めていた。やっとの思いで出したエフィーの新曲を盗んでザ・ドリームズに歌わせてしまうカーティス。怒ったエフィーやマーティーらはカーティスのレコード会社に乗り込み、怒りをぶつけた。

 そして独善的なカーティスに対する不信感を抱えてきたディーナも、ついに離婚を決意するのだった。こうしてバラバラになってしまったザ・ドリームズの解散コンサートが地元で行われる・・・。

≪キネマ旬報より≫


原題:Dreamgirls
公開:2006年(アメリカ)、2007年(日本)
製作国:アメリカ
配給:パラマウント/UIP
上映時間:130分



トレーラー


「ドリームガールズ」ザ・ドリームス


「リッスン」ディーナ・ジョーンズ


「アンド・アイ・アム・テリング・ユー・アイム・ノット・ゴーイング」エフィー・ホワイト


「ドリームガールズ(ファイナル) 」エフィ・ホワイト with ディーナ・ジョーンズ & ザ・ドリームス


星キャスト
ジェイミー・フォックス、ビヨンセ・ノウルズ、エディ・マーフィ、ジェニファー・ハドソン、アニカ・ノニ・ローズ、ダニー・グローヴァー、キース・ロビンソン、シャロン・リール、ヒントン・バトル、ジョン・リスゴー、ロバート・チッチーニ、ジョン・クラシンスキー


星スタッフ
監督:ビル・コンドン
製作総指揮:パトリシア・ウィッチャー
製作:ローレンス・マーク、デヴィッド・ゲフィン
原作:トム・アイン
脚本:ビル・コンドン
撮影:トビアス・シュリッスラー
プロダクションデザイン:ジョン・マイヤー
衣装デザイン:シャレン・デイヴィス
編集:ヴァージニア・カッツ
振付:ファティマ・ロビンソン
作詞:トム・アイン
音楽:ヘンリー・クリーガー
音楽スーパーバイザー:ランディ・スペンドラヴ、マット・サリヴァン
舞台照明デザイナー:ジュールス・フィッシャー、ペギー・アイゼンハワー


星受賞歴
第79回アカデミー賞:助演女優賞(ジェニファー・ハドソン)/録音賞(マイク・ミンクラー、ボブ・ビーマー、ウィリー・バートン)
第64回ゴールデン・グローブ賞:作品賞(コメディ/ミュージカル)/助演男優賞(エディ・マーフィ)/助演女優賞(ジェニファー・ハドソン)
第73回ニューヨーク映画批評家協会賞:助演女優賞(ジェニファー・ハドソン)
第60回英国アカデミー賞:助演女優賞(ジェニファー・ハドソン)


ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
ドリームガールズ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック
ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。