スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

愛と青春の旅だち

愛と青春の旅だち
 1982年に公開のアメリカ映画。暗い過去を振り捨てるようにパイロットを目指し海軍士官学校で厳しい訓練を受けるザックは、地元の盛り場で出会った町工場で働く娘・ポーラと出会い恋に落ちるが・・・。アカデミー賞では、助演男優賞と歌曲賞を受賞した。日本でも大ヒットした作品。

 監督:テイラー・ハックフォード/出演:リチャード・ギア、デブラ・ウィンガー、ルイス・ゴセット・ジュニア 他。


星解説
 士官学校に入学した青年が、厳しい訓練や親友の死に直面しながら人間として成長していく姿を、町工場で働く娘との恋愛を絡めて描いている。テイラー・ハックフォード監督の出世作となるとともに、リチャード・ギアの代表作。

 士官学校の厳しい訓練の描写は、迫力あるものになっており、主人公の親友が挫折の果てに自殺するシーンなどは胸に迫るものがある。

 アカデミー賞ではルイス・ゴセット・ジュニアが助演男優賞を、そしてジョー・コッカーとジェニファー・ウォーンズが歌った主題歌「 Up Where We Belong 」が歌曲賞を受賞した。

愛と青春の旅だち


星あらすじ
 ワシントン州、シアトル。その日の朝、ザック・メイオ(リチャード・ギア)は、全裸で寝ている父バイロンと娼婦を見ながら、少年時代を思い出していた。海軍の兵曹だった父の不実をなじって母は彼が13歳の時に自殺。ザックは父の駐屯地であるフィリピンにゆき、悲惨な思春期をすごしたのだ。

 目覚めた父に、彼は子供の頃からの夢だったパイロットになるため、海軍航空士官養成学校に入ると告げると、父は軍隊なんかに入って苦労するのは馬鹿げたことだという。しかし、彼の決意は固く、シアトルの近くにあるレーニエ基地内の学校に入学する。彼を含め34人の士官候補生を待っていたのは訓練教官の黒人軍曹フォーリー(ルイス・ゴセット・ジュニア)のしごきであった。

愛と青春の旅だち

 34名の中にはケーシー(ルイス・アイルバッチャー)のような女性もいた。女性を除いて皆丸坊主にされ、ザックはオクラホマ出身の純朴青年シド(デヴィッド・キース)、妻子持ちの黒人ペリーマンと同じ部屋を割り当てられた。13週に及ぶ過酷な訓練が始まった。フォーリーは皆を徹底して罵倒し、ザックはメイオではなくメイヨネーズとののしられる。

 4週がすぎ、候補生は市民との懇親パーティーに出席することが許された。フォーリーは「娘たちは士官候補生をひっかけようと狙っているから注意しろ」という。ザックとシドは、パーティーでポーラ(デブラ・ウィンガー)とリネット(リサ・ブロント)と知りあう。彼女らは製紙工場の女工だった。そして何となくザツクとポーラ、シドとリネットのカップルが出来あがった。

愛と青春の旅だち

 週末になると2組のカップルはデートした。ポーラはザックの内面の屈折した影が気になりながら、彼を愛するようになる。フォーリーは、仲間と溶けあおうとしないザックを特別しごきにしごき、任意除隊(DOR)を申請せよと迫る。ついに、極限状態に達したザックは「ここ以外に行くところがない」と叫ぶ。それを境にザックは、チームの一員として行動するようになった。

 日曜日、ポーラの家に招かれたザックは、彼女の父も士官候補生だったことを聞かされる。ポーラも士官候補生をひっかけ、あわよくば玉の輿を狙っているのかも知れぬと思うザック。ザックは翌日、ポーラがかけてきた電話に出ようとしなかった。

 一方、シドはリネットから妊娠したと聞かされると、DORを申請。結婚指輪を持ってリサの所へかけつけた。だが、彼女は士官としか結婚しないという。ショックを受けたシドは、モーテルに行き、自殺する。シドのDORを受けつけたフォーリーに、ザックは挑戦。2人は凄絶な闘いをくり広げた。やがて、卒業式の日が来た・・・。

≪キネマ旬報より≫



トレーラー


「 Up Where We Belong 」 by ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ


原題:An Officer and a Gentleman
公開:1982年
製作国:アメリカ
配給:パラマウント映画=CIC
上映時間:124分


星キャスト
リチャード・ギア、デブラ・ウィンガー、ルイス・ゴセット・ジュニア、デヴィッド・キース、ロバート・ロジア、リサ・ブロント、リサ・アイルバッハー、ヴィクター・フレンチ、グレイス・ザブリスキー、デヴィッド・カルーソ、トニー・プラナ、ハロルド・シルヴェスター


星スタッフ
監督:テイラー・ハックフォード
製作:マーティン・エルファンド
脚本:ダグラス・デイ・スチュワート
撮影:ドナルド・ソーリン
編集:ピーター・ツィンナー
美術:フィリップ・M・ジェフリーズ
音楽:ジャック・ニッチェ
主題歌:「 Up Where We Belong 」ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ
作曲:ジャック・ニッチェ、バフィ・セント=マリー
作詞:ウィル・ジェニングス


星受賞歴
第55回アカデミー賞:助演男優賞(ルイス・ゴセット・ジュニア)/歌曲賞(ジャック・ニッチェ、バフィ・セント=マリー、ウィル・ジェニングス)
第40回ゴールデン・グローブ賞:助演男優賞(ルイス・ゴセット・ジュニア)/歌曲賞(ジャック・ニッチェ、バフィ・セント=マリー、ウィル・ジェニングス)


愛と青春の旅だち 製作25周年記念 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
愛と青春の旅だち 製作25周年記念 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 青春]

コメント

イエッサー!ノオサアー!

山田邦子さんが「この映画の始まりの部分を見た時、エーッ!?この人が主役なのー?と思った。すごく嫌だった。だけど、物語が進むうちにこの主人公が好きになった。」とテレビで語っていました。
それは当たってますね。
屈折した青年が鬼軍曹、友人、恋人と出会い触れ合ううちに成長していく物語です。
二組のカップル。最初はこのカップルかと思ったら、違う相手を選びました。
純朴青年シドの方は悲劇としか言いようがありません。
ザックが激昂して鬼軍曹フォーリーと決闘!負ける・・・・。そしてどうなるかと思ったら目出度く卒業。ホッとしました。
彼らが士官になる。軍曹に敬語を使ったら「それはやめて下さい。」と言われる。
そして、ザックが「君の事は忘れない。」フォーリー小声で「いいから行け!」
良い場面でした。
有名なラスト。あるサイトの管理人さんが
「うまく行った方のカップルがうまく行かなかった方のカップルの女の子の前でラブラブぶりを見せつける。私はああいう嫌味が個人的に好きです。」
と言ってましたが、確かに当たってはいますね・・・・・・(^^;

原題は「士官であれ。そして紳士であれ。」つまり「士官は紳士でなけらばならない。」言う意味もあるそうです。

間諜X72さんへ

いつもコメントありがとうございます。

> ザックが「君の事は忘れない。」フォーリー小声で「いいから行け!」良い場面でした。
そうですね。
私は、この作品の主題歌「 Up Where We Belong 」が大好きです。

それでは、またのご訪問をお待ちしております。

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。