スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

ブルース・ブラザース

ブルース・ブラザース
 1981年に日本公開のアメリカ映画。ブルース・ブラザースが、生まれ育った孤児院の窮地を助けるために、かつて活動していたバンドを再結成することに決定。昔のバンド仲間を訪ね歩くハプニングだらけの道のりと、ハチャメチャなステージ活動をする・・・。クールなギャグセンスいっぱいの娯楽大作。

 監督:ジョン・ランディス/出演:ジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャリー・フィッシャー 他。


星解説
 刑務所あがりのブルース・ブラザースが行く先々で騒動をまき起こし、囲りの誰をも巻き込んで、てんやわんやのドタバタ大騒動をコミカルに描く。ブルース・ブラザースの歌と踊りもクールだが、ジェームス・ブラウン、キャブ・キャロウェイ、レイ・チャールズ、アレサ・フランクリンなど、豪華ゲスト陣のパフォーマンスもたっぷりと堪能でき、アクション映画並みの、迫力のカーチェイスもふんだんに盛り込まれている。

 アメリカのNBCの人気番組「サタデー・ナイト・ライブ」の、人気コーナーのキャストとバンドをベースに、ストーリーをつけて映画化。主演のジョン・ベルーシとダン・エイクロイドの、ブルースやR&B、ソウルミュージックなどの黒人音楽に対するオマージュという側面もある作品で、1998年には続編として『ブルース・ブラザース2000』も製作された。

 コメディアンであるジョン・ベルーシとダン・エイクロイドは、R&B/ブルースの音楽バンドとしても活動していて、映画とは若干のメンバー変更はあるものの、「ザ・ブルース・ブラザーズ・バンド」で何枚かのアルバムもリリースされている。黒いスーツ、ネクタイ、靴、レイバンのサングラス、ソフト帽という格好は、往年のブルースミュージシャン達へのオマージュであったが、その後さらにメン・イン・ブラックやマトリックスのエージェントの格好としてもオマージュされている。

ブルース・ブラザース


星あらすじ
 シカゴ郊外の刑務所(ジョリエット刑務所)を出所したジョリエット・ジェイク(ジョン・ベルーシ)と、彼を迎えに来た弟のエルウッド(ダン・エイクロイド)は、兄弟を育ててくれた孤児院に出所の挨拶に行くが、そこで、孤児院が5000ドルの税金を払えないため立ち退きの瀬戸際にあることを知る。孤児院の危機を救うため援助を申し出る二人だが、犯罪で得た汚れた金は要らないと逆に院長に追い払われてしまう。

 何とか孤児院を救いたい二人はかつて孤児院で世話を焼いてくれたカーティス(キャブ・キャロウェイ)に相談すると、ジェームス牧師(ジェームス・ブラウン)の移動礼拝に出席することを勧められる。気乗りのしないジェイクをエルウッドが礼拝に無理矢理連れてくると、ジェームス牧師の説話を聞いていたジェイクは突然神の啓示を受ける。「そうだ!バンドだ!」

ブルース・ブラザース

 こうしてふたりは、昔のバンド仲間を探し出し、リズム・アンド・ブルース・バンドというグループを再結成し、コンサートでまっとうな金を稼ごうと考える。早速、以前の仲間たちを集める2人。ホテルのおかかえバンドになっているマーク(マーフィー・ダン)らを説得し、メンバーは元の通りそろう。

 しかし、その途中、パトカーとトラブルを起こし、2人は追われる身になっていた。さらに、若い謎の女(キャリー・フィッシャー)が現れて火焔放射器などで命を狙ってくる。ようやく郊外のパレス・ホールでコンサートが開かれることになり、当日ホールには溢れる程の聴衆がつめかけた。しかし、聴衆に混ってパトカー群、兄弟に商売を邪魔されたカントリー・バンドの面々なども席で待機している。

 コンサートは大成功し、レコード会社の重役が契約金10000ドルを用意する。そして、厳重な警戒のホールから、床下を通ってうまく逃げ出す2人。地下水道には、しかしまたあの謎の女が立ちふさがった。彼女は結婚の当日にジェイクにすっぽかされた彼のかつての恋人だったのだ・・・。



トレーラー


シェイク・ア・テイルフェザー(レイ・チャールズ & ブルースブラザーズ・バンド)


オールド・ランドマーク(ジェームス・ブラウン & James Cleveland's Southern California Community Choir)


エヴリバディ・ニード・サムバディ(ブルースブラザーズ・バンド)


原題:The Blues Brothers
公開:1980年(アメリカ)、1981年(日本)
製作国:アメリカ
配給:ユニヴァーサル=CIC
上映時間:133分


星キャスト
ジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャリー・フィッシャー、キャブ・キャロウェイ、ジョン・キャンディ、ヘンリー・ギブソン、チャールズ・ネイピア、ジェフ・モリス、レイ・チャールズ、アレサ・フランクリン、ジェームズ・ブラウン、ツイッギー、キャスリーン・フリーマン、ポール・ルーベンス、チャカ・カーン、フランク・オズ、スティーヴン・スピルバーグ、スティーヴ・ローレンス、マーフィ・ダン、スティーヴ・クロッパー、ドナルド・ダック・ダン、ウィリー・ホール、トム・マローン、アラン・ルビン、ルー・マリーニ、マット・ギター・マーフィ、ジョン・リー・フッカー、ジョー・ウォルシュ


星スタッフ
監督:ジョン・ランディス
製作総指揮:バーリン・ブリスタイン
製作:ロバート・K・ウェイス
脚本:ダン・エイクロイド、ジョン・ランディス
撮影:スティーブン・M・カッツ
編集:ジョージ・フォルシー・Jr
プロダクションデザイン: ジョン・J・ロイド
美術:ヘンリー・ラレック
音楽:アイラ・ニューボーン
衣装デザイン:デボラ・ナドゥールマン


ブルース・ブラザース 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
ブルース・ブラザース 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】 [DVD]
ザ・コンプリート・ブルース・ブラザーズ [Soundtrack]
ザ・コンプリート・ブルース・ブラザーズ [Soundtrack]

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。