スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 カッコーの巣の上で 》

カッコーの巣の上で
 1976年に日本公開のアメリカ映画。オレゴン州の精神病院に、精神異常を装って刑務所での強制労働を逃れた型破りな人間ランドルが送られてきた。仮病を使って刑務所を抜けだしたのだ。ランドルはなにかにつけて規律を乱し、ラチェッド婦長ら病院側と対立する。そしてついにランドルは患者を扇動した・・・。アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、主演女優賞、脚色賞の主要5部門を独占した名作。

 監督:ミロス・フォアマン/出演:ジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャー、マイケル・ベリーマン 他。


星解説
 患者の人間性までを統制しようとする病院から自由を勝ち取ろうとする姿を描く。アメリカン・ニューシネマの代表作の一つで、アメリカでは興行収入1億ドルを超える大ヒットになった。映画化に至るまでに監督は非常に苦難の道のりを辿ったと言われている。

 3度のアカデミー賞に輝いたジャック・ニコルソンの初の受賞作品で、ランドル役の演技は、「他のハリウッドスターがアマチュアに見える」と賞賛されたほどの名演。ことごとくランドルと敵対するラチェッド婦長にはルイーズ・フレッチャーが、ランドルの親友チーフにはウィル・サンプソンが、ほかダニー・デビート、クリストファー・ロイドなど、わき役の熱演も見所。

 主要5部門の獲得は1934年に受賞した「或る夜の出来事」以来、実に41年ぶりの快挙であった。原作は1962年に発表されたケン・キージーのベストセラー小説で、邦題は当初「郭公の巣」であったが、後に映画のタイトルに合わせて改題された。原題は最後にチーフという名の患者が一人 (One) で自由を求めて、精神病を患う人の集まる精神病院 (the cuckoo's nest) から飛び出して脱出する (flew over) ことを象徴しており、由来はマザー・グースの詩である。

カッコーの巣の上で


星あらすじ
 刑務所から逃れるために精神病院に気狂いを装って、入院してきたランドル・パトリック・マクマーフィー(ジャック・ニコルソン)。そんなマクマーフィーを担当医のスパイビー(ディーン・R・ブルックス)は深い興味をもってながめていた。病院は絶対権をもって君臨する婦長ラチェッド(ルイーズ・フレッチャー)の専制のもとに運営されていた。

 インテリ患者ハーディング(ウィリアム・レッドフィールド)を始め、他の患者たちがまるで生気のない無気力人間になっている事実にマクマーフィは驚いた。マクマーフィは、向精神薬を飲んだふりをしてごまかし、婦長の定めた病棟のルールに片っ端から反抗していき、グループセラピーをやめてテレビでワールドシリーズを観たいと主張し、他の患者たちに多数決を取ったりする。しかし、賛成投票したのはチェズウィック(シドニー・ラシック)とテーバー(クリストファー・ロイド)の僅か2人だった。

カッコーの巣の上で

 患者たちの協力が必要と感じたマクマーフィは説得を開始し、再投票が行われ『急性患者』9人全員の賛同を得た。しかしラチェッドらはこの病棟には他に9人の『慢性患者』がいるとの理由で却下した。完全痴呆の慢性患者、その1人1人を口説いてまわり、やっとチーフと呼ばれるインディアン患者(ウィル・サンプソン)の説得に成功するが要求は時間切れで冷たく拒絶された。

 ある日、マクマーフィは患者たちをレクリエーションに連れていく予定のバスを奪い、患者たちを小さな港に連れていく。彼の女友達キャンディも一緒だ。船をたくみに借り出したマクマーフィらは一路外洋へと乗り出した。フレディリクソン(ヴィンセント・スキャヴェリ)、マルティニ(ダニー・デヴィート)、セフェルト、ビリー(ブラッド・ドゥーリフ)誰もの顔が小さな鳥籠から大空に放たれた小鳥のように生き生きとしていた。

カッコーの巣の上で

 それ以後も、マクマーフィは次々とラチェッドの専制的体制に反抗を続けた。次のグループセラピーのとき、タバコの配給のことから看護人と争った彼は、罰としてチェズウィックやチーフ(ウィル・サンプソン)と共に電気ショック療法に送られる。さすがに不安になったマクマーフィを勇気づけたのは今まで誰とも口をきいたことがなく聾唖だと思われていたチーフダった。
 
 チーフがマクマーフィに対して初めて心の窓を開け始めた。2人は秘かに脱出計画を練った。決行日が近づいた。ある晩、マクマーフィは看護人を買収し、キャンディらを引き込み、お別れの乱痴気パーティを開いた。キャンディに恋したビリーの告白をきいたマクマーフィは、一夜の思い出にと2人を別室に送り込んだ。

カッコーの巣の上で

 病院に朝日がさし込むと、看護人が現われ眼をまわした。室内は乱れに乱れ、患者たちが眠りこけているのだ。ラチェッドに、全裸でキャンディと寝ているところを目撃され攻められたビリーが自殺する。平静さを装って勤務につく看護婦ラチェッドの冷酷さにマクマーフィの怒りが爆発した。

 あやうく彼女を締め殺しそうになったマクマーフィは病室から連れ去られた。数日後、1人ひそかにその帰りを待つチーフのもとへ、今や額にロボトミーの跡をつけ、植物人間と化したマクマーフィが戻ってきた・・・。


原題:One Flew Over the Cuckoo's Nest
公開:1975年(アメリカ)、1976年(日本)
製作国:アメリカ
配給:ユナイテッド・アーティスツ
上映時間:129分



トレーラー


電気けいれん療法シーン


サウンドトラック


星キャスト
ジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャー、マイケル・ベリーマン、ブラッド・ドゥーリフ、ウィル・サンプソン、クリストファー・ロイド、ダニー・デヴィート、ポール・ベネディクト、スキャットマン・クローザース、ネイサン・ジョージ、ウィリアム・レッドフィールド、ヴィンセント・スキャヴェリ、シドニー・ラシック、ピーター・ブロッコ、ディーン・R・ブルックス、アロンゾ・ブラウン


星スタッフ
監督:ミロス・フォアマン
製作:ソウル・ゼインツ、マイケル・ダグラス
原作:ケン・キージー
脚本:ローレンス・ホーベン、ボー・ゴールドマン
音楽:ジャック・ニッチェ
撮影:ハスケル・ウェクスラー、ビル・バトラー
編集:リチャード・チュウ


星受賞歴
第48回アカデミー賞:作品賞/監督賞(ミロシュ・フォアマン)/主演男優賞(ジャック・ニコルソン)/主演女優賞(ルイーズ・フレッチャー)/脚色賞(ローレンス・ホーベン)
第33回ゴールデン・グローブ:作品賞(ドラマ)/監督賞/男優賞(ドラマ)/女優賞(ドラマ)/脚本賞/新人男優賞(ブラッド・ドゥーリフ)
第1回ロサンゼルス映画批評家協会賞:作品賞
第41回ニューヨーク映画批評家協会賞:男優賞


カッコーの巣の上で [DVD]
カッコーの巣の上で [DVD]
カッコーの巣の上で [Blu-ray]
カッコーの巣の上で [Blu-ray]

One Flew Over The Cuckoo's Nest オリジナル・サウンドトラック
One Flew Over The Cuckoo's Nest オリジナル・サウンドトラック

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。