スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 スタンド・バイ・ミー 》

スタンド・バイ・ミー
 1987年に日本公開のアメリカ映画。 1959年、オレゴン州の小さな町キャッスルロックに住む、それぞれ心に傷を持った12歳のわんぱく仲間4人が、30キロ先の森の中で死体が放置されているとの噂を聞き、好奇心から線路づたいに“死体探し”の旅に出る。しかし、この2日間のひと夏の冒険は、それぞれ生涯忘れられない思い出となるのだった・・・。

 監督:ロブ・ライナー/出演:ウィル・ウィートン、リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン 他。


星解説
 スティーヴン・キングの小説を原作に、幼い日のみずみずしい思い出を描く。原作はスティーヴン・キングの中篇集『恐怖の四季』の中に収められた秋の物語「THE BODY」(直訳で「死体」)である。

 有名なベン・E・キングの主題歌は、60年代末のヒット曲で、この映画のおかげで再度大ヒットとなり、劇中でも、オリジナルが使われている。本作は兄弟間の葛藤において生じるカインコンプレックスについても描かれている。

 スティーヴン・キングの他の多くの作品と同様、原作はメイン州が舞台となっているが、映画ではオレゴン州に変更され、撮影もオレゴン州ブラウンズヴィルで行われた。劇中で彼らが口ずさんでいる歌は、国内でも放送された西部劇西部のパラディン(西部の男パラディン)のテーマ曲。

スタンド・バイ・ミー


星あらすじ
 作家ゴーディ・ラチャンス(リチャード・ドレイファス)が、遠い過去の日を思い起こすきっかけになったのは、ある新聞記事に目を止めたことだった。“弁護士クリス・チャンバース刺殺される”――。オレゴン州キャッスルロックは人口1200あまりの小さな町。12歳のゴーディ(ウィル・ウィートン)は、文章を書くことに才能の片りんをのぞかせる感受性豊かな少年だった。

 ゴーディには春に小学校を卒業以来、いつも一緒の3人の仲間がいた。リーダー格のクリス(リヴァー・フェニックス)、大きなメガネをかけたテディ(コリー・フェルドマン)、ちょっとスローなバーン(ジェリー・オコネル)。性格も個性も違う4人だが、木の上に組み立てた小屋の中に集まってはタバコを喫ったり、ワイ談をしたり、少年期特有の仲間意識で結ばれていた。

スタンド・バイ・ミー

 しかし、そんな彼らもそれぞれ家庭の問題をかかえている。ゴーディは、出来のよかった兄(ジョン・キューザック)の事故死以来、両親がショックで立ち直らず、ゴーディを邪剣にしており、クリスは、アル中の父、グレた兄という家庭環境の中で将来に不安を感じ、またテディは、ノルマンジー作戦の英雄だったが今は精神を病んでしまっている父へ屈折した想いを抱いている。

 ある日、バーンが耳よりの情報を持ってきた。ここ数日、行方不明になって話題となっている少年が、30キロ先の森の奥で列車にはねられ、その死体が野ざらしになっているというのだ。バーンはそれを、彼やクリスの兄たちがメンバーとなっている、エース(キーファー・サザーランド)をボスとする不良グループの会話から盗み聞きしたのだ。

スタンド・バイ・ミー

 死体を発見したら町の英雄になれる!キャッスルロックという小さな世界しか知らなかった少年たちにとって、それは初めて体験する大冒険だった。テディが走ってくる列車の前に立ちはだかろうとしたり、鉄橋を渡ってる時に列車に追いかけられたり、沼でヒル攻めにあったり、この旅は少年たちにとって度胸だめしの性格を帯びていた。

 野宿の夜、交代でクリスが持ってきた拳銃を手に見張りをする。クリスはゴーディと2人きりになった時、自分の将来に希望はないが、ゴーディのものを書く才能を何とか守ってみせると優しく語りかける。翌日、4人はついに死体を見つけた。だが、そこヘエースたち不良グループが死体を横取りしようと現われた。

 テディとバーンは逃げ出すが、クリスは毅然とした態度で立ち向かった。怒ったエースはナイフでクリスを刺そうとした瞬間、ゴーディが拳銃をエースに突きつけた・・・。



トレーラー


歌:ベン・E・キング


世界を『スタンド・バイ・ミー』で回る


byアニメーション


原題:Stand by Me
公開:1986年(アメリカ)、1987年(日本)
製作国:アメリカ
配給:コロムビア映画
上映時間:89分


星キャスト
ウィル・ウィートン、リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネル、キーファー・サザーランド、ジョン・キューザック、リチャード・ドレイファス、フランシス・リー・マッケイン、ケイシー・シーマツコ、マーシャル・ベル


星スタッフ
監督:ロブ・ライナー
製作:アンドリュー・シェインマン
原作:スティーヴン・キング
脚本:ブルース・A・エヴァンス、レイノルド・ギデオン
撮影:トーマス・デル・ルース
美術:デニス・ワシントン
音楽:ジャック・ニッチェ
編集:ロバート・レイトン


スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション [DVD]
スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション [DVD]
スタンド・バイ・ミー サウンドトラック
スタンド・バイ・ミー サウンドトラック

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 青春]

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。