スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 ターミネーター(1984) 》

ターミネーター(1984)
 1985年に日本公開のアメリカ映画。2029年の未来では、人間とサイボーグが対立する社会となっていた。そして不死身のサイボーグ、ターミネーターが人間側のリーダー、ジョン・コナーを産むことになる母親サラを抹殺するために、1984年のロサンゼルスにやってきた・・・。SFバイオレンス映画の傑作。

 監督:ジェームズ・キャメロン/出演:アーノルド・シュワルツェネッガー、マイケル・ビーン、リンダ・ハミルトン 他。


head_star.gif解説
  本作は大ヒットとなったジェームス・キャメロン監督は、この後大作映画の巨匠への道を歩み始め、主役のアーノルド・シュワルツネッガーにとっても、アクション映画の大スターへの突破口となった作品でシリーズ化された。ストーリー展開のおもしろさとアクションのテンポのよさで、ラストまでグイグイと引っ張り息をもつかせなず、無機質で冷酷なターミネーターを演じるシュワルツネッガーも迫力が圧倒的で、製作費は約14億円。

 公開以前は製作・配給会社から全く評価されておらず、爆発で肉体を焼失したターミネーターが骨格のみで追跡を再開する以降の部分は、製作されずに終わる所であった。当時の映像技術から考えるとストップモーション・アニメーションを採用する事になるが、フレームレートを上げれば上げるほど作業時間は増え、制作費は跳ね上がる。そこでキャメロン監督が「トラックに衝突してターミネーターが足を怪我したことにすれば、フレームレートを下げても動きが不自然に見えず、むしろ怪我によるものに見えるため、かえってリアルになる」というアイデアを思いついた事で、クライマックスのシークエンスはかろうじて完成に至った。

ターミネーター(1984)


head_star.gifあらすじ
 近未来、人類VS機械の果てしない闘いをしていた。人類の抵抗軍指導者であるジョン・コナーを歴史から抹殺するため、彼の母親となるサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)を殺害するため、未来から現代へ殺人アンドロイド『ターミネーター(T-800)』(アーノルド・シュワルツェネッガー)を送りこんだ。

 人類側からも男性兵士カイル・リース(マイケル・ビーン)がサラの護衛という使命を帯びて未来から送り込まれる。人類の命運を分ける戦いが、1984年のロサンゼルスで始まる。サラの居場所を突き止めたターミネーター (T-800) を、同様にサラを探していたカイルが間一髪で阻止をし、彼女を救出して2人で逃走する。

ターミネーター(1984)

 カイルはまだ見ぬ彼女の息子による指示で、彼女を守る為に未来から現代へやって来た事を伝える。ターミネーターの追跡から逃げ続ける2人は、時が経つうちにお互いに恋心を抱くようになり、愛を交わす。

 そして、2人はターミネーターの襲撃を受けてカイルは負傷するが、ターミネーターの運転する大型タンクローリーを爆破、炎上させる事に成功。しかし、炎上するタンクローリーの残骸から、チタン合金の骨格となったターミネーターが現れ、再び2人に襲いかかる。2人は近くにあった工場に逃げ込み、カイルは再びターミネーターを爆破する事に成功するが・・・。



トレーラー


テーマ曲


head_star.gifひと口コメント
製作費や当時の技術を考えると、ジェームズ・キャメロンやスタッフに脱帽せざるをえません。


原題:The Terminator
公開:1984年(アメリカ)、1985年(日本)
製作国:アメリカ
配給:オライオン・ピクチャーズ、ワーナー・ブラザーズ
上映時間:108分


head_star.gifキャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー、マイケル・ビーン、リンダ・ハミルトン、アール・ボーエン、ポール・ウィンフィールド、ランス・ヘンリクセン、ベス・マータ、リック・ロッソヴィッチ、ディック・ミラー、ビル・パクストン、フランコ・コロンボ


head_star.gifスタッフ
監督:ジェームズ・キャメロン
製作総指揮:ジョン・デイリー、デレク・ギブソン
製作:ゲイル・アン・ハード
脚本:ジェームズ・キャメロン、ゲイル・アン・ハード
撮影:アダム・グリーンバーグ
音楽:ブラッド・フィーデル
SFX:スタン・ウィンストン
美術:スタン・ウィンストン
編集:ジョージ・コステロ、マーク・ゴールドブラット


第13回アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭:グランプリ


ターミネーター [DVD]
ターミネーター [DVD]

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

コメント

コメントの投稿

Secret

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。