2010年07月

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 太陽がいっぱい 》

太陽がいっぱい
 1960年に公開のフランス、イタリア合作映画。貧乏なアメリカ青年トム(アラン・ドロン)は、金持ちの息子フィリップ(モーリス・ロネ)を連れ戻すため、ナポリにやってきた。フィリップにねたみを覚えたトムは、殺して裕福な生活を手に入れようとする。そして計画どおり殺害し、金と恋人を奪う事に成功したかに見えたが……。主演のアラン・ドロンが、映画スターの地位を不動にしたサスペンス映画の傑作。

 監督:ルネ・クレマン/出演:アラン・ドロン、マリー・ラフォレ、モーリス・ロネ 他。

続きを読む……
スポンサーサイト

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

映画 《 山猫 (1963) 》

山猫 (1963)
 1964年に日本公開のイタリア・フランス合作映画。1860年の春、イタリアで統一戦争が起きていたシチリア島で山猫の紋章を持つ、300年の栄華を誇るサリーナ家のドン・ファブリッツオ公爵は貴族支配の時代がまもなく終わろうとしていることを自覚しつつも気丈に振舞い続ける。公爵の娘コンセッタは、甥のタンクレディに心を奪われたが、タンクレディは新興ブルジョワの村長の娘アンジェリカと恋に落ちる……。カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールを受賞した名作。

 監督:ルキノ・ヴィスコンティ/出演:バート・ランカスター、アラン・ドロン、クラウディア・カルディナーレ、ジュリアーノ・ジェンマ 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [合作映画 ドラマ]

イノセント

イノセント
 1979年に公開のイタリア映画。19世紀末のローマ、裕福だが退屈な日々を過ごすトゥリオ伯爵(ジャンカルロ・ジャンニーニ)は、妻ジュリアーナ(ラウラ・アントネッリ)の肉体に飽き、公爵未亡人テレサ(ジェニファー・オニール)に夢中である。そんな中、ジュリアーナは作家フィリッポ(マルク・ポレル)と結ばれ、彼の子どもを産んでしまう……。ルキノ・ヴィスコンティ監督の遺作となった貴族の愛憎劇。

 監督:ルキノ・ヴィスコンティ/出演:ジャンカルロ・ジャンニーニ、ラウラ・アントネッリ、ジェニファー・オニール 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [外国映画 ドラマ]

おもいでの夏

おもいでの夏
 1971年に公開のアメリカ映画。1942年の夏。ニュー・イングランド沖合いの小さな美しい島に、戦火を逃れて家族とやって来た15歳の少年ハーミー。オシーとベンジーという同い年の友人ができた年頃のハーミーは、この島で小高い丘の家で暮らす美しい人妻ドロシーに強い憧れを抱き、虜となる……。アカデミー賞では作曲賞を受賞した青春映画の傑作。

 監督:ロバート・マリガン/出演:ジェニファー・オニール、ゲイリー・グライムズ、ジェリー・ハウザー 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 青春]

アラバマ物語

アラバマ物語
 1963年に日本公開のアメリカ映画。1930年代、黒人差別がはびこるアメリカ南部で、白人少女を暴行した罪で起訴された黒人を弁護することになった、幼い息子と娘を抱えるフィンチ弁護士は、町の人々から白い眼で見られながらも正義を通そうとする。その一方フィンチのふたりの子どもによって、近所の幽霊屋敷に住むブーという謎の男にまつわるエピソードが並行してつづられていく……。アカデミー賞では主演男優賞(グレゴリー・ペック)、脚色賞、美術賞(白黒)の3部門を受賞した名作。

 監督:ロバート・マリガン/出演:グレゴリー・ペック、メアリー・バダム、フィリップ・アルフォード、ロバート・デュヴァル 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 法廷]
カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。