モーガン・フリーマン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 インビクタス/負けざる者たち 》

映画 《 インビクタス/負けざる者たち 》
 クリント・イーストウッド監督による実話の伝記ドラマ。黒人初の南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラは、人種差別や経済格差が残っているのを痛感。彼は誰もが親しめるスポーツを通して人々を団結させられると信じ、ラグビーチームの立て直しを図る。マンデラの不屈の精神はチームを鼓舞・団結させ、チームは奇跡の快進撃。暴力と混沌の時代に初めて黒人と白人が一体となった瞬間だった……。

 監督:クリント・イーストウッド/出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ 他。

続きを読む……
スポンサーサイト

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 伝記]

映画 《 バットマン ビギンズ 》

映画 《 バットマン ビギンズ 》
 クリストファー・ノーラン監督による傑作アクション映画。目の前で両親を射殺された御曹司ブルース・ウェインは、悪を倒し恐怖心に打ち勝つ術を見つけるため、世界中を放浪する。その後、ゴッサム・シティーに戻った彼は、忠実な執事アルフレッド、ゴッサム市警の刑事ジム・ゴードン、バットマンの武器開発をサポートするルーシャス・フォックスの協力を得て、“もう一人の自分”を解き放つ。それは、漆黒のスーツに身を包んだ“闇の騎士”バットマン……。

 監督:クリストファー・ノーラン/出演:クリスチャン・ベイル、リーアム・ニーソン、マイケル・ケイン 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

映画 《 ダークナイト 》

映画 《 ダークナイト 》
 アカデミー賞ではヒース・レジャーが助演男優賞、音響編集賞を、その他の映画賞で多数の助演男優賞を受賞した。クリストファー・ノーラン監督による傑作アクション映画。ゴッサム・シティーに、究極の悪が舞い降りた。ジョーカーと名乗り、犯罪こそが最高のジョークだと不敵に笑うその男は、今日も銀行強盗の一味に紛れ込み、彼らを皆殺しにして、大金を奪った。この街を守るのは、バットマン。彼はジム・ゴードン警部補と協力して、マフィアのマネー・ロンダリング銀行の摘発に成功する……。

 監督:クリストファー・ノーラン/出演:クリスチャン・ベイル、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

ショーシャンクの空に

ショーシャンクの空に
 1995年に日本公開のアメリカ映画。妻とその愛人殺害の容疑で逮捕された、銀行マンのアンディ(ティム・ロビンス)は、無実の訴えも空しく、終身刑の判決を受けるが、決して希望を捨てず、自由を得られる明日を信じ続ける。一方、古株の囚人レッド(モーガン・フリーマン)はそんなアンディに、「刑務所で希望をもつのは禁物」だと忠告する……。アカデミー賞では作品賞、主演女優賞、脚色賞、メイクアップ賞の4部門を受賞した。

 監督:フランク・ダラボン/出演:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン、ウィリアム・サドラー 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

ドライビング Miss デイジー

ドライビング Miss デイジー
 1990年に日本公開のアメリカ映画。人種への偏見が根強いアメリカ南部の町。長年勤めた教職を退いた老未亡人の白人デイジー・ワサンは、運転中に大事故を起こしかけた。母・デイジーの身を案じた息子のブーリーは、彼女専用の黒人ホーク・コバーンを雇うことにする……。アカデミー賞では作品賞、主演女優賞、脚色賞、メイクアップ賞の4部門を受賞した。

 監督:ブルース・ベレスフォード/出演:ジェシカ・タンディ、モーガン・フリーマン、ダン・エイクロイド 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。