チャールズ・ブロンソン

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

ウエスタン

ウエスタン
 1969年に日本公開のイタリア、アメリカ合作映画。アメリカ西部の砂漠。ハーモニカを持つ謎の男(チャールズ・ブロンソン)が荒野の駅に降り立ち、3人のならず者を射殺した。その頃、再婚相手を待つ農場主一家が、殺し屋フランク(ヘンリー・フォンダ)一味に虐殺され、その罪は無法者シャイアン(ジェイスン・ロバーツ)になすりつけられる……。セルジオ・レオーネ監督の代表作にして西部劇の傑作。

 監督:セルジオ・レオーネ/出演:ヘンリー・フォンダ、クラウディア・カルディナーレ、ジェイソン・ロバーズ、チャールズ・ブロンソン、ガブリエル・フェルゼッティ 他。

続きを読む……
スポンサーサイト

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [合作映画 西部劇]

さらば友よ

さらば友よ
 1968年に公開のフランス映画。アルジェリアから帰還した軍医ディノ・バラン(アラン・ドロン)は、広告会社に勤める女イサベル(オルガ・ジョルジュ=ピコ)から奇妙な依頼を受ける。彼女が黙って持ち出した債券を会社の金庫に戻して欲しいというのだ。バランと同じく戦争帰りのフランツ・プロップ(チャールズ・ブロンソン)は、バランの仕事に興味を持ち、二人は金庫に潜入する事となった。こうなれば債券を持ち出す代わりに金庫の金を奪い取ろうという魂胆だ……。アラン・ドロンとチャールズ・ブロンソンが共演したサスペンスの傑作。

 監督:ジャン・エルマン/出演:アラン・ドロン、チャールズ・ブロンソン、ブリジット・フォッセー 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

映画 《 荒野の七人 》

荒野の七人
 1961年に日本公開のアメリカ映画。毎年、野盗に襲われるメキシコの寒村イストラカン。そこで村の長老は助っ人を雇うことを決意する。わずかな報酬にすぎなかったが、農民達の熱意に打たれて7人のガンマンが集まってきた。着々と進む戦いへの準備!思わぬ農民たちの抵抗により、いったんは逃げ帰った一味だったが・・・。日本映画『七人の侍』のリメイク映画。

 監督:ジョン・スタージェス/出演:ユル・ブリンナー、スティーヴ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

映画 《 大脱走 》

大脱走
 1963年に公開のアメリカ映画。第2次大戦下のドイツ。捕虜の脱走に頭を悩ますドイツ軍は、脱走不可能な収容所を作った。連合軍の兵士たちは、収容されるやいなや脱走を敢行、しかし失敗する。だが将兵たちは知恵を絞り、計250人の集団脱走を計画する。そして実行当日を迎えた・・・。第二次大戦中の捕虜収容所を舞台にした娯楽大作の傑作。

 監督:ジョン・スタージェス/出演:スティーヴ・マックィーン、ジェームズ・ガーナー、リチャード・アッテンボロー 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 戦争]
カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。