スティーヴン・スピルバーグ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

E.T.

E.T.
 1982年に公開のアメリカ映画。 異星人たちが地球植物の調査に訪れたものの、人間たちの追跡によって中断される。しかし、異星人ひとり置き去りにされてしまった。10歳の少年エリオット(ヘンリー・トーマス)は、その異星人と遭遇する。彼をかくまう事にしたエリオットは、兄と妹といっしょに「ET」と名付けられた異星人との交流が始まる。そして、子供達と「ET」の友情が芽生えていくが……。第55回アカデミー賞では音響効果賞、視覚効果賞、音響賞、作曲賞の4部門を受賞した。

 監督:スティーヴン・スピルバーグ/出演:ディー・ウォーレス、ヘンリー・トーマス、ドリュー・バリモア、C・トーマス・ハウエル 他。

続きを読む……
スポンサーサイト

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 SF]

映画 《 プライベート・ライアン 》

プライベート・ライアン
 1998年に公開のアメリカ映画。 第二次大戦末期の1944年6月。、連合軍によるフランス・ノルマンディ上陸作戦は成功に終わったが、多くの死傷者を出していた。生き延びたジョン・ミラー大尉(トム・ハンクス)は、上層部からジェームズ・ライアン二等兵(マット・デイモン)の戦場から救出を命じられた。ミラー大尉は中隊から7人の兵士を選び出し、ライアン二等兵の行方を求めて敵地に向かう……。アカデミー賞では監督賞、撮影賞、音響賞、音響効果編集賞、編集賞の5部門を受賞した。

 監督:スティーヴン・スピルバーグ/出演:トム・ハンクス、トム・サイズモア、エドワード・バーンズ、ヴィン・ディーゼル、ジョヴァンニ・リビシ 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 戦争]

レイダース/失われたアーク《聖櫃》

レイダース/失われたアーク《聖櫃》
 1981年に公開のアメリカ映画。世界征服を目指すヒトラーは、神秘的な力を持つ聖櫃を手に入れようと画策。それを阻止すべく、アメリカ政府は考古学者インディに特務を与える・・・。アカデミー賞では、視覚効果、編集、美術、録音賞の4部門を受賞した。

 監督:スティーヴン・スピルバーグ/出演:ハリソン・フォード、カレン・アレン、ウォルフ・カーラー 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

映画 《 シンドラーのリスト 》

シンドラーのリスト
 1994年に日本公開のアメリカ映画作品。第二次世界大戦時のドイツによるユダヤ人の虐殺(ホロコースト)の中、企業家でナチス党員でもあるオスカー・シンドラーが1,100人以上ものユダヤ人の命を救った実話を描く。ホロコーストを題材にして描いた作品の代表格で、監督のスティーヴン・スピルバーグ自身もユダヤ系アメリカ人。アカデミー賞では12部門にノミネート、そのうち作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、美術賞、作曲賞の7部門で受賞。

 監督:スティーヴン・スピルバーグ/出演:リーアム・ニーソン、ベン・キングズレー、レイフ・ファインズ 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 伝記]

映画 《 ジョーズ 》

ジョーズ
 1975年公開のアメリカ映画作品。平和なビーチを襲う巨大人食いサメ(ホオジロザメ)の恐怖。観光地としての利益を求める市当局によって対応が遅れ犠牲者の数は増すばかりとなるが、遂に警察署長ブロディと漁師クイント、海洋学者フーパーの三人の男が鮫退治に乗り出す・・・。第48回アカデミー賞で作曲賞、録音賞、編集賞を受賞。

 監督:スティーヴン・スピルバーグ/出演:ロイ・シャイダー、ロバート・ショウ、リチャード・ドレイファス 他

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。