スティーブ・マックイーン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 砲艦サンパブロ 》

映画 《 砲艦サンパブロ 》
  ロバート・ワイズ監督の傑作アメリカ映画。中国人による排外運動が激化する1926年上海。米国サンパブロ号に赴任した一等機関士ジェイクは、中国人と良心的に接するが、それは中国人からも米国水兵からも反感を買うだけだった。外人の中国人蔑視と中国人の外人憎悪は激しく、彼を信頼する中国人助手は裏切り者扱いされ、中国人女性と愛し合う親友の水兵は無残な死を遂げる。そして、宣教師一行の救出を名目に、遂に砲艦は中国軍との戦闘に突入してしまう……。

 監督:ロバート・ワイズ/出演:スティーヴ・マックィーン、リチャード・クレンナ、キャンディス・バーゲン、リチャード・アッテンボロー 他。

続きを読む……
スポンサーサイト

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

映画 《 華麗なる賭け 》

華麗なる賭け
 1968年に公開のアメリカ映画。危険な冒険に魅せられているセレブ紳士のトーマス・クラウンは、かねてより計画していた銀行強盗を初顔合わせの男たちに命じ、見事に成功。その後、銀行が加入していた保険会社の調査員ビッキーは、マローン警部と協力して調査を行ううち、トーマスを犯人と睨むようになるものの、同時に彼に心惹かれてしまう・・・。アカデミー賞では歌曲賞を受賞。

 監督:ノーマン・ジュイソン/出演:スティーブ・マックイーン、フェイ・ダナウェイ、ポール・バーク 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

映画 《 ゲッタウェイ(1972) 》

ゲッタウェイ(1972)
 1973年に日本公開のアメリカ映画。服役中の銀行強盗のドク・マッコイ(スティーブ・マックイーン)は、妻(アリ・マッグロー)に政治家と裏取引させ、予定より早く出所する。取引の条件は銀行を襲撃すること。出所後、体よく銀行強盗を成功させたマッコイたちだったが、予想だにしなかった裏切りの連鎖がマッコイを襲う・・・。本作品はサム・ペキンパー監督最大のヒット作品。

 監督:サム・ペキンパー/出演:スティーブ・マックイーン、アリ・マッグロー、ベン・ジョンソン 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

映画 《 パピヨン 》

パピヨン
 1974年に日本公開のフランス映画。1931年、胸に蝶(パピヨン)の刺青をした男(スティーヴ・マックィーン)が殺人罪で終身刑を言いわたされ、南米の仏領ギアナの刑務所に収容される。しかし彼は幾度も脱獄を繰り返しては失敗し、ついには親友ドガ(ダスティン・ホフマン)とともに脱獄不可能の孤島に送り込まれる・・・。

 監督:フランクリン・J・シャフナー/出演:スティーブ・マックイーン、ダスティン・ホフマン、ヴィクター・ジョリー 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

映画 《 荒野の七人 》

荒野の七人
 1961年に日本公開のアメリカ映画。毎年、野盗に襲われるメキシコの寒村イストラカン。そこで村の長老は助っ人を雇うことを決意する。わずかな報酬にすぎなかったが、農民達の熱意に打たれて7人のガンマンが集まってきた。着々と進む戦いへの準備!思わぬ農民たちの抵抗により、いったんは逃げ帰った一味だったが・・・。日本映画『七人の侍』のリメイク映画。

 監督:ジョン・スタージェス/出演:ユル・ブリンナー、スティーヴ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。