ジャンヌ・モロー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 死刑台のエレベーター 》

死刑台のエレベーター
 1958年に公開のフランス映画。ルイ・マル監督の25歳にしてデビュー作のサスペンスの名作。土地開発会社所属の医師ジュリアン(モーリス・ロネ)は、社長夫人フロランス(ジャンヌ・モロー)との情事の果て、ついに邪魔者の社長を殺害すべく綿密な計画を立てて完全犯罪の計画を企て実行に移す。しかし、証拠を残したことに気づき慌てて引き返した彼は、途中で乗ったエレベーターが止まってしまい、中に閉じ込められてしまう……。

 監督:ルイ・マル/出演:モーリス・ロネ、ジャンヌ・モロー、ジョルジュ・プージュリイ 他。

続きを読む……
スポンサーサイト

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

映画 《 突然炎のごとく(1962) 》

突然炎のごとく(1962)
 1964年に公開のフランス映画。モンパルナスで出会ったジム(アンリ・セール)とジュール(オスカー・ウェルナー)。文学青年同士の二人はやがて無二の親友となり、美しい娘カトリーヌ(ジャンヌ・モロー)と知りあった時も共に彼女に惹かれてしまう。だが熱烈にアタックしたのはジュールであった。彼はカトリーヌと結婚し、祖国に連れ帰る。だが、第一次大戦後、久方ぶりにライン河畔の夫妻の家を訪ねたジムだったが……。フランソワ・トリュフォー監督が描く恋愛映画の名作。

 監督:フランソワ・トリュフォー/出演:ジャンヌ・モロー、オスカー・ウェルナー、アンリ・セール 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [外国映画 恋愛]
カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。