クリント・イーストウッド

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 インビクタス/負けざる者たち 》

映画 《 インビクタス/負けざる者たち 》
 クリント・イーストウッド監督による実話の伝記ドラマ。黒人初の南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラは、人種差別や経済格差が残っているのを痛感。彼は誰もが親しめるスポーツを通して人々を団結させられると信じ、ラグビーチームの立て直しを図る。マンデラの不屈の精神はチームを鼓舞・団結させ、チームは奇跡の快進撃。暴力と混沌の時代に初めて黒人と白人が一体となった瞬間だった……。

 監督:クリント・イーストウッド/出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ 他。

続きを読む……
スポンサーサイト

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 伝記]

映画 《 硫黄島からの手紙 》

映画 《 硫黄島からの手紙 》
 クリント・イーストウッド監督による戦争映画の傑作。ロサンゼルス映画批評家協会賞では作品賞を始め、多数の映画賞を受賞した。2006年、硫黄島。地中から発見された数百通もの手紙。それは、61年前にこの島で戦った男たちが家族に宛てて書き残したものだった。届くことのなかった手紙に、彼らは何を託したのか……。

 監督:クリント・イーストウッド/出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 戦争]

映画 《 父親たちの星条旗 》

映画 《 父親たちの星条旗 》
 2006年公開のアメリカ映画。硫黄島での闘いを、米国側と日本側から描いたクリント・イーストウッド監督による『硫黄島2部作』の米国側の作品。太平洋戦争末期、硫黄島に上陸した米軍は日本軍の壮絶な攻めに苦戦をしいられつつも、圧倒的な戦力で山の頂上に星条旗を立てた。その写真は米国の勝利を映し出し、旗を立てた3人は、帰国すると英雄となっていた。しかし、そこには写真に映らない事実があり、それは政府の都合で封印されてしまう……。

 監督:クリント・イーストウッド/出演:ライアン・フィリップ、ジェシー・ブラッドフォード、アダム・ビーチ 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 戦争]

ミスティック・リバー

ミスティック・リバー
 1995年に日本公開のアメリカ映画。少年時代、遊び仲間だったジミー、ショーン、デイヴ。ある日、3人が路上で遊んでいたところ、デイヴが車で連れ去られ、性的虐待を受けて数日後に保護される。それから25年後、ジミーの娘が何者かに殺され、同じ夜、血まみれで帰宅するデイヴ。刑事になっていたショーンが事件を担当することになる……。アカデミー賞では主演男優賞(ショーン・ペン)、助演男優賞(ティム・ロビンス)の2部門を受賞した。

 監督:クリント・イーストウッド/出演:ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケヴィン・ベーコン、ローレンス・フィッシュバーン、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ローラ・リニー、エミー・ロッサム 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

ダーティハリー

ダーティハリー
 1972年に日本公開のアメリカ映画。サンフランシスコのとある屋上プールで泳ぐ女性が何者かに狙撃される事件が発生した。捜査にあたるのは、「ダーティハリー」の異名をもつハリー・キャラハン刑事(クリント・イーストウッド)。やがて「さそり」と名乗る犯人から「十万ドルを渡さなければ市民を殺し続ける」という脅迫状が届き、予告どおり次々に無差別殺人が繰り返される……。クリント・イーストウッド主演の刑事アクションの傑作。

 監督:ドン・シーゲル/出演:クリント・イーストウッド、ハリー・ガーディノ、アンディ・ロビンソン 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 刑事]
カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。