クラーク・ゲイブル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 或る夜の出来事 》

映画 《 或る夜の出来事 》
 フランク・キャプラ監督による傑作ロマンティック・コメディ。アカデミー賞では作品賞をはじめとする主要5部門を受賞した名作。結婚を反対されて父親のもとを逃げ出した大富豪の娘、エリー。ニューヨークへ向かう乗合バスに乗車したエリーは、失業中の新聞記者ピーターと出会う。ピーターはスクープを狙って同行することにするが、世間知らずのエリーは行く先々で騒動を巻き起こす。初めは意地を張っていた2人であったが、旅を続けるうちに互いに惹かれ合う……。

 監督:フランク・キャプラ/出演:クラーク・ゲイブル、クローデット・コルベール、ウォルター・コノリー 他。

続きを読む……
スポンサーサイト

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

映画 《 風と共に去りぬ 》

映画 《 風と共に去りぬ 》
 ヴィクター・フレミング監督による映画史上に残る傑作映画。アカデミー賞では作品賞をはじめとした、10部門を受賞した名作。1861年。アメリカ南北戦争直前のある日、ジョージア州タラで、大園遊会が開かれた。いつもパーティの女王であったスカーレット(ビビアン・リー)は、その日、心に決めていた男性アシュレー(レスリー・ハワード)と、彼のいとこのメラニーの婚約が発表されると聞き、怒り、悲しんでいた。その夜、ついに南北戦争が勃発。激動のアメリカを舞台に、スカーレットはレット・バトラーという男性に出会い、強く、激しい運命を生きていく……。

 監督:ヴィクター・フレミング/出演:ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲイブル、レスリー・ハワード 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。