ウォルター・マッソー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 サブウェイ・パニック 》

映画 《 サブウェイ・パニック 》
 ジョセフ・サージェント監督による娯楽サスペンス・アクションの傑作映画。ニューヨークの地下鉄、ぺラム駅発123号がブルー(ロバート・ショウ)ら4人の男にジャックされ、1時間以内に100万ドルを届けなければ、1分にひとりずつ乗客を殺すと宣言。地下鉄公安部のガーバー警部補(ウォルター・マッソー)は構内に警官隊を送り込みつつ、100万ドルの手配を市長に要求する……。

 監督:ジョセフ・サージェント/出演:ウォルター・マッソー、ロバート・ショウ、マーティン・バルサム 他。

続きを読む……
スポンサーサイト

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

映画 《 がんばれ!ベアーズ 》

映画 《 がんばれ!ベアーズ 》
 マイケル・リッチー監督による傑作スポーツ・コメディ。元マイナーリーグ投手で今はアル中の清掃人バターメーカー(ウォルター・マッソー)は少年野球チーム・ベアーズのコーチを依頼された。いつも負けてばかりでまったくのダメダメなチームにうんざりのモリスだったが、チーム解散の決定を聞いて逆に発奮。かつての恋人の娘アマンダ(ティタム・オニール)や不良少年ケリー(ジャッキー・アール・ヘイリー)を助っ人に、チームの立て直しを図る……。

 監督:マイケル・リッチー/出演:ウォルター・マッソー、テイタム・オニール、ヴィク・モロー 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

映画 《 シャレード(1963) 》

シャレード(1963)
 1963年に公開のアメリカ映画。スキー場に来ていたレジー・ランバート(オードリー・ヘプバーン)は、中年紳士ピーター・ジョシュア(ケイリー・グラント)と出会い、強く心をひかれた。夫と離婚すべくパリのアパートに戻ったレジーは、そこで夫が何者かに殺されてしまったことを知らされる。そして葬儀の際、彼女の前に見知らぬ3人の男が現れ、その後もつけ狙われたりと、謎は深まるばかりとなった……。サスペンスの傑作。

 監督:スタンリー・ドーネン/出演:オードリー・ヘプバーン、ケイリー・グラント、ウォルター・マッソー、ジェームズ・コバーン、ジョージ・ケネディ 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

ハロー・ドーリー!

ハロー・ドーリー!
 1969年に公開のアメリカ映画。世話好きの未亡人ドーリー・レヴィ(バーブラ・ストライサンド)は金持ちだが口やかましい男やもめの工場主ホレス(ウォルター・マッソー)と帽子屋アイリーン(マリアンヌ・マックアンドリュー)の仲を取り持とうと奔走するが、そのうちドーリー自身もホレスを好きになってしまい、ついには自分を売り込んでしまう……。アカデミー賞では、ミュージカル映画音楽賞、美術賞、録音賞の3部門を受賞したミュージカルの傑作。

 監督:ジーン・ケリー/出演:バーブラ・ストライサンド、ウォルター・マッソー、ルイ・アームストロング、マイケル・クロフォード 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

突破口!

突破口!
 1974年に日本公開のアメリカ映画。ニューメキシコの片田舎で農薬散布の仕事をして暮らす中年男チャーリー・バーリック(ウォルター・マッソー)は、若手の仲間と共に銀行強盗を実行する。しかし、そこには予想を上回る大金があり、しかも、それはマフィアの裏金だった。そして警察とマフィアから追われる羽目となり上手く逃げていくが……。ドン・シーゲル監督による犯罪アクションの傑作。

 監督:ドン・シーゲル/出演:ウォルター・マッソー、ジョン・ヴァーノン、アンディ・ロビンソン 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 犯罪]
カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。