アル・パチーノ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 ヒート 》

映画 《 ヒート 》
 マイケル・マン監督によるクライム・アクション映画。冷徹無比の犯罪組織のボスのニール(ロバート・デ・ニーロ)と、仕事に憑かれて一般的な家庭生活が送れない刑事ヴィンセント(アル・パチーノ)。追うものと追われるものと、虚々実々の駆け引きとせめぎ合い。やがて二人はそれぞれの抱える孤独のうちに、奇妙な共感を覚える。だが彼らには、避けては通れない運命の直接対決が待ち受けていた……。

 監督:マイケル・マン/出演:アル・パチーノ、ロバート・デ・ニーロ、ヴァル・キルマー 他。

続きを読む……
スポンサーサイト

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

映画 《 ディアボロス 悪魔の扉 》

映画 《 ディアボロス 悪魔の扉 》
  テイラー・ハックフォード監督によるオカルト映画。弁護士ケヴィンはニューヨークの法律事務所から破格の条件でスカウトされる。そこで彼を待っていたのは、巨悪にまみれた仕事や、虚飾に満ちた世界だった。ボスの下で意気揚々と仕事をこなすケヴィン、その陰で妻アンは孤独感を募らせ精神を病んでしまう。そして一癖も二癖もある法律事務所のボス、ミルトンの隠された素顔も徐々に明らかにされる……。

 監督:テイラー・ハックフォード/出演:キアヌ・リーヴス、アル・パチーノ、シャーリーズ・セロン 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

スカーフェイス

スカーフェイス
 1984年に公開のアメリカ映画。 1980年、避難民に紛れ多くの犯罪者がキューバから米国へと流れた。そのひとりトニー・モンタナ(アル・パチーノ)はマイアミの大物ボス=フランク(ロバート・ロジア)の信頼を得て麻薬王とデカイ取引の交渉役に抜擢される。だが実力を付け始めたトニーはボスと衝突し彼の女をも奪おうと接触を繰り返す。そしてキレたフランクは彼を消そうとするが……。バイオレンス映画の傑作。

 監督:ブライアン・デ・パルマ/出演:アル・パチーノ、スティーヴン・バウアー、ミシェル・ファイファー 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 犯罪]

スケアクロウ

スケアクロウ
 1973年に公開のアメリカ映画。 故郷のピッツバーグで洗車店の開業を目論む、刑期を終えたマックス(ジーン・ハックマン)。ヒッチハイクをしていた元船員・ライオン(アル・パチーノ)は5年前に妊娠中の妻を残してきたデトロイトに帰る途中だった。カリフォルニアのハイウェイで知り合ったふたりは、徐々に心を通い始め、奇妙な道中を共にする……。カンヌ国際映画祭では、パルム・ドールと国際カトリック映画事務局賞を受賞したアメリカンニューシネマの代表作。

 監督:ジェリー・シャッツバーグ/出演:ジーン・ハックマン、アル・パチーノ、ドロシー・トリスタン 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

ゴッドファーザー PART II

ゴッドファーザー PART II
 1975年に公開のアメリカ映画。 第一作からファミリーの長となったマイケル・コルレオーネは、根拠地をニューヨークからネバダ州に移していた。マイケルの頭の中には、海を渡った父ヴィトー・コルレオーネが、一代でファミリーを築きあげた苦難の道のりが巡ってくる。少年ヴィトーの父親は、マフィアの親分ドン・チッチオに殺され、その葬列がされていた……。アカデミー賞では、作品賞、助演男優賞、監督賞、脚色賞、作曲賞、美術賞の6部門を受賞した傑作。

 監督:フランシス・フォード・コッポラ/出演:アル・パチーノ、ロバート・デュヴァル、ダイアン・キートン、ロバート・デ・ニーロ 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [アメリカ映画 犯罪]
カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。