アヌーク・エーメ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリー: [スポンサー広告]

映画 《 男と女 》

男と女
 1966年に公開のフランス映画。スタントマンの夫を事故で亡くしてパリで独り暮らしのアンヌにとって寄宿舎にいる娘に会うことが唯一の楽しみになっていた。楽しい時を過ごし、帰りの終列車に乗り遅れ途方に暮れているアンヌに、同じ学校に息子を訪ねて来たレーシング・ドライバーのジャンが遠慮がちに声をかけ、車に乗せてくれた・・・。アカデミー賞では脚本賞・外国語映画賞、カンヌ映画祭ではグランプリを受賞し、クロード・ルルーシュの名を世界に知らしめた。


 監督:クロード・ルルーシュ/出演:アヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン、ピエール・バルー 他。

続きを読む……
スポンサーサイト

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [外国映画 恋愛]

8 1/2 - Otto e Mezzo -

8 1/2 - Otto e Mezzo -
 1965年に日本公開のイタリア映画。温泉地に逗留している43歳の映画監督グイド(マルチェロ・マストロヤンニ)。この地で新作の撮影を控えているのだが、精神的にも肉体的にも疲れ切った映画監督グイド。彼はクラウディアという女の幻想に救いを求める。巨大な宇宙船発射台の屋外セットを前に、ストレスが頂点に達したグイドは・・・。アカデミー賞では外国語映画賞、衣裳デザイン賞を受賞した。

 監督:フェデリコ・フェリーニ/出演:マルチェロ・マストロヤンニ、アヌーク・エーメ、クラウディア・カルディナーレ 他。

続きを読む……

| 映画 | 洋画 | 邦画 |

カテゴリー: [外国映画 ドラマ]
カテゴリー
キーワード検索
公開年(日本)
監督 - Director -
監督or俳優
俳優(英字、ア~サ行)
俳優(タ行~、日本俳優)
最近の記事
最近のコメント
Profile

マックロウ

Author:マックロウ [日本人]
 映画が大好きで堪らない夢想家です。映画は、喜んだり、怒ったり、哀しんだり、楽しんだり、『喜怒哀楽』で人にもたらしてくれます。その他にも色々な感情を人にもたらしてくれます。そんな映画が大好きです。

 俳優スティーブ・マックイーン(Steve McQueen)を敬愛しております。

アンケート
Links
男優ピックアップ
女優ピックアップ
スポンサードリンク
ベスト映画
※映画ベスト30作品以外で掲載記事より選出【50音順】
PR




楽天おすすめ
当サイトについて
このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる


夢映画館は、リンクフリーとなっております。ご自由にリンクをお張り下さって結構です。
リンクする際は、どこの記事からでもコメント頂けれると幸いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。